【2024年最新】東京都で評判・おすすめの営業代行会社15選

更新日

2024.02.01

東京の営業代行会社の種類が多くて、どこに依頼をしたら良いかわからないというお悩みをお持ちではないでしょうか?

しかし、営業代行会社を検討するにあたり、東京都には沢山の営業代行会社があってどこに依頼したらいいのか悩ましいと思います。

そこで、この記事では、東京都で評判の営業代行会社を15社ご紹介します。 弊社も営業代行サービス(key SALES)を営んでおり、営業代行会社の観点から本当におすすめできる営業代行会社を厳選してご紹介しております。

まずは、営業代行がどのようなサービスなのか、どのような費用感でご依頼できるのかが気になる方は以下の営業代行サービス概要資料をダウンロードしてください。

営業代行サービス概要資料ダウンロード(無料)▼

営業代行とは?

営業代行とは、企業が自社の製品やサービスの販売活動を専門の会社に依頼し、その会社が営業活動を代わりに行うことを指します。これは、特に新規開拓や既存顧客への営業活動を含む多くの営業プロセスを包括的にカバーします。営業代行会社は、企業の目標とニーズに応じて、戦略立案から営業プロセスの実行、結果の分析までを行います。一般的に、営業代行会社は、営業に関連する専門知識やノウハウを持っており、企業が自社の核業務に集中できるようサポートします。営業代行は、新規事業や新製品の立ち上げ、営業部門の人員不足、営業力の強化など、さまざまな状況で活用されます。

営業代行会社が対応可能な種類

営業代行会社には一般的なテレアポを始め、商談の代行等、豊富なサービスラインナップがございます。まずはどのような対応が可能なのか、プロセスの種類を解説いたします。

テレアポ代行

テレアポ代行は、電話を使ったアポイントメント取得業務を営業代行会社に委託することで、新規開拓や既存顧客との関係強化など、営業チームが本来注力すべき業務に専念できる環境を作り出します。

テレアポ代行を利用することで、専門知識を持ったプロの営業スタッフが、確固たる目標設定と戦略に基づいて、企業の製品やサービスを提案します。その結果、企業は営業活動の効率化を図るだけでなく、営業成績の向上も期待できます。しかし、全ての営業代行が良い結果をもたらすわけではありません。

インサイドセールス代行

インサイドセールス代行とは、具体的には、電話やメール、ソーシャルメディアなどを使って行われるインサイドセールスを専門的な営業代行会社に任せる形態の営業代行です。インサイドセールスは、直接顧客に会うことなく商品やサービスを提案する営業手法で、専門的なスキルやノウハウが求められます。

これらの営業代行サービスは、企業が自社のリソースを他の重要な業務に集中させることを可能にし、より効率的なビジネス運営を実現します。

商談代行

営業代行とは、企業の営業活動を営業代行会社に委託することを指します。これは、新規顧客の開拓や既存顧客との関係維持、商品やサービスの説明、契約締結までの一連の過程を含みます。このような営業活動は、企業の成長を促進し、利益を増加させるために不可欠ですが、多くの企業では自社のリソースだけでこれを行うのが困難です。そのため、営業代行会社を活用し、商談の代行を依頼するケースが増加しています。

フォーム営業代行

フォーム営業代行とは、営業代行会社が企業のお問い合わせフォームを活用した営業を代行するサービスです。これにより、企業は専門的なスキルを持つ営業チームを自社で持つことなく、営業成果を向上させることが可能となります。本記事では、営業代行のメリットやデメリット、選び方のポイントなどを詳しく解説します。また、営業代行会社の比較一覧も掲載しているので、営業代行を検討している方はぜひ参考にしてください。

営業コンサルティング

営業代行とは、企業の営業活動を外部の専門機関に委託することを指します。新規の顧客開拓や既存顧客との商談、営業戦略の立案から実行まで、多岐にわたる業務を専門的な視点から支援します。特に、営業人材が不足している中小企業や、新たな市場に参入する企業などが利用します。また、営業代行は、自社の営業力を強化するための一環として、営業のプロセスやスキル、戦略の改善に取り組む営業コンサルティングも提供します。営業代行の導入によって、企業は営業力を増強し、競争力を高めることが可能となります。しかし、一方で、営業代行にはメリットだけでなくデメリットも存在します。適切な営業代行会社の選び方や、具体的な費用相場、依頼時の注意点などを把握することで、営業代行を最大限に活用するための戦略を立てることができます。本記事では、営業代行について詳しく説明し、営業代行会社15社の比較一覧も提供します。

営業代行の活用で解決できる課題

営業活動は、企業の成長を牽引する重要な要素ですが、一方で多くの課題を抱えていることも事実です。本節では、営業代行がその課題をどのように解決するのかを詳しく説明します。

最初に挙げられる課題は、営業人材の不足です。成長企業や新興企業では営業を行う人材が十分に確保できないことが多く、これがビジネスの拡大を阻害します。営業代行を活用すれば、専門的なスキルを持つ営業人材を確保せずとも、質の高い営業活動を続けることが可能になります。

また、営業成果の不確実性も大きな課題です。自社の営業チームが持つ能力や経験によって、成果に大きなばらつきが出ることは珍しくありません。営業代行会社は一定の品質と結果を約束するため、この問題を解消します。

