【2024年最新】商談を代行するおすすめ営業代行会社の比較と営業代行の領域について解説

更新日

2024.02.29

営業代行

営業代行とは、企業の営業活動を専門的にサポートするサービスであり、その支援領域は非常に広範です。新規顧客獲得から既存顧客とのリレーションシップの強化、商談のスケジューリングから契約までのフォローアップなど、多岐にわたります。

また、市場調査や競合分析、営業戦略の策定などの戦略的な支援も行います。また営業代行は、企業の営業力を強化し、結果的に業績向上に寄与します。そのため、営業力を強化したい企業や、営業活動に手間取っている企業にとって、営業代行は強力なパートナーとなり得ます。

本記事は営業代行サービスkey SALESを運営する担当者が、営業代行の支援概要と料金形態や、依頼する際の注意事項、そしておすすめの営業代行会社をご紹介します。

営業代行をお願いする場合、「いくらかかるのか相場が気になる」「まずはサービス資料を見てみたい」という方は以下よりサービス資料をダウンロードしてください。

営業代行サービスkey SALES概要説明資料ダウンロード(無料)

営業代行の支援領域

営業代行の支援は、主に以下のような領域をカバーしており、商談はインサイドセールス代行と商談代行(主に対面商談)に分かれます。

営業代行の支援領域

・テレアポ代行
・お問合せフォーム送信代行
・SNS、FAX、手紙送信代行
・インサイドセールス代行
・商談代行
・営業コンサルティング

テレアポ代行

テレアポ代行とは、企業が自社商品やサービスの提案を行う際に必要となるアポイントメントの取得を代行するサービスのことです。特に新規顧客の開拓や既存顧客へのフォローアップに欠かせない活動であり、専門的なスキルや時間を要するため、業務をアウトソースする企業が増えています。

テレアポ代行は、企業が持つ商材の特色や顧客のニーズに合わせた戦略的なアプローチを行い、商談の機会を増やすための重要なサポートを提供します。専門スタッフが直接電話をかけ、企業の代わりに商品やサービスのアピールを行い、商談の約束を取り付けるという役割を果たします。これにより、企業は営業チームが直接顧客と向き合う時間を増やすことができ、より高品質なサービスを提供できます。

また、テレアポ代行会社は実績やノウハウを活かし、効果的なアプローチ方法を提案します。これにより、企業の営業力を強化し、ビジネスの成長を支援します。一方で、テレアポ代行の利用には予算やターゲット設定など、考慮すべきポイントも存在します。

お問合せフォーム送信代行

営業代行の支援領域は多岐に渡りますが、フォーム送信代行は、企業が大量の情報を一括で送信する必要がある場合や、顧客とのコミュニケーションを円滑に行うための手段として用いられます。このフォーム送信代行を利用することで、企業は自社の営業活動に集中し、顧客との関係構築により多くの時間を費やすことが可能となります。

フォーム送信代行は、顧客からの問い合わせや申し込みなど、さまざまなフォームの送信作業を代行します。これにより、時間と人手を大幅に節約することができ、営業活動の効率化を実現します。また、フォーム送信代行は、企業が提供する商品やサービスの質を高めるための重要な手段でもあります。顧客からのフィードバックを迅速に収集し、それをもとに商品やサービスの改善を行うことができます。

しかし、フォーム送信代行を依頼する際には、信頼性と実績のある会社を選ぶことが重要です。適切な業者を選ぶことで、企業は顧客とのコミュニケーションをよりスムーズに行うことができ、営業成績の向上を期待することができます。

インサイドセールス代行

インサイドセールスとは、対面営業ではなく、インターネットや電話を利用した遠隔営業のことを指します。この領域での代行を依頼すると、専門の営業チームが顧客との接触を担当し、商談の機会を増やすとともに、商談のクオリティを向上させることが可能となります。

インサイドセールス代行は、特に新規顧客開拓や既存顧客との深耕に役立つ支援領域です。新規顧客開拓では、潜在的な顧客へのアプローチを行い、商談の機会を作り出します。既存顧客との深耕では、顧客のニーズを深く理解し、それに基づいた提案を行うことで、取引の拡大を図ることができます。

また、インサイドセールス代行では、営業活動に必要なデータの収集や分析も行います。これにより、効果的な営業戦略の策定や、営業活動の最適化が可能となります。さらに、インサイドセールス代行は、営業チームの負担を軽減し、営業スタッフがより本来の業務に集中することを可能にします。

インサイドセールス代行は、営業力を強化したい企業にとって有効な手段といえるでしょう。ただし、代行を依頼する際には、その会社の信頼性や営業力を確認することが重要です。

