【2024年】テレアポ営業代行会社21選の徹底比較!おすすめの料金形態と選ぶコツとは?

更新日

2024.03.28

テレアポ 代行

テレアポ代行とは、外部の専門業者に電話によるアポイント獲得を依頼するサービスのことを指します。営業パーソンがアポイント獲得のための電話活動に多くの時間を費やす必要がなくなり、その時間をより重要な商談やクライアントとの深い関係構築に集中することができます。

しかし、テレアポ代行を適切に活用するためには、そのサービスの特性を理解し、自社のニーズに合った会社を選ぶことが重要です。それぞれのテレアポ代行会社は異なる特性や強みを持っており、料金体系やサービス内容も様々です。

本記事は営業代行サービスkey SALESが、テレアポ代行のメリットとデメリット、費用相場、代行会社の選ぶポイントを解説します。また、21社の代行会社を比較することで、営業効率と成果を最大化する手助けをします。

営業代行をお願いする場合、「いくらかかるのか相場が気になる」「まずはサービス資料を見てみたい」という方は以下よりサービス資料をダウンロードしてください。

営業代行サービスkey SALES概要説明資料ダウンロード(無料)

テレアポ代行とは?

テレアポ代行とは、企業が自社の商品やサービスを広く知らせるために、外部の専門業者に電話営業(テレマーケティング)を依頼することを指します。このサービスは、新規顧客の開拓や既存顧客との関係維持、商品のプロモーションなど、ビジネスの拡大に寄与する重要な役割を果たします。

しかし、ただ電話をかけるだけではなく、顧客のニーズを理解し、適切な提案を行うためには専門的なスキルが必要となります。そのため、企業は自社でテレアポを行う代わりに、これらの業務を専門的な知識と経験を持つテレアポ代行業者に委託することが多いのです。これにより、企業は自社のコアビジネスに集中することができ、より効率的な経営が可能になります。

テレアポ代行を活用するメリット・デメリット

テレアポ代行を活用する際のメリットとデメリットを理解することは、ビジネスにおける成功の鍵となります。メリットとデメリットを踏まえ、自社の状況やニーズに合わせてテレアポ代行の活用を検討することが重要です。

テレアポ代行のメリット

テレアポ代行のメリット

テレアポ代行においてメリットは主に下記の4つです。それぞれ詳細を解説します。

テレアポ代行のメリット

・人件費が削減できる
・商談に専念できる
・多くの企業に短期間でアプローチができる
・テレアポスキルの高い人材が確保できる

人件費が削減できる

社内でテレアポを行う場合、人材の採用から育成までには大きなコストがかかります。しかし、テレアポ代行を利用すれば、そのようなコストを大幅に抑えることが可能となります。

工数削減から商談に専念できる

テレアポ業務を外部に委託することで、自社のスタッフは商談に専念できます。煩雑なテレアポ業務を専門的な代行業者に任せ、自社のリソースをより高度な業務に集中させることができるのです。

多くの企業に短期間でアプローチができる

テレアポ代行を利用することで、多くの企業にアプローチすることが可能となります。自社だけでは到底手が回らない数の企業へのアウトリーチが実現可能となり、新たな商談のチャンスを広げることができます。

テレアポスキルの高い人材が確保できる

テレアポ代行会社ではテレアポスキルの高い人材が揃っています。専門的なスキルと経験を持つプロのオペレーターによって、効率的かつ効果的なテレアポが行われ、リード獲得の確率を高めることが期待できます。

テレアポ代行のデメリット

テレアポ代行のデメリット

メリットを活用する一方で、デメリットも理解しておくことが重要です。主にデメリットは下記の3つがあります。これらのデメリットを理解し、自社のビジネスとマッチするかどうかを評価することが、テレアポ代行の活用において重要です。

テレアポ代行のデメリット

・代行会社によって品質が異なる
・管理体制を構築する必要がある
・1ヶ月あたりの費用が多額になる可能性がある

代行会社によって品質が異なる

全ての代行会社が一貫したクオリティを提供しているわけではなく、効果を感じられない場合もあります。これは、スタッフのスキルレベルや経験、研修体制などによるものです。