さらに、営業活動の効率化も重要な課題です。自社の営業チームが貴重な時間を低効率な活動に費やしている場合、営業代行を導入することで、営業プロセス全体の効率化を達成することができます。

これらは一部の例であり、他にも多くの課題が存在します。しかし、適切に活用すれば、営業代行はこれらの課題を解決し、企業の成長を支える強力なパートナーとなります。

営業代行会社・サービスを活用するメリット

営業代行会社を活用することには様々なメリットがございます。以下に一般的に営業代行会社を利用することで得られるメリットを3つに絞ってご紹介致します。

営業人材にかかるコストの削減

営業代行を利用する一つの大きなメリットとして、営業人材にかかるコストの削減が挙げられます。自社で営業担当者を雇用する場合、人件費だけでなく、教育・研修費用や福利厚生費用、さらには職場環境の整備にもコストがかかります。これに対し、営業代行を利用すると、これらの初期費用や維持費用を大幅に削減することが可能です。

さらに、営業人材の採用には時間もかかります。適任者を見つけるまでの期間、面接や採用活動にかかる時間、そして新人教育に要する時間等、これらもまた隠れたコストとなります。営業代行会社では、経験豊富な営業プロフェッショナルが即戦力として活動してくれます。

また、結果を出すためには営業スキルだけでなく、業界知識や商品知識も必要です。これらの知識を身につけるための教育・研修もコストと時間を要します。しかし、営業代行会社では、多岐にわたる業界や商品に精通した営業マンが在籍しているため、その時間とコストを節約することができます。

以上の理由から、営業代行は営業人材にかかるコストを削減する有効な手段と言えます。これにより、企業はより重要な業務に注力し、経営資源を最適化することが可能となります。

人件費を変動費化できる

営業代行会社を活用するメリットとして最も大きいものの一つが、人件費を変動費化できる点です。通常、社内に営業部門を持つと、その人件費は固定費となります。つまり、営業スタッフの給与や福利厚生費、教育費などは、業績に関係なく毎月発生します。これは企業にとって大きなリスクとなり得ます。

しかし、営業代行会社を活用することで、これらの費用を変動費化することが可能です。営業代行会社に依頼すれば、需要に応じてスケールアップやスケールダウンが可能で、業績に連動した費用とすることができます。さらに、営業をプロに任せることで、営業結果の向上も期待できます。人件費を変動費化することで、企業は経済的なリスクを軽減し、事業の安定化と成長を実現することが可能となるのです。

営業力の高い人材(セールス)に任せられる

営業代行のメリットとして最も大きいのは、専門的なスキルと経験を持つプロの営業(セールス)人材に業務を任せられる点です。営業代行会社には、多種多様な業界やビジネスモデルに精通した営業プロフェッショナルが在籍しています。彼らは日々の営業活動を通じて培ったノウハウや技術を活かし、クライアント企業の営業活動を最適化します。また、営業戦略の企画から実行、結果の分析まで一貫して手がけることで、より効果的な営業活動を実現します。

営業代行会社を利用することで、企業は自社の営業チームが抱える課題を解決できます。例えば、営業力の不足、営業戦略の立案や実行の難しさ、時間やコストの制約など、多くの企業が直面する問題を営業代行によって克服することが可能です。

さらに、営業代行会社は結果にコミットするため、成果が出なければ報酬を受け取らないという契約も一般的です。これにより、企業はリスクを抑えつつ高品質な営業サービスを受けることができます。また、専門的な営業人材に任せることで、社内のリソースを他の重要な業務に集中させることもできます。

営業代行のメリットはこれらだけにとどまりません。次の項目では、営業代行のデメリットについても詳しく説明します。

営業代行を活用するデメリット

営業代行を活用する際には、そのメリットだけでなく、デメリットも理解しておくことが肝心です。その一つ目のデメリットとしては、営業方針の違いが挙げられます。代行会社は複数の企業の営業を担当しているため、自社の営業方針と完全に一致するわけではない可能性があります。そのため、自社のビジョンや商品の特性を十分に理解してもらうための時間とコストが必要になる場合もあります。

二つ目のデメリットとしては、コミュニケーションの問題があります。営業代行会社と自社との間で情報共有が遅れると、顧客への対応に影響を及ぼす可能性があります。また、自社の営業担当者が直接顧客との関係を築く方が、長期的な信頼関係を築く上で有利といえます。

三つ目のデメリットは、費用対効果の問題です。営業代行には一定の費用がかかりますが、その投資が期待する成果をもたらすとは限りません。特に短期間で大きな成果を求める場合、期待外れの結果に終わる可能性もあります。

以上のようなデメリットを理解した上で、営業代行の利用を検討することが、失敗を避けるための重要なステップとなります。

外注体制のため営業活動が見えにくくなる

営業代行を利用することには多くのメリットがありますが、それと同時にデメリットも存在します。その一つが、外注体制による営業活動の透明性の欠如です。企業が内部で営業を行う場合、その活動は全て自社で把握することが可能です。しかし、営業代行を導入すると、その活動が外部の企業に委ねられるため、その詳細が見えにくくなる可能性があります。

通常、営業代行会社は定期的にレポートを提出し、進行状況を報告します。しかし、そのレポートには必ずしも全ての詳細が含まれているわけではありません。そのため、具体的な営業活動の内容や進行状況を詳細に把握することは困難となることがあります。これは、戦略的な意思決定を行う上で重要な情報が欠ける可能性があるため、企業にとっては大きなデメリットとなります。