商談代行

商談代行とは、企業の営業活動の一環として、外部のプロフェッショナルが商談のプロセス全体を手掛け、顧客との契約締結に至るまでの業務を代行するサービスのことを指します。新規開拓や既存顧客へのアップセル・クロスセル提案を行います。これにより、企業は営業の専門性を確保しながらも、自社のリソースを他の重要な業務に集中させることが可能となります。

具体的には、商談代行のプロセスは次のようなステップを含みます。まず、顧客のニーズや問題点を把握するためのヒアリングを行います。次に、その情報を元に企業の商品やサービスがどのように顧客の問題を解決できるのかを具体的に説明するプロポーザルの作成を行います。その後、プロポーザルを元に実際の商談を行い、顧客の同意を得られるよう交渉を進めます。

このような商談代行のサービスは、特に営業経験やスキルが不足している企業、新規事業をスタートさせるスタートアップ企業、または自社の営業部門が手一杯で新規顧客開拓に手が回らない企業などにとって有効な解決策となることでしょう。また、外部の専門家に商談を任せることで、自社の製品やサービスに対する客観的な視点を得ることができ、その結果、商談の成功率を高めることも期待できます。

営業コンサルティング

企業の営業活動を全面的に代行するサービスです。営業代行会社は、製品やサービスのプロモーション、新規顧客の獲得、既存顧客とのリレーションシップの維持、商談や契約締結の代行など、営業活動のあらゆるステージで支援を行います。これらの活動は、営業チームの負担を軽減し、企業の業績向上に直結します。

一方、営業コンサルティングは、企業の営業戦略やプロセスの改善を支援するサービスです。営業コンサルタントは、市場分析、競合他社分析、営業チームのパフォーマンス評価などを行い、最適な営業戦略を提案します。また、営業チームのスキルアップ支援や、営業プロセスの効率化も行います。

営業代行と営業コンサルティングは、どちらも企業の営業力を強化するためのサービスですが、その対象となる範囲や方法が異なります。営業代行は、具体的な営業活動を代行し、直接的な成果をもたらします。一方、営業コンサルティングは、戦略やプロセスの改善を通じて、間接的な成果をもたらします。それぞれのサービスがどのようなシチュエーションで必要となるか、またどのように利用すれば最大の効果を得られるかを理解することが重要です。

営業代行の料金形態とメリット・デメリット

営業代行を選ぶ際に考慮すべき重要な要素の一つが料金形態です。ここでは、主に4つの料金形態とそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

成果報酬型

成果報酬型は営業代行が契約した業績に対して報酬を得る形態で、成果が出た場合のみ料金が発生するため、初期費用を抑えることが可能です。しかしこの形態のデメリットとして、成果が出ない場合は報酬が発生しないため、営業代行会社が短期的な成果を重視する傾向にあることが挙げられます。

固定報酬型

固定報酬型は一定の業務を行うための固定の報酬を支払う形態で、料金が予め明確なため、予算管理がしやすいです。しかし、成果に関わらず料金が発生するため、成果が出ない場合でもコストがかかるというデメリットがあります。

複合型

複合型は、成果報酬型と固定報酬型を組み合わせたもので、基本的な業務については固定報酬を、特定の成果に対しては成果報酬を支払うという形態です。メリットとしては、固定報酬型の安定性と成果報酬型の成果重視性を兼ね備えている点が挙げられます。しかし、それぞれの報酬形態のデメリットも含まれるため、適切な契約内容の検討が必要です。

時間単価型

時間単価型は、営業代行の作業時間に応じて報酬を支払う形態です。作業内容に応じて料金を調整できるメリットがありますが、作業時間が長引くと料金も増えるというデメリットがあります。

商談代行を依頼する際の注意事項

商談代行を依頼する際には、数々の注意事項が存在します。その中でも特徴的な5つについて解説します。

企業のブランディングに影響する

商談代行を依頼する際には、その選択が直接的に企業のブランディングに影響を与えるという事実を理解することが重要です。なぜなら、商談代行会社はあなたの企業の代わりに顧客と接触し、あなたのブランドを代表しているからです。そのため、その代行会社のプロフェッショナリズム、倫理、そしてコミュニケーションの品質が、顧客のあなたのブランドに対する認識を形成します。

これは、特にあなたが新しい市場に参入しようとしている、またはブランドイメージを強化または再定義しようとしている場合に重要です。適切な商談代行会社を選ぶことで、あなたのブランドはその市場での信頼と認知度を向上させることができます。逆に、不適切な商談代行会社を選ぶと、ブランドの評判が損なわれ、ビジネスにマイナスの影響を及ぼす可能性があります