管理体制を構築する必要がある

代行会社に業務を任せるとはいえ、その進捗管理や結果の分析、フィードバックなどは自社で行う必要があります。これには時間と労力が必要となります。

1ヶ月あたりの費用が多額になる可能性がある

費用対効果を考慮すると、自社でテレアポを行うよりも高くつく場合があります。これは特にスモールビジネスやスタートアップにとっては大きな負担となります。

テレアポ代行サービスを選ぶ際には、多くの要素を考慮する必要があります。以下にテレアポ代行サービスを選ぶ際におすすめの確認項目をご紹介します。

テレアポ代行で失敗しない3つのポイント

テレアポ代行で失敗しないポイント

テレアポ代行を利用する際には、失敗しないための重要なポイントがいくつか存在します。今回は、その中でも特に注意すべき4つのポイントを詳しく解説します。ポイントをしっかりと確認し、自社に最適なテレアポ代行業者を選択することが成功への鍵となります。

テレアポ代行で失敗しない4つのポイント

・テレアポ代行の導入目的を明確にする
・料金形態
・ターゲットリストの有無
・対応実績

テレアポ代行の導入目的を確認する

テレアポ代行サービスを採用する際、あなたのビジネスにおける導入目的を明確にすることが必要です。この目的は、新規顧客獲得、既存顧客との深耕、アフターフォローや新製品の案内など、ビジネスの具体的なニーズによって異なります。例えば、新規顧客獲得を目指す場合、ターゲットとなる業界や職種、規模などに精通したテレアポ代行サービスを選ぶことが求められます。一方で、既存顧客との深耕やアフターフォローを目的とするなら、顧客情報管理(CRM)のスキルが高いサービスを選ぶことが重要になります。

また、目的によっても求められるテレアポ代行のスキルセットは変わります。新規開拓を目指す場合は、初めての接触でも自信を持って商品やサービスを紹介できる力が求められます。一方、既存顧客との関係強化を目指す場合は、顧客のニーズや過去の購買履歴に基づいた提案が可能な代行サービスが適しています。

さらに、テレアポ代行の導入目的を明確にすることは、サービス選びだけでなく、その後の効果測定にも役立ちます。導入目的に基づいてKPI(重要業績評価指標)を設定し、サービスの成果を定量的に評価することで、最終的なROI(投資対効果)を見極めることが可能となります。

料金形態

初めてテレアポ代行を利用する際には、料金形態がどのように設定されているのかを把握することが大切です。一部の業者では成功報酬型、つまりアポイントが取れた場合のみ料金が発生する形態を採用していますが、その他にも固定費用型や時間単価型など、様々な料金体系が存在します。それぞれの料金形態にはメリットとデメリットがあるため、自社の予算や目的に応じて選択することが重要です。

ターゲットリストの有無

自社でターゲットリストを持っている場合と、業者にリスト作成を依頼する場合では、費用や成果に大きな差が出ることがあります。また、ターゲットリストが的確であればあるほど、アポイントの取得率は高まります。そのため、自社でリストを作成するスキルやリソースがない場合は、リスト作成も含めて業者に依頼することを検討しましょう。

対応実績

業者の過去の対応実績を確認することで、その業者が自社の業界や商品に対してどれほどの理解を持っているのか、また、どの程度の成果を上げることができるのかを把握することができます。

さらに、契約期間、キャンセルポリシーも確認しておくべきです。予算内でサービスを利用できるか、必要な期間だけ契約できるか、万が一サービスに不満があった場合に解約できるか等、自分の要望に合ったサービスを選ぶためには、これらの条件も重要となります。

テレアポ代行サービスの費用相場

テレアポ代行サービスの費用相場は、サービス形態により大きく異なります。これらの費用相場を理解し、自社のニーズや予算に合わせて選択することが重要です。

成果報酬型

成果報酬型は、契約した目標(例えば取引数やアポイント数)を達成した場合にのみ報酬が発生する形態です。相場は1件あたり数千円から数万円と幅広く、達成目標や業界、商品の価格帯など商材販売難易度により変動します。