また、営業活動が自社の手から離れることで、クライアントとの関係性やブランドイメージのコントロールが難しくなるという問題もあります。営業代行会社が代行する営業活動は、その会社のスタイルや方法で行われます。これが企業のブランドイメージと一致しない場合、クライアントとの間に摩擦を生じる可能性があります。

以上のように、営業代行を活用することで得られるメリットも多いですが、外注体制による営業活動の透明性の欠如は大きなデメリットと言えます。営業代行を検討する企業は、この点を十分に考慮した上で決定を下すべきです。

営業代行会社への依存度が上がりリスク化する

営業代行会社に営業プロセスを一任することで、自社の営業能力が低下したり、営業活動全体が代行会社に左右されるリスクが高まるというものです。

営業代行を長期間利用していると、自社での営業活動が疎かになり、最終的には自社の営業力が低下する可能性があります。また、営業代行会社の方針やパフォーマンスによって自社の業績が左右されるというリスクも生じます。営業は企業の成長を左右する重要な要素であるため、これらのリスクは重大な問題となり得ます。

また、営業代行会社への依存が強まると、自社のビジネスモデルや商品戦略を理解していない第三者が、企業の重要な部分である「顧客との接点」を担うことになります。これは、顧客との信頼関係の構築やブランドイメージの形成に影響を及ぼす可能性があります。

しかし、このデメリットを避けるためには、営業代行会社を利用する際には、適切なコミュニケーションや管理を行い、依存度を適切な範囲に抑えることが重要です。次章では、そのためのポイントについて詳しく説明します。

営業代行会社の選び方、重視するべき3つのポイント

営業代行会社を選ぶ際には、何を基準に選べばよいのでしょうか?本セクションでは、以下3つのポイントに絞って解説します。

ポイント1:代行内容

営業代行会社を選ぶ際の最初の重要なポイントは、その会社がどのような営業代行サービスを提供しているかを詳しく確認することです。

全ての営業代行会社が同じようなサービスを提供しているわけではなく、その範囲は広範囲に及びます。一部の会社では、既存の顧客との関係を維持するためのアフターフォロー等のカスタマーサクセス領域の支援を実施している営業代行会社もございます。

また、一方では、新たな見込み客を見つけ出すため広告・マーケティング施策の実行を支援し、リードジェネレーションを行って営業代行会社も存在しています。

他の会社では、営業戦略の立案から始まり、電話やメールでのアウトリーチ、商談の設定、クロージングまで、営業プロセス全体をカバーしている場合もあります。

これらのサービスは、あなたのビジネスにとって何が最も重要か、どの部分で最も支援が必要かによって選ぶべき内容が変わるでしょう。例えば、新規顧客獲得が目標であれば、リードジェネレーションに強い会社を選ぶべきです。一方で、既存の顧客とのより深い関係を築きたい場合は、アフターフォローに力を入れている会社が適しているでしょう。

また、自社の業種や商品、サービスに特化した営業経験がある会社を選ぶことも重要です。これは、その会社があなたのビジネスの特性と市場のニーズを理解し、適切な戦略を立てる能力があることを示しています。

以上のように、代行内容を確認することで、自社のビジネスに最も適した営業代行会社を選ぶことができます。

ポイント2:営業実績の豊富さ

営業代行会社を選ぶ際の重要なポイントとして、その会社の「実績の豊富さ」が挙げられます。実績が豊富であるとは、具体的にはどういうことなのでしょうか。それは、その会社が長い期間にわたり、多くのクライアントと取引を行い、成功を収めてきたという証明です。営業代行会社が多くのクライアントと事業を成功させてきた実績があるということは、その会社が持っている営業スキルやノウハウ、戦略の効果性を示しています。

さらに、実績の豊富さは、その会社がどのような業界や企業規模のクライアントに対しても対応できる柔軟性を示しています。その会社がこれまでに幅広い業界のクライアントと取引を成功させてきたということは、その会社が様々なビジネス環境や市場動向に対応できる能力を持っているということです。

ただし、実績の豊富さだけで会社を選ぶのは危険です。その会社が過去に成功を収めたビジネスと、あなたのビジネスが必ずしも一致するとは限らないからです。そのため、実績の詳細を確認し、その会社があなたのビジネスに適した経験とスキルを持っているかを見極めることが重要です。

ポイント3:料金形態

営業代行会社を選ぶ際の最後の重要なポイントは「料金形態」です。サービスの内容や品質はもちろん大切ですが、それらを受けるためのコストも重要な選定基準となります。営業代行会社が提供する料金形態には、固定費型と成功報酬型の2つが主にあります。

固定費型の場合、契約期間やサービス内容に関わらず固定の費用が発生します。これは予算管理がしやすい反面、結果に対する保証がないことがデメリットとなることもあります。一方、成功報酬型は成果が出た場合のみ料金が発生する形態で、結果に直結するためモチベーションの維持に有効ですが、成功した場合の料金が高額になる可能性もあります。

また、これらの料金形態を組み合わせたハイブリッド型も存在します。固定費で基本的なサービスを受けつつ、成功報酬で追加の成果を出すという形です。これにより、予算管理と成果のバランスを取ることが可能となります。