したがって、商談代行会社を選ぶ際には、その会社の評判、過去の実績、そしてその会社がどのようにしてあなたのブランドを代表するかをしっかりと評価することが必要です。そして、その会社があなたのブランドの価値を高め、あなたのターゲット顧客に対して正確で一貫したメッセージを伝えることができるかどうかを確認することが重要です。

サービス商材のインプットが必要

商談代行を依頼する際には、サービス商材の詳細なインプットが必要となります。その理由は、商談代行会社があなたのビジネスと商品を理解しなければ、適切な商談戦略を立てられないからです。そのため、商談代行会社に依頼する前には、まず自社の商品やサービスの特徴、ターゲットとなる顧客層、市場状況などをしっかりと整理し、これらの情報を提供できるように準備しておくことが重要です。

また、ただ情報を提供するだけではなく、自社の商材に対する独自の視点や考えを明確に伝えることも大切です。これにより、商談代行会社はあなたのビジネスに対する深い理解を得ることができ、より効果的な商談を行うことが可能になります。

さらに、商談代行を依頼する際には、自社のビジネス目標や期待する結果を明確に伝えることも忘れてはなりません。これにより、商談代行会社はその目標に向けて最適な戦略を立てることができます。

以上のように、商談代行を依頼する際には、サービス商材の詳細なインプットが必要となります。これにより、商談代行会社はあなたのビジネスを理解し、効果的な商談を行うことができるのです。この点を理解し、適切な情報提供を行うことで、商談代行の効果を最大限に引き出すことができます。

体制構築を事前に行う必要がある

商談代行を依頼する際、一番重要な事は、自社の体制構築をしっかりと行うことです。なぜなら、代行会社も突然具体的な商談を開始することは難しく、最低限の情報や指示が必要だからです。まずは、自社の製品やサービスの特徴、競合他社との差別化ポイント、ターゲットとなる顧客の属性などを明確にしておくことが大切です。これらの情報は、商談の際に代行会社がどのようにアプローチすべきか、どのような提案をすべきかを決定するための基盤となります。

さらに、商談代行を依頼する前に、どの程度の結果を求めているのか、目標設定も必須です。具体的な数値目標を設定することで、代行会社も具体的な戦略を立てやすくなります。また、期間や予算などの制約も明確に伝えておくことで、無理なく進めることが可能となります。

これらの作業は、自社だけで行うべきものだと思われがちですが、代行会社に相談しながら行うことで、より具体的で効果的な戦略を立てることができます。そのため、商談代行を依頼する際は、事前に十分な準備とコミュニケーションを行うことが重要となります。

社員で行うより多額になる可能性がある

商談代行を依頼する際、一見コスト面で不利に思えるかもしれません。なぜなら、自社の社員に比べて、プロに依頼すると多額の費用が掛かる可能性があるからです。しかし、そのコストは無駄ではないという視点も重要です。確かに、自社の社員に行わせると人件費だけで済むかもしれません。

しかし、社員が他の業務から手を離す時間や、商談に対する専門的なスキルや経験が不足していた場合、結果的には商談の成功率が下がり、会社全体の利益を損なう可能性があります。一方、商談代行のプロに依頼すれば、その専門性と経験により高い成功率を期待することができ、結果的にはROI(投資回収率)が上がる可能性もあるのです。だからこそ、商談代行を依頼する際には、費用だけでなく、その価値とROIを考慮することが重要です。

また、どの会社に依頼するかによっても、費用と成果は大きく変わることから、しっかりと比較検討することが必要です。

名刺発行や端末貸与の用意が必要になる可能性がある

商談代行を依頼する際には、そのプロセスに関連するいくつかの注意事項があります。まず、代理店に対して営業活動用に新たに名刺作成を求められるケースがあります。また、セキュリティ観点から自社の貸与端末で活動するようにされる企業も多くございます。

この端末は、商談の過程で必要な情報を共有したり、商談の状況をリアルタイムで確認するためのものであり、商談代行会社とのスムーズなコミュニケーションを保証する役割を果たします。ただし、これらの準備は追加のコストが発生する可能性があるため、費用対効果を考慮してから依頼を決定することが重要です。また、代行会社が提供するサービスの内容や品質を確認するために、事前にその評判や実績を調査することもおすすめします。これらの注意点を踏まえつつ、最適な商談代行会社を選ぶことで、ビジネスの効率化と成果の最大化を実現できます。