人月稼働型

人月稼働型は、テレアポ業者が提供するオペレーターの人件費を月単位で支払う形態です。相場は月額20万円から50万円程度。こちらは確保するリソース(1人月160時間)が大きく影響し、その他にも業者のスキルや経験、依頼内容により費用が変わります。

時間単価型

時間単価型は、実際に作業にかかった時間を基に報酬が発生する形態です。相場は1時間あたり1,800円から3,500円程度。こちらも業者のスキルや作業内容により費用が変動します。

おすすめのテレアポ代行会社|21社の比較

ここまでテレアポ代行サービスの選び方や失敗しないポイント、費用相場まで詳しく解説してきました。しかし、具体的にどの会社を選べばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか?

そこで本節では、21社のテレアポ代行会社を比較して、それぞれの特徴や評価、料金体系を紹介します。大手から中小企業まで、多種多様な会社が存在しますので、あなたのビジネスに合ったパートナーを見つける参考にしてください。

また、それぞれの会社がどのようなサービスを提供しているのか、どのような特徴があるのか、一つ一つ比較していきますので、自社のニーズに最もマッチした会社を見つけることができます。この情報をもとに、効果的なテレアポ代行サービスを選ぶ手助けになれば幸いです。

key SALES|幅広い領域をワンストップで営業代行

営業代行ならkey SALES

幅広い領域をカバーしており、ワンストップで営業代行が可能という大きな特徴を持っています。業界や分野を得意とする営業経験値の高いフリーランスによる支援を行うことで、高品質なテレアポサービスだけでなく、クライアントのビジネス全般を支援するための各種ソリューションを提供しています。その他にも、大手から中小企業まで様々な規模の企業に対応したサービス展開や、専門知識を持ったスタッフによる丁寧な対応が評価されています。打合せや連携など、1社完結にしたい際に特におすすめの会社です。

特徴

・マーケティングや商談までテレアポ代行以外の領域まで課題に沿った支援
・厳選されたプロのフリーランスによるテレアポ代行
・スタートアップから大手まで、商材の特徴に合わせた戦略設計やBDR提案

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型対応
時間単価型対応
運営会社for,Freelance株式会社
参考ページhttps://key-sales.jp/

コミットメント|BtoB特化の完全成果報酬型テレアポ代行

BtoB領域に特化しているコミットメント株式会社のサービスは、アルファ・シグマ・データに分かれており、マーケティング・テレアポ代行・商談対応までそれぞれのサービスを完全成果報酬型で行っています。このモデルの最大の特徴は、成果が出なければ料金を支払う必要がないという点です。コミットメントαのプロフェッショナルなオペレーターは、高いスキルと経験を活かし、顧客のビジネスに最適なアプローチを提案します。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・成果報酬のため気軽に試すことができる
・他サービスと組み合わせることでマーケティングや商談まで対応
・アポイント獲得率平均3%

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型
時間単価型
運営会社コミットメント株式会社
参考ページhttps://www.commitmentholdings.com/

完全成果報酬|初期費用・月額費用が0円

その名の通り、成果が出た場合のみ報酬を払うというテレアポ代行です。初期費用や月額費用が0円なので、予算面でリスクを抑えつつ、より効果的なテレアポを実施することが可能です。
また、営業戦略の立案からフォローアップまで一貫してサポートしてくれるため、初めてテレアポ代行を利用する方でも安心して任せることができます。豊富な経験と実績を持つプロフェッショナルなスタッフが、あなたのビジネスを成長させるための最適なアプローチを提案してくれます。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・1アポイント15,000円から対応
・クロージングも成果報酬型にて対応
・規定額に達しない場合、100,000円が初期費用・運用費用となる