料金形態を選ぶ際には、自社の予算、営業目標、リスク許容度などを考慮に入れることが必要です。また、料金だけでなくサービス内容やサポート体制も比較し、自社に最適な営業代行会社を選ぶことが重要です。

【厳選】営業代行会社15社比較一覧

営業代行会社は数多く存在し、その中で自社のニーズに最適なパートナーを見つけることは容易なことではありません。ここでは、業界内で評価が高い15社の営業代行会社をピックアップし、それぞれの特徴、提供サービス、料金体系などを比較しました。これらの情報を元に、あなたが最適な営業パートナーを選ぶ際の参考になれば幸いです。

広告・マーケティング領域の支援も可能な営業代行会社

東京都でセールスだけでなく、マーケティング領域における支援経験も方な企業をご紹介させていただきます。

key SALES(キーセールス)|PR

key SALES|イチ押しPOINT

※弊社のご紹介で恐縮ですが
・完全オーダメイドな営業支援サービス
・自社開発の複業プラットフォームを活用した採用力で、厳選されたトップセールスが支援
・プロジェクトマネージャー制度による、高い営業戦略立案力

key SALES(キーセールス) は、テレアポやフォーム営業を実施するだけでなく、LP制作、リスティング広告等マーケティング領域における支援も可能です。自社開発のマッチングプラットフォームがあるため、採用力が高く、厳選されたトップセールスが実行支援を致します。また、経験豊富なプロジェクトマネージャーが戦略立案から実行マネジメントを行うため、成果の出る施策だけを提案させて頂きます。

一般的な営業代行サービスは提案バラツキを防ぐため、パッケージングがされているケースも多く、カスタマイズ制が低いことが多いです。

key SALESでは業界・業種・規模問わず、様々な企業の営業を代行してきましたが、ご相談の初期フェーズでは企業様が想定されている営業施策と、実際に必要な営業施策との間にズレが生じているケースが大半です。

key SALESではプロジェクトマネージャーが現状を深く、理解し、非常に豊富な打ち手の中から、貴社に合致した施策を完全オーダーメイド型でご提案が可能です。

key SALES(キーセールス)の概要・特徴・費用相場

URLhttps://key-sales.jp                       
TEL03-4400-6494
実績SNS運用代行会社
システム開発会社
人材サービス会社
他多数制作
相場フォーム営業だけのシンプルな営業代行「10,000円~」
アポ獲得から商談代行まで、営業代行支援「100,000円~500,000円」
CRM導入・営業体制構築等のコンサルティングサービス「500,000円~」

営業戦略に関する無料相談にお申し込み▼

上場もしているおすすめの営業代行会社一覧

信頼性と実績が求められる営業代行サービス。その中でも、特に信頼性が高いとされるのが上場企業による営業代行サービスです。株式市場に上場しているということは、その会社が一定の規模と信用力を持っていることを示しています。また、上場企業は株主に対する責任もあり、企業経営に透明性が求められます。そのため、サービスの品質や安定性が期待できると言えるでしょう。ここでは、そんな上場しているおすすめの営業代行会社を一覧形式でご紹介します。

セレブリックス

セレブリックスは、営業代行および営業コンサルティングを提供する企業です。1,200社以上の支援実績を持ち、経験豊富な営業チームが、リード獲得から受注までの全プロセスをサポートします。実践型の営業コンサルティングを通じて、営業力の向上と組織の問題解決を図ります。また、上場もしている大手企業です。

セレブリックスのイチ押しPOINT

・1,200社以上の支援実績
・リード獲得から受注まで全面支援
・プロジェクトマネージャー制度による、高い営業戦略立案力

URLhttps://www.eigyoh.com/                       
TEL03-4405-2671
実績企業向け営業支援、多岐にわたる業界での実績(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: セレブリックス

アイドマホールディングス

アイドマホールディングスは、BtoB企業向けの営業・事業支援を専門に行う企業です。AIを活用したテストマーケティングで最適なアプローチリストを抽出し、営業戦略の立案から実行、検証、改善までをワンストップでサポート。延べ7,500社以上の営業支援実績を持ち、成功パターンの構築に注力しています。

営業代行会社としてのポイント

・AIによる最適なアプローチリスト抽出
・営業戦略のワンストップサポート
・多数の営業支援実績(上場企業で安心の支援体制)

URLhttps://www.aidma-hd.jp/                      
TELウェブサイトでの確認が必要
実績企業向け営業支援、多岐にわたる業界での実績(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: アイドマホールディングス

BtoB企業に特化をしているおすすめの営業代行会社一覧

多くの営業代行会社がBtoB企業の支援比率が高い傾向がございますが、そんな中でもBtoBに特化したおすすめの営業代行会社を一覧形式でご紹介いたします。自社で営業代行会社への依頼を検討している企業様でBtoBの業態であればおすすめの一覧です。

セイヤク

セイヤクは、BtoBビジネスに特化した営業代行サービスを提供しています。営業リストの作成からクロージングまで、多角的な営業アウトソーシングサービスを提供し、企業の営業活動を包括的にサポートします。営業力のある人材で構成された専門チームが、顧客の課題に応じた柔軟なソリューションを提供します。