費用を抑えたい場合はインサイドセールス代行がおすすめ

インサイドセールス代行は、営業活動を内部化し、リモート環境で行う新しい営業手法です。従来のフィールドセールスと比較して、物理的な移動が必要ないため、経費削減につながります。さらに、複数の見込み客と同時にコミュニケーションを取ることが可能なため、営業人件費も抑制できます。さらに、データドリブンなアプローチが可能で、市場の動向や見込み客の反応をリアルタイムで把握しながら営業戦略を最適化することができます。

また、インサイドセールス代行会社を活用することで、営業のプロフェッショナルが豊富な経験と最新のツールを活用して販売プロセスを効率的に進めてくれます。彼らは、リードの生成からクロージングまでのプロセスを一貫して管理し、貴社の目標達成に向けて最善を尽くします。これにより、社内のリソースを他の重要な業務に集中させることが可能となります。

しかし、全ての企業がインサイドセールス代行を利用できるわけではありません。製品やサービスの性質、ターゲット顧客、販売戦略などにより、最適な営業手法は異なります。そのため、自社のビジネスモデルと相談し、必要なサービスを提供してくれる代行会社を選ぶことが重要です。

商談の代行をしてくれる会社おすすめ10社を徹底比較

商談の代行を依頼することで、あなたのビジネスは新たなステージに進むことが可能です。しかし、多数存在する会社の中から最適なパートナーを見つけるのは簡単なことではありません。そのため、商談代行を提供する会社10社を厳選し、その特徴とサービス内容を比較しました。どの会社があなたのビジネスニーズに最適なのかを理解する手助けをします。

key SALES|幅広い領域をワンストップで営業代行

営業代行ならkey SALES

幅広い領域をカバーしており、ワンストップで営業代行が可能という大きな特徴を持っています。業界や分野を得意とする営業経験値の高いフリーランスによる支援を行うことで、高品質なテレアポサービスだけでなく、クライアントのビジネス全般を支援するための各種ソリューションを提供しています。その他にも、大手から中小企業まで様々な規模の企業に対応したサービス展開や、専門知識を持ったスタッフによる丁寧な対応が評価されています。打合せや連携など、1社完結にしたい際に特におすすめの会社です。

特徴

・マーケティングや商談までインサイドセールス以外の領域まで課題に沿った支援
・厳選されたプロのフリーランスによる営業代行
・スタートアップから大手まで、商材の特徴に合わせた戦略設計やBDR提案

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
固定報酬型対応
時間単価型対応
運営会社for,Freelance株式会社
参考ページhttps://key-sales.jp/

ウィルオブ・ワーク|直雇用人員によるインサイドセールス代行

ウィルオブ・ワークの営業代行サービスは、テレアポ代行や既存顧客に対するヘルプデスクやチャット業務のCS支援も行っているサービスです。研修体制が整っていることから、既存顧客と接点を持つことも企業ブランドを損なうことがないおすすめのサービスです。

特徴

・直雇用率100%
・CS領域まで社内研修体制があり、領域の幅が広い
・コストを抑えた拠点にしていることから費用を抑えることが可能

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社ウィルオブ・ワーク
参考ページhttps://willof-work.co.jp/

デマンドセンターアウトソーシング|博報堂グループのデータ・ノウハウを活用

株式会社セレブリックスの提供するデマンドセンターアウトソーシングは、新規顧客開拓のためのリスト作成から、アポイントメント取得、さらには営業成約までを一手に引き受けている網羅型のおすすめ会社です。また、セレブリックスではコンサルタントが各クライアントのビジネスに合わせた最適な戦略を提案することにより、成約率を大幅に向上させることが可能です。

特徴

・戦略設計から代行までを支援
・営業メソッド×実施策で有効商談を安定供給
・日々10万件更新される豊富なセールスデータをベースに営業の最適解を提案

報酬形態対応可否
成果報酬型原則非対応
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社セレブリックス
参考ページhttps://www.eigyoh.com/service/demand-center

g-wic|女性の営業チーム

株式会社g-wicは、女性の営業チームが特徴で、その柔軟な思考とコミュニケーション能力が評価されています。特に、新規事業やスタートアップ企業に対する支援が豊富で、独自の営業手法を持っています。商談代行だけでなく、営業戦略の立案からフォローアップまで、一貫したサポート体制を整えています。そのため、営業活動全体をアウトソーシングしたい、という企業におすすめです。

特徴

・女性で構成される営業チーム
・展示会営業支援にも対応
・女性ならではの視点で営業戦略立案

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社g-wic
参考ページhttps://g-wic.jp/