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社完全成果報酬
参考ページhttps://www.kanzenseika.jp/index.html

soraプロジェクト|売上直結のアポ獲得

テレアポ業界の実績は16年の業績と、これまでに集めた324万件のコールデータによって裏付けられています。この膨大なデータを活用することで、soraプロジェクトはそのクライアントに対して、確度の高いアポイントを提供することが可能となっています。インサイドセールス領域全般を外注したい際におすすめです。

特徴

・800万社のリスト保持
・平均アポ率4.6%
・インサイドセールス領域を代行

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社soraプロジェクト
参考ページhttps://sora1.jp/

ambient|女性オペレーターによるテレアポ

ambientのテレアポ代行サービスは、女性オペレーターの特性を最大限に活かした、ユニークかつ効果的なものです。テレアポ業務を全て女性オペレーターが担当することにより、電話越しのコミュニケーションが、より丁寧で温かみのあるものになります。また、女性特有の優れた聞き取り能力と洞察力を活かし、顧客のニーズを的確に把握することが可能です。その結果、高品質なアポイントメントを実現することができます。美容関連など、女性のイメージが強い商材には特におすすめです。

特徴

・メガバンクでも使用されるCTIの導入
・契約期間の縛りなし
・トークマニュアルを案件ごとに作成

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社ambient
参考ページhttps://ambient-co.jp/

アソウ・ヒューマニーセンター|成果+従量課金モデル

テレアポ代行会社の品質を示す重要な指標の一つであるアポイントの獲得は2~3%が平均的な値とされています。株式会社アソウ・ヒューマニーセンターは平均アポ獲得率が4.8%と高い実績があり、成果+架電件数に応じた従量課金モデルです。予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・1社100円+成果報酬の料金モデル(初期・月額費用別途発生)
・オフラインの週次ミーティング
・アポ獲得平均4.8%

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社アソウ・ヒューマニーセンター
参考ページhttps://www.ahc-net.co.jp/

トップコール|成果報酬型8,800円~

トップコールは一回のアポイントメントが確定するごとに8,800円~という料金体系になっています。成果報酬の費用相場に比べて安い料金であることが特徴です。成果報酬型という特性上、アポイントメントの確定数によっては他社よりも費用が高くなる可能性もあるため、自社の営業フローと照らし合わせて検討することが重要です。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・架電件数とアポイント件数に分けた成果報酬モデル
・1件アポイント8,800円~
・10件単位の代行が可能

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社コーキ株式会社
参考ページhttp://www.kooki.co.jp/

デマンドセンターアウトソーシング|博報堂グループのデータ・ノウハウを活用

株式会社セレブリックスの提供するデマンドセンターアウトソーシングは、新規顧客開拓のためのリスト作成から、アポイントメント取得、さらには営業成約までを一手に引き受けている網羅型のおすすめ会社です。また、セレブリックスではコンサルタントが各クライアントのビジネスに合わせた最適な戦略を提案することにより、テレアポの成功率を大幅に向上させることが可能です。

特徴

・戦略設計から代行までを支援
・営業メソッド×実施策で有効商談を安定供給
・日々10万件更新される豊富なセールスデータをベースに営業の最適解を提案

報酬形態対応可否
成果報酬型原則非対応
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社セレブリックス
参考ページhttps://www.eigyoh.com/service/demand-center

ディグロス|初期費用・固定費なしの成果報酬テレアポ代行

株式会社ディグロスは、成果報酬型のテレアポ代行サービスを提供しています。初期費用や固定費が一切発生せず、1ヶ月単位での契約が可能なため、初めてテレアポ代行を利用する企業や、コストを抑えてサービスを利用したい企業におすすめの会社です。

特徴

・1ヶ月単位の成果報酬型
・初期費用、月額料金がないシンプルモデル
・受注確度の高いアポイントの獲得

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社ディグロス
参考ページhttps://dgloss.co.jp/

BALES|SaaS企業に強いテレアポ代行

一般的なテレアポ代行会社が広範な業界を対象としているのに対し、BALESはSaaS業界特有の課題を理解し、それに対応したテレアポサービスを展開しています。テレアポは、相手の業界や商品を理解した上で、適切なアプローチをすることが求められます。BALESは、SaaS商品の特性や、SaaS企業が抱える課題について深い知識を持つプロフェッショナルチームが揃っており、SaaS商材ではこちらの会社がおすすめです。