営業代行会社としてのポイント

・BtoB特化の営業代行会社
・営業リスト作成からテレアポ、クロージングまで対応可能
・専門チームによる柔軟なソリューション提供

URLhttps://seiyaku-sales.jp/                 
TEL03-6746-2006
実績企業向け営業支援、多岐にわたる業界での実績(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: セイヤク

アイランドブレイン

アイランドブレインは、BtoB専門の営業代行サービスを提供する会社です。新規顧客開拓に特化し、成果報酬型の料金体系を採用しています。専門的な営業マンが顧客獲得の初期アプローチを代行し、高品質な商談の獲得をサポートします。

営業代行会社としてのポイント

・BtoB専門の営業代行会社
・成果報酬型対応の料金体系
・高品質な商談獲得に注力

URLhttps://www.islandbrain.co.jp/                
TEL0120-252-764
実績企業向け営業支援、多岐にわたる業界での実績(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: アイランドブレイン

ナビパートナーズ

ナビパートナーズは、営業代行、受託事業、人材紹介を中心としたビジネスサポートサービスを提供しています。BtoB専門の電話アポイントから商談、成約、受注、アフターフォローまで全てを代行するサービスが特徴です。企業の売上・収益向上に貢献し、企業を元気にするためのサポートを行います。

営業代行会社としてのポイント

・BtoB専門の営業代行会社
・売上・収益向上への貢献
・受付・秘書などの多角的サポート

URLhttps://navi-p.co.jp/              
TEL0120-202-013
実績企業向け営業支援、多岐にわたる業界での実績(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: ナビパートナーズ

成果報酬型での依頼が可能なおすすめの営業代行会社一覧

成果報酬型の営業代行を探している企業にとって、最適なサービスを提供している会社の一覧を提供します。成果報酬型とは、成果が出た時だけ報酬を支払う形式のことで、成功しなかった場合には費用を抑えることができます。この方式を採用している代行会社は、自社の能力に自信を持っており、依頼者の負担を軽減して営業活動を支援します。しかし、全ての営業代行会社が成果報酬型を提供しているわけではないため、適切なパートナーを見つけることが重要です。ここでは、成果報酬型の営業代行サービスを提供している優れた会社を厳選して紹介します。

エグゼクティブ

エグゼクティブは、法人向けに新規営業代行を提供するサービスです。豊富なノウハウを駆使し、成功報酬型の料金体系で営業活動をサポートすることが可能です。各専門部隊が顧客のニーズに合わせた効果的な営業活動を展開し、ビジネス成長を促進します。

・BtoB専門の営業代行会社

営業代行会社としてのポイント

・法人向け新規営業代行
・成功報酬型料金体系
・豊富なノウハウと専門部隊

URLhttps://www.executive.jp/           
TELサイト上での確認が必要
実績実績: ソフトウェア会社、業務用DVD制作会社、情報・通信会社など多岐にわたる実績あり(具体的な実績はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: エグゼクティブ

コミットメントΣ(シグマ)

コミットメントΣ(シグマ)は、完全成果報酬型のBtoB営業代行サービスを提供しています。主にテレアポ代行や訪問営業代行を行い、売り上げに対する成果報酬のみの料金体系が特徴です。商談から受注、入金催促までの全プロセスを代行し、高品質な営業支援を実現します。

営業代行会社としてのポイント

・完全成果報酬型の営業代行
・テレアポから訪問、受注まで全面支援
・高い営業効率と成果の実現

URLhttps://www.commitmentholdings.com/eigyo/           
TEL0120-345-323
実績サイト上での確認が必要
相場成果報酬に基づく料金設定(詳細はウェブサイト参照)

ウェブサイトURL: コミットメントΣ(シグマ)

グローバルステージ

グローバルステージは、新規事業の立ち上げや営業代行を専門に行う会社です。特に不動産業界や商業施設向けサービスでの実績が豊富で、多様な業界に対応した営業戦略を提供します。実績豊富な営業チームが、企業の成長をバックアップします。

営業代行会社としてのポイント

・新規事業立ち上げ支援
・不動産業界などへの豊富な実績
・多様な業界への営業戦略提供

URLhttps://www.global-stage.net/          
TEL03-5422-8138
実績商業施設向け店舗出店交渉、不動産会社向けアウトソーシングサービスなど(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: グローバルステージ

コンフィデンス

コンフィデンスは、営業代行と営業戦略の策定を主軸にしたサービスを提供する会社です。新規事業立ち上げ代行や営業一括代行、事業再構築代行など、幅広いニーズに対応。豊富な経験と専門知識を持つプロフェッショナルチームが、事業成長をサポートします。

営業代行会社としてのポイント

・営業戦略の策定と実行
・新規事業立ち上げ支援
・経験豊富なプロチーム

URLhttps://www.global-stage.net/          
TEL03-5114-3071
実績テクノロジー企業、大手企業の新規事業部門など(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: コンフィデンス

インサイドセールス・テレアポ代行におすすめの営業代行会社一覧

インサイドセールスとは、オフィス内から電話やメールなどを使って顧客との商談を進める形式の営業手法です。特に、新型コロナウィルスの影響でテレワークやリモートワークが一般化した現代では、インサイドセールスの重要性が高まっています。しかし、インサイドセールスを実践するには、適切なスキルやツール、そしてそれらを使いこなす経験が必要です。そこで、今回はインサイドセールスの代行に力を入れている営業代行会社を一覧にて紹介します。