日本営業代行|1日単位の外注が可能

日本営業代行株式会社は、1日単位での外注が可能というユニークなサービスを提供しています。これにより、短期間のプロジェクトや一時的に人手が必要な場合でも、手軽に営業代行を利用することが可能になります。また、営業代行のプロフェッショナルが一日単位で手厚くサポートしてくれるため、商談の質も向上します。

特徴

・1日単位の外注が可能
・上場大手出身や中小企業管理職経験者による営業戦略立案
・アポ取得からクロージングまで対応

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社日本営業代行株式会社
参考ページhttps://www.eigyodaikou.co.jp/

soraプロジェクト|インサイドセールス領域全般

株式会社SORAプロジェクトは、インサイドセールス領域全般をカバーしています。テレアポ業界の実績は16年の業績と、これまでに集めた324万件のコールデータによって裏付けられています。この膨大なデータを活用することで、soraプロジェクトはそのクライアントに対して、確度の高いアポイントを提供することが可能となっています。

特徴

・法人向け営業代行16年の実績
企業リストのプロが適切なリストをご提案
・経験豊富な営業のプロが高品質なリード獲得

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社soraプロジェクト
参考ページhttps://sora1.jp/

BALES|SaaS企業に強いインサイドセールス代行

BALESは特にSaaS企業に強いインサイドセールス代行サービスを提供しています。SaaS商品の特性や、SaaS企業が抱える課題について深い知識を持つプロフェッショナルチームが揃っており、SaaS商材ではこちらの会社がおすすめです。

特徴

・体制構築サポート
・SaaSとの相性が良い
・週次定例会議によるPDCAサイクル

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社スマートキャンプ株式会社
参考ページhttps://smartcamp.co.jp/

コンフィデンス|非対面商談にも対応

商談の代行を依頼する際に、非対面での対応が必要な場合は、コンフィデンスがおすすめです。また、ZOOMなどのオンラインツールを使用して、遠隔地からでも効果的な商談を実現します。営業のプロフェッショナルが、お客様のニーズに合わせた説明を行い、適切な提案を行うことで、購買意欲を高めます。また、非対面での商談においては、相手の反応を読むことが難しいため、その点についても十分なトレーニングを行っています。その結果、対面での商談と同等、あるいはそれ以上の成果を上げることが可能です。

特徴

・非対面商談にも対応
・プロジェクト専任体制
事業戦略の策定から売上構築、売る仕組みづくりまでを一気通貫

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社コンフィデンス
参考ページhttps://confidence.co.jp/

コミットメント|成約までコミット

BtoB領域に特化しているコミットメント株式会社のサービスは、アルファ・シグマ・データに分かれており、マーケティング・テレアポ代行・商談対応までそれぞれのサービスを完全成果報酬型で行っています。このモデルの最大の特徴は、成果が出なければ料金を支払う必要がないという点です。

特徴

・成果報酬のため気軽に試すことができる
・他サービスと組み合わせることでマーケティングや商談まで対応
・テレアポ代行
も成果報酬

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
固定報酬型
時間単価型
運営会社コミットメント株式会社
参考ページhttps://www.commitmentholdings.com/

完全成果報酬|初期費用・月額費用が0円

その名の通り、成果が出た場合のみ報酬を払うという営業代行会社です。初期費用や月額費用が0円なので、予算面でリスクを抑えつつ、より効果的なテレアポを実施することが可能です。
また、営業戦略の立案からフォローアップまで一貫してサポートしてくれるため、初めて営業代行を利用する方でも安心して任せることができます。豊富な経験と実績を持つプロフェッショナルなスタッフが、あなたのビジネスを成長させるための最適なアプローチを提案してくれます。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・1アポイント15,000円から対応
・クロージングも成果報酬型にて対応
・規定額に達しない場合、100,000円が初期費用・運用費用となる

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
固定報酬型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社完全成果報酬
参考ページhttps://www.kanzenseika.jp/index.html

まとめ|商談代行はインサイドセールス代行会社へ依頼

本記事では、商談代行の重要性と、その依頼における注意事項について詳細に解説しました。営業代行の支援領域、商談代行を依頼する際の注意事項、費用を抑えたい場合のインサイドセールス代行の利点、そして商談の代行をしてくれる会社の比較を行いました。

結論として、一貫した商談を行い、費用対効果を最大化するためには、インサイドセールス代行会社への依頼が最適であると言えます。これは、インサイドセールス代行会社が、商談全体の流れを把握し、最適なタイミングでのアプローチを可能にするからです。

営業代行サービスkey SALESでは、最適な営業戦術のご提案を無料で行っております。支援領域も幅広いため、まずはお気軽にご相談ください。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る