特徴

・体制構築サポート
・SaaSとの相性が良い
・週次定例会議によるPDCAサイクル

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社スマートキャンプ株式会社
参考ページhttps://smartcamp.co.jp/

スタジアム|BtoB×IT商材特化

株式会社スタジアムは、BtoBビジネスとIT商材に特化したテレアポ代行を主導しています。一般的なテレアポ代行サービスだけでなく、IT商材の販売促進に必要な各種サポートも提供しており、オフライン対応を求められる場合にも対応しているためおすすめです。

特徴

・BtoB×IT商材特化型
・戦略策定~内省化まで支援
・主要都市に拠点がありオフライン対応が可能

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社スタジアム
参考ページhttps://stadium.co.jp/

ウィルオブ・ワーク|BPOサービス・コールセンター代行

ウィルオブ・ワークのテレアポ代行サービスは、テレアポ代行以外にも既存顧客に対するヘルプデスクやチャット業務のCS支援も行っているサービスです。研修体制が整っていることから、既存顧客と接点を持つことも企業ブランドを損なうことがないおすすめのサービスです。

特徴

・直雇用率100%
・CS領域まで社内研修体制があり、領域の幅が広い
・コストを抑えた拠点にしていることから費用を抑えることが可能

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社ウィルオブ・ワーク
参考ページhttps://willof-work.co.jp/

ジャパンプ|社員が成果報酬でテレアポ代行

この会社の特徴は、実務であるテレアポを社員が対応していることです。他社では業務委託やパートタイムスタッフが対応していることが多い中、株式会社ジャパンプでは全ての業務が社員が対応。そのため、一貫した品質と高い専門性が保たれています。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・1,000時間以上の実務経験者による支援
・内省化できるようにフローの構築
・訪問営業にも対応

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型
時間単価型
運営会社株式会社ジャパンプ
参考ページhttps://japump.com/

アップセルテクノロジィーズ|独自AIツールを活用した分析

アップセルテクノロジーズ株式会社の特徴は、独自AIツールを活用した市場分析と改善です。このAIツールは、市場の動向をリアルタイムに把握し、それに基づいた効果的な営業戦略を提案します。さらに、営業トークもAIが自動作成。これにより、営業マンの負担を軽減しながら、より精度の高いアプローチが可能となります。

また、24時間のコールセンター支援は、他のテレアポ代行会社がなかなか提供できないおすすめサービスです。

特徴

・独自AIツールを活用した市場分析と改善
・営業トークを自動作成
・24時間コールセンターの支援も対応

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社アップセルテクノロジィーズ株式会社
参考ページhttps://upselltech-group.co.jp/

キャスター|セールスマーケ領域を幅広く支援

株式会社キャスターは、複合サービスを併用することで、日常的な業務の外注が可能となるのが大きな特徴です。特に、セールスマーケ領域における業務なら、チーム契約後最短3日でサービスを立ち上げることが可能です。これにより、急な人員不足や業務量の増加に対応することが出来ます。日々同じ業務をされているのであれば、特定の業務を外注してしまうこともおすすめです。

特徴

・複合サービスを併用することで日常的な業務の外注が可能
・セールスマーケのチーム契約後最短3日で立ち上げ
・専属担当が戦略設計から実行まで行う

報酬形態対応可否
成果報酬型非対応
人月稼働型対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社キャスター
参考ページhttps://caster.co.jp/

WillWind|従量課金と成果報酬のプラン

アポイント成果報酬プランと件数架電従量課金プランという、異なる二つのプランを提供しており、顧客の要望や予算に応じて選択することが可能です。アポイント成果報酬プランでは、成功したアポイントのみに対して報酬を支払う形となります。つまり成果が出なかった場合は費用がかからないので、初めてテレアポ代行を利用する企業や、予算が限られている企業にとっては非常に魅力的なプランと言えるでしょう。