SORAプロジェクト

SORAプロジェクトは、インサイドセールスとテレアポ代行を中心とした営業代行サービスを提供しています。新規顧客開拓を効率化し、商談率の向上を目指す企業に最適なソリューションを提案。データ駆動型のアプローチにより、具体的な成果を目指します。

営業代行会社としてのポイント

・インサイドセールス・テレアポ代行
・新規顧客開拓の効率化
・データ駆動型アプローチ

URLhttps://sora1.jp/         
TELサイト上での確認が必要5114-3071
実績企業向け商談機会の創出、多岐にわたる業界での成功事例(詳細はサイト参照)
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: SORAプロジェクト

ビーモーション

ビーモーションは、営業および販売促進に特化したアウトソーシング事業を展開しています。特に小中規模の企業や大手メーカーとの実績があり、経験豊富な人材とノウハウを提供します。営業販売活動を中心としたサービスにより、企業のビジネス底上げを徹底的にサポートします。

営業代行会社としてのポイント

・営業・販売促進に特化
・多様な規模の企業への対応
・経験豊富な人材の提供

URLhttps://www.bemotion.co.jp/       
TEL03-5979-7100
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: ビーモーション

ウェビー(TORUDE)

ウェビーのTORUDEは、成約を目指した営業代行サービスを展開しています。インサイドセールスを中心に、成約率の高いアポイント獲得に特化しています。営業ノウハウの体系化や営業の内製化をサポートすることで、企業の営業活動の効率化と成果の向上を目指します。

営業代行会社としてのポイント

・成約率重視のアポイント獲得
・営業ノウハウの体系化サポート
・営業の内製化を促進

URLhttps://torude.biz/      
TEL03-6280-4361
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: ウェビー(TORUDE)

インプレックスアンドカンパニー

インプレックスアンドカンパニーは、営業の課題解決を目的としたコンサルティングサービスを提供しています。マネジメントアウトソーシングやビジネスユニットアウトソーシングを通じて、顧客の組織強化と成果創出を支援。具体的なビジネスニーズに応じた多様なソリューションを提案します。

営業代行会社としてのポイント

・営業課題の総合的な解決
・マネジメント・営業部隊のアウトソーシング
・顧客ニーズに対応した多様なソリューション

URLhttps://www.imprexc.jp/     
TELサイト上での確認が必要
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: インプレックスアンドカンパニー

DORIRU株式会社

DORIRU株式会社は、新規開拓を支援する営業代行サービスを提供しています。ABM戦略に基づいたアプローチで、中堅から大手企業まで幅広く対応。専門性の高いメンバーによる営業体制構築と商談獲得支援が特徴です。新規事業のテストマーケティングからスケールアップまで、トータルな営業支援を行います。

営業代行会社としてのポイント

・中堅〜大手企業へのABM戦略
・専門性高い営業体制構築支援
・新規事業のテストマーケティング

ウェブサイトURL: DORIRU株式会社

URLhttps://doriru.co.jp/
TELサイト上での確認が必要
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

アンビエント

アンビエントは、法人向けテレアポ代行と営業代行を専門に行うサービスです。特にBtoB領域での新規顧客開拓に強みを持ち、専任オペレーターによるテレアポを行っています。マーケティングデータを基に効率的なアプローチを実現し、高いアポイント獲得率を誇ります。

営業代行会社としてのポイント

・BtoB領域でのテレアポ代行
・専任オペレーターによる効率的なアプローチ
・高いアポイント獲得率

URLabout:blank
TEL03-6384-2886
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ウェブサイトURL: アンビエント

営業代行会社への依頼でよくある失敗事例

本記事を執筆している弊社も営業代行サービスkey SALESを展開しております。以下に弊社がよく遭遇する失敗談をご紹介させて頂きます。

間違った営業施策の実行を依頼してしまう

自社の状況を正確に把握せず、間違った施策を依頼してしまうというケースです。例えば、自社商品の特性やターゲットとなる顧客層、市場環境などを考慮せずに、一般的な営業手法や他社が成功した手法をそのまま取り入れようとしたりするケースが該当します。ヒアリングを進めると、実はペルソナが間違っているといった事例や、手紙等のコストがかかる施策をテストマーケティングフェーズで活用したりしてしまっているケースが多いです。

ますは、営業代行会社に相談し、現状実施している施策等を説明した上で、最適な戦術を設計してもらうことを推奨しております。

弊社では、無料のご相談を頂けたお客様に完全オーダーメイドの営業戦略を解説した資料を無料提供しておりますので、まずはご相談ください。

営業代行に関するよくあるご質問

本記事を執筆している弊社も営業代行サービス「key SALES」を展開しております。実際に現場で営業代行支援を実施している弊社がよくあるご質問と回答を記載させて頂きます。

営業代行を利用するメリットとデメリットは何ですか?

営業代行を利用することで得られるメリットとデメリットについて、多くの企業オーナーや経営者が気になる点です。まず、メリットとしては、一つには専門的な営業スキルと経験を持つプロの営業チームに業務を委託することで、営業結果の向上が期待できます。特に、営業力が社内に不足している場合や、新たな市場に参入する際には大きな助けとなるでしょう。また、営業代行を利用することで人件費や教育コストを削減でき、経営リソースを他の重要な業務に集中させることも可能です。

一方で、デメリットとしては、営業代行会社によっては自社の商品やサービス、企業文化を十分に理解してくれない場合があります。これは、長期的な顧客関係構築やブランドイメージの確立に影響を及ぼす可能性があります。また、営業代行業者とのコミュニケーションが不十分だと、目指すべき営業目標への理解がズレてくることも考えられます。

以上のように、営業代行利用のメリットとデメリットは明確に存在します。自社の経営状況や目指すべき目標、リソースの有無を考慮し、最適な選択を行うことが重要です。

営業代行の費用相場

営業代行の費用は会社によって大きく異なるため、その相場を理解することは非常に重要です。このセクションでは、営業代行の費用相場について詳しく掘り下げ、それがどのように計算されるのか、また、どのような要素が費用に影響するのかを解説します。また、費用対効果を最大限に引き出すためにどのような点に注意すべきかについても具体的に解説します。

営業代行サービスの費用は、基本的にはサービスの内容や規模、期間などによって変わります。一部の営業代行会社では、成功報酬型の料金設定をしている場合もあります。これは、成果が出た場合にのみ料金が発生するというもので、リスクを抑えつつ営業活動を行うことができます。しかし、その一方で成功報酬型の場合、契約内容によっては高額な費用が発生する可能性もあります。

また、営業代行を依頼する際には、透明性のある料金設定をしている会社を選ぶことが大切です。料金設定が明確でないと、後から予期しない費用が発生することもあります。そのため、契約前に詳細な見積もりを取得し、どのようなサービスにどれだけの費用がかかるのかをしっかりと理解しておくことが必要です。

以上のように、営業代行の費用相場は多くの要素によって変動します。そのため、自社のニーズに最も適したサービスを選ぶためには、複数の営業代行会社から見積もりを取得し、比較検討することが推奨されます。

固定報酬型

固定報酬型とは、営業代行会社が提供するサービスの結果に関わらず、あらかじめ決められた金額を支払うタイプの費用形態を指します。この方式は、費用を予め把握できるため、予算管理がしやすいというメリットがあります。しかし、結果に対する保証がないため、実際には高額な費用が発生する可能性もあります。

費用相場としては、月額数十万円から数百万円の範囲で多くの会社がサービスを提供しています。この費用には、営業活動の企画、ターゲットのリスト作成、アプローチ方法の決定、営業ツールの準備、営業員のトレーニングなど、営業代行サービスを提供するための一連の作業が含まれています。

また、一部の会社では、初期費用としてセットアップ費用を請求する場合もあります。これは新規プロジェクトの立ち上げや初期設定にかかるコストをカバーするもので、一般的に数十万円から数百万円が相場となっています。以上のことを考慮に入れつつ、自社の予算とニーズに合った営業代行会社を選ぶことが重要です。

成果報酬型

営業代行の費用相場について考える際に避けて通れないのが、成果報酬型の営業代行も存在するという事実です。このタイプの営業代行は、文字通りその名の通り、会社が代行業者に支払う費用が、営業活動の結果、つまり売上や取引の成立数などの成果に連動する形のものを指します。

成果報酬には受注時に課金が発生する形式や、商談実施時に課金発生するものや、レベニューシェア系形式のもの等複数のパターンもございます。

そのため、費用の相場は一律ではなく、業績により変動するのが特徴です。この方式を採用することで、営業活動の結果が出るまでコストを抑えられるメリットがあります。しかし、成功報酬が高額になる場合や、売れずに全く稼働しなくなるケースがあるため、予算管理には注意が必要です。

また、成果報酬型の営業代行を選ぶ際は、具体的な報酬体系や成果目標の設定方法も確認することが重要です。そして、代行業者との契約時には、これらの点を明確にしておくことで、後々のトラブルを防ぐことができます。

複合型(固定報酬+成果報酬型)

固定された月額料金と、成果(契約締結や見込み客獲得など)に応じた追加の報酬が組み合わさった形式です。固定報酬は、営業活動にかかる基本的な人件費や運営費をまかなうためのもの。一方、成果報酬は、具体的な成果を上げた際に支払われるインセンティブとなります。

複合型は、依頼者と代行会社双方にメリットがあります。依頼者は、固定費を最小限に抑えつつ、実際の成果に応じて報酬を払うことが可能。一方の代行会社は、成果を上げることで追加の報酬を得ることができ、結果を出す動機付けに繋がります。費用相場は、依頼内容や業界、獲得する見込み客の難易度などにより変動しますが、一般的に月額数十万円から数百万円、成果報酬は契約金額の一定割合(例えば10~20%)が一般的です。

ただし、これはあくまで一例であり、具体的な金額は代行会社との交渉次第となります。

営業代行会社に依頼時に注意するべき5つのポイント

営業代行会社に依頼をする際には、準備が必要です。以下、営業代行会社への依頼時に注意するべきポイントを5つにまとめて解説しております。これらの注意点を押さえつつ、自社に最適な営業代行を選ぶことで、ビジネスの成長を促進することが可能となります。

自社の商材を得意領域としている営業代行を選ぶ

営業代行会社を選ぶ際には、自社類似商材に近い実績が豊富な営業代行会社を選ぶことが重要です。なぜなら、自社の商品やサービスを理解し、適切なアプローチができる代行会社は、効果的な営業活動を展開できるからです。例えば、ITソリューションを提供している企業は、ITに詳しい営業代行会社を、不動産業者は不動産に精通した営業代行会社を選ぶべきです。