一方、件数架電従量課金プランでは、アポイントに至るまでの電話件数に応じて費用が発生します。これにより、アポイントが取れなかった場合でも、その過程で得られる市場の反応や顧客のニーズなどの情報を収集することが可能です。柔軟にプランを選べるため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・アポイント成果報酬プランと件数架電従量課金プランあり
・商談同行によるアポイントの質改善
・ターゲットリストの絞り込み作成に対応

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社WillWind
参考ページhttps://www.teleap-daiko.com/

エッジコネクション|正社員によるテレアポ代行

株式会社エッジコネクションは、テレアポ代行業界で一線を画す存在であり、その特徴として全て正社員が対応するという点が挙げられます。これにより、一貫した品質とサービスを提供し、お客様に信頼されるパートナーとなっています。また、コール状況をリアルタイムで可視化するシステムを導入しており、お客様はいつでも現在の進捗状況を把握することが可能です。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・全て正社員が対応
・コール状況をリアルタイムで可視化
・明確な料金形態

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型対応
運営会社株式会社エッジコネクション
参考ページhttps://edge-connection.co.jp/

ビズコール|1コール99円

ビズコールは業界最安価格を目指したテレアポ代行サービスです。1コール99円の格安な料金設計で、架電内訳が全件リアルタイムで確認することができます。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・格安コール単価
・2年以上のスタッフによるテレアポ代行
・アポ取得率2~10%

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社イクイップ
参考ページhttps://www.equipm.co/

NetReal+|ネットで申込完結

ネットリアル株式会社のテレアポ代行サービスは、料金形態は一般とは異なります。この会社ではリスト販売やFAX営業なども対応していますが、ポイント購入をしてそのポイントをどう振り分けるか設定する流れとなります。

特徴

・1コール200円
・明白なプラン設計
・アプローチ領域の幅が広い

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社ネットリアル株式会社
参考ページhttps://www.netreal.jp/

リンクアップスタッフ|中小企業専門のテレアポ代行

有限会社リンクアップスタッフは、中小企業を対象にしたテレアポ代行サービスを提供しています。主に従業員10名以下の企業からの依頼が多く、その特長的なサービス内容と結果に対する信頼感から、多数の実績を誇っています。その確かな信頼性の証として、こちらの会社平均アポ率を企業ページに掲載しています。1.9%という数字は、業界平均を上回る高いアポイントメント率を示しており、その効果の高さを裏付けています。

特徴

・平均アポ率1.9%
・従業員10名以下からの依頼が多い
・結果が出なかったら返金対応を行うこともある

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社有限会社リンクアップスタッフ
参考ページhttps://www.telapo.com/

アポハンター|完全成果報酬型

アズ株式会社のサービスであるアポハンターは完全成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。また、アズ株式会社は、テレアポだけでなく商談も成果報酬で行うことができるサービスを提供しています。

特徴

・月に1度、訪問による活動報告
・経験値の高いフリーランスによるメンバー構成
・リストアップのみの作成も可能

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型対応
時間単価型非対応
運営会社アズ株式会社
参考ページhttps://asz-park.com/

まとめ

本記事では、テレアポ代行の基本的な概念から、そのメリット・デメリット、選び方、失敗しないためのポイント、費用相場について解説しました。さらに、21社のテレアポ代行会社を比較し、おすすめの会社を紹介しました。ビジネスにおいてアポイントメントの取得は重要なステップであり、その効率的な進め方を模索する中でテレアポ代行が注目されています。

しかし、その活用には得られる利益とともに潜在的なリスクも存在します。適切なサービスを選び、適切な方法で活用することで、そのリスクを軽減しつつ、最大限の効果を引き出すことが可能です。

営業代行サービスkey SALESでは、料金形態やご支援領域はカスタマイズ型にて営業代行を行います。テレアポ以外にもマッチした営業戦術のご提案を無料にて行っておりますので、ご興味をお持ちでしたら、まずは無料相談よりお問合せください。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る