また、自社の事業を得意とする営業代行を選ぶ際には、実際に担当する営業担当(セールス)がどのような経歴を持っているか、過去の実績はどうか、クライアントの評価はどうかなどを確認することが大切です。

営業ディレクターの経歴は十分でも実際にテレアポや新規開拓業務を実行する営業担当(セールス)は経歴がいまいちであるといったケースが散見されます。

以上のように、自社の事業を得意とした営業代行会社を選ぶことは、効果的な営業活動を展開し、自社の成長を促進するために重要なポイントです。あなたのビジネスに最適な営業代行会社や営業担当者(セールス)を見つけ、一緒に成功への道を歩みましょう。

成果地点を明確にしておく

営業代行会社に依頼をする際には、何をもって「成功」と定義するかを明確にしておくことが非常に重要です。この「成功」の指標を成果地点と言います。

例えば、「3ヶ月後に新規顧客を50件獲得する」、「1時間のテレアポで20コールを実施する」など、具体的な数値目標を設定するのが一般的です。ただし、成果地点を設定する際には、現実的な目標を立てることが大切です。過度に高い目標を設定すると、営業代行会社が無理な営業活動を行い、結果的に品質の低い顧客を獲得することになりかねません。

また、目標達成のための具体的な行動計画も併せて作成し、営業代行会社と共有することで、目標達成に向けた効果的な営業活動が行えるでしょう。成果地点を明確にすることで、営業代行会社との間で期待値を一致させ、パートナーシップを強化することが可能になります。これは、営業代行を成功させるための重要なポイントと言えるでしょう。

定量的な情報だけでなく、定性的な情報も評価をする

営業代行会社の結果を評価する際には、定量的な情報だけでなく、定性的な情報も重視することが重要です。例えば、契約数や収益増加率などの定量的な結果はもちろん重要ですが、それだけでなく営業代行会社がどのようなアプローチを行ったのか、クライアントに対する対応は適切だったのかなど、定性的な観点からも評価することが求められます。

次に、営業代行会社が提供しているサービスの内容を理解し、自社のニーズに合っているかを確認することも大切です。具体的には、どのような業界や商品に対する経験があるのか、どのような手法で営業を行うのか、報告体制はどのようになっているのかなどを確認することが必要です。

以上、営業代行を依頼する際の注意点4つについて解説しました。これらを理解し、適切に行動することで、営業代行の活用による成果を最大限に引き出すことが可能となります。

営業代行会社だけの営業活動に依存しない

営業代行会社を利用することで、様々なメリットを享受できますが、それだけに頼り過ぎることはリスクを伴います。営業代行はあくまでサポートの一環であり、自社の営業力を向上させるためのツールの一つであることを忘れてはなりません。

営業ノウハウ等が全て営業代行会社だけに蓄積されてしまうと、自社の営業力が高まらないまま、アウトソーシングのコストだけが増加していきます。

最終的にはインハウス化を見据え、自社の営業力を磨くことが最も重要です。

テレアポ・商談等を実際に担当するメンバーと面談する

営業代行を依頼する際の重要なポイントのひとつが、実際にテレアポや商談を担当するメンバーとの面談です。なぜなら、彼らの能力や適性、プロフェッショナリズムが直接営業結果に影響を与えるためです。面談を通じて、メンバーのコミュニケーションスキルや営業知識、業界知識を確認しましょう。また、彼らがあなたのビジネスや製品、サービスについてどれだけ理解しているかを確認することも重要です。十分な理解がなければ、顧客に対して適切なアプローチや説明ができません。

さらに、営業スタイルのマッチングも確認するべきです。あなたの会社が提供する製品やサービス、ターゲットとする顧客層によっては、アグレッシブな営業手法が必要な場合もあれば、慎重で誠実なアプローチが求められる場合もあります。したがって、代行会社の営業スタイルがあなたのビジネスに適しているかを把握することは、成功を左右する重要な要素となります。

最後に、メンバーとの面談を通じて、その人があなたのビジネスに対してどれだけ熱意を持っているかを見極めることも大切です。結果を出すためには、単なる仕事としてではなく、パートナーとして一緒に成長していく意欲が求められます。

まとめ

本記事では、営業代行とは何か、その対応可能種類、解決できる課題、活用のメリットとデメリット、そして選び方の重視ポイントを詳しく解説しました。さらに、厳選した15社の営業代行会社の比較一覧や、上場企業やBtoB企業に特化した営業代行会社の一覧をご紹介しました。また、営業代行に関するよくある質問や費用相場、依頼時の注意点についても触れています。

営業代行は、成果を上げるためには適切な会社選びが重要であり、その際には確かな情報と知識が必要となります。本記事が、営業代行会社を選ぶ際の参考になれば幸いです。また、営業代行を活用することで、自社の営業力向上や業績向上につながる可能性があります。

しかし、一方でデメリットも存在します。それを理解した上で、自社のニーズや状況に合った最適な営業代行会社を選ぶことが大切です。また、費用や依頼時の注意点も理解しておくことで、後々のトラブルを避けることが可能となります。

営業代行を上手く活用し、ビジネスの成功に繋げていきましょう。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る