【2024年最新版】お問合せフォーム営業のメリットデメリットは?フォーム営業代行会社おすすめ11選と比較ポイントを解説

更新日

2024.03.28

新規顧客の開拓には、テレアポ・訪問・メールを使ったアプローチが一般的です。ただしこれらは人件費が発生するアプローチ方法となり、営業マンは成果を高く出すために、これらの手法よりも既存顧客から紹介を貰うことに注力される営業担当もいることでしょう。

その中で今、営業手法で当たり前となりつつある手法が「お問い合わせフォーム営業」です。

本記事は営業代行サービスkey SALESを運営する担当者が、お問い合わせフォーム営業の概要やメリット・デメリットの解説と、おすすめのお問い合わせフォーム営業代行会社をご紹介しますので、お問い合わせフォーム営業の導入を検討している担当者は是非参考にしてください。

フォーム営業の代行をお願いする場合、「いくらかかるのか相場が気になる」「まずはサービス資料を見てみたい」という方は以下よりサービス資料をダウンロードしてください。

営業代行サービスkey SALES概要説明資料ダウンロード(無料)

お問い合わせフォーム営業とは?

企業のウェブサイトやランディングページに設置されたお問い合わせフォームを通じて営業活動を行う方法のことを指します。インターネットが普及した現代において、お問い合わせフォームは、企業と顧客が直接コミュニケーションを取る上で非常に重要な役割を果たしています。

一昔前までは、電話や直接訪問による営業が主流でしたが、今日ではデジタル化が進み、顧客が自身の都合に合わせて情報を得たり、フォームから問い合わせをすることが可能となりました。このような背景から、お問い合わせフォーム営業はその重要性を増してきています。

お問い合わせフォーム営業は、顧客から直接問い合わせがあった場合に限らず、フォームを通じて提供される各種情報(例えば、資料請求、メールニュースの購読申し込み、キャンペーンへの参加など)を活用して、新たな営業チャンスを探り出すことも可能であるおすすめ手法です。

お問い合わせフォーム営業を行うメリットは?

フォーム営業 メリット

お問い合わせフォーム営業を行うと、メリットは主に下記の3つです。
それぞれ詳細をご説明します。

お問合せフォーム営業のメリット

・短期間で多くの企業へ営業できる
・アポイントの質が高い
・営業における人件費の削減

短期間で多くの企業へ営業できる

お問い合わせフォーム営業のメリットは、その効率の良さにあります。この手法を用いれば、物理的な移動時間を気にすることなく、一日に多数の企業に対して営業活動を行うことが可能になります。特に、新規顧客の獲得を目指すスタートアップや、広範囲にクライアントを持つ企業にとっては、一対一での対面営業よりも効果的な手段と言えるでしょう。

また、お問い合わせフォーム営業には、時間と場所に縛られずに営業活動が行えるという利点もあります。これにより、営業マンの労働時間をより柔軟に調整することが可能となり、生産性の向上にも寄与します。さらに、相手の会社のWebサイトを訪れてその業界やビジネスモデルを理解した上で、よりターゲットに合わせたアプローチが可能となります。

さらに、お問い合わせフォームからの営業は、既存のCRM(Customer Relationship Management)システムにも容易に組み込むことができます。これにより、営業活動の履歴や結果を一元管理し、効果的なフォローアップを行うことも可能となります。

これらのメリットを活かすことで、お問い合わせフォーム営業は、短期間で幅広い企業に対し効果的な営業を展開する強力なツールとなり得ます。

アポイントの質が高い

お問い合わせフォーム営業を行うメリットは、アポイントの質が高いという点にあります。営業は、数ある手法の中でも、顧客との直接的なコミュニケーションを通じて商品やサービスの価値を伝え、購買意欲を喚起する重要なプロセスです。しかし、伝統的な電話や訪問営業では、アポイント獲得率の相場は1%~3%とされていますが、顧客が忙しくて話を聞いてくれない、あるいは断られるなど、担当者接続後もアポイント取得までのハードルが高いケースも少なくありません。

一方、お問い合わせフォーム営業では、アポイントの獲得率は0.1%~1%が相場であり、元来のテレアポなどより獲得率は劣るものの、顧客自身が商品やサービスに関心を示し、自発的に情報を求めてくるため、アポイント獲得は決裁に近しい担当者がベースとなることから、アポイントの質が高くなります。これは、顧客が既にある程度の関心やニーズを持っているからこそ、自己の意志で問い合わせを行うからです。そのため、営業担当者は購買意欲を喚起するための説明を行う時間をより有意義に使うことができます。

また、お問い合わせフォームを通じて得られる顧客情報は、その後の営業活動やマーケティング戦略に活用できる貴重なデータとなります。これにより、より効果的な営業活動を展開することが可能となり、結果的には売上や利益の向上に寄与します。

営業における人件費の削減

お問い合わせフォーム営業のメリットは、営業マンの人件費を大幅に削減できることです。一般的な営業活動では、営業マンが直接顧客や見込み客と会うために、交通費や時間、さらにはコミュニケーションに必要な人的リソースが必要となります。これらは結果的に企業の人件費を増大させます。

しかし、お問い合わせフォーム営業の場合、これらのコストを大幅に削減することが可能です。お問い合わせフォームを設置するだけで24時間365日、顧客からの問い合わせを受け付けることが可能になります。これにより、営業マンが対面で行っていた業務を自動化することができ、人件費の削減に直結します。

また、顧客からの問い合わせ内容に応じて自動的に営業マンへ振り分けるシステムを導入することで、営業マンの業務効率も大幅に向上します。これにより、無駄な業務時間を削減し、重要な営業活動に集中できる時間を増やすことが可能になるのです。

お問い合わせフォーム営業を行うデメリットは?

フォーム営業 デメリット

お問い合わせフォーム営業が持つメリットについて、前のセクションで詳しく説明しました。しかし、どんな手法にも必ずデメリットが存在します。主にデメリットは下記の3つです。
お問い合わせフォーム営業を効果的に行うためには、これらのデメリットを理解し、適切に対策を練ることが重要です。

お問合せフォーム営業のデメリット

・営業先リストの作成に時間がかかる
・お問合せフォームの入力や送信に時間がかかる
・クレームを受ける可能性がある

営業先リストの作成に時間がかかる

お問い合わせフォーム営業を行うためには、まず潜在的な顧客を見つけ出し、その情報をリストアップする作業が必要となります。これは、個々の企業のウェブサイトを見つけ出すだけでなく、それぞれのウェブサイトからお問い合わせフォームへのリンクを見つけ、それらを一覧にまとめる作業を伴います。このプロセスは非常に時間がかかり、営業の実行に向けての準備期間が長くなるというデメリットがあります。

また、このリスト作成作業は一度だけで終わりではなく、定期的に更新を行う必要があるため、継続的な手間が発生します。これにより、営業活動に直接結びつく時間が削られるという問題も生じます。また、リスト作成に関する専門知識がないと、効率的なリスト作成が難しくなるという課題もあります。これらの問題は、お問い合わせフォーム営業の効率性や効果を大きく左右する可能性があります。

お問い合せフォーム営業を行う際に入力や送信に時間がかかる

顧客へのアウトリーチの一環としてお問い合わせフォームを利用する場合、必要な情報を全て入力し、それを送信するまでには相応の時間が必要となります。これは特に大量のリードに対して行う営業活動においては、その時間が蓄積し、大きな非効率となる可能性があります。

さらに、フォームの設計や内容によっては、エラーメッセージが表示されたり、送信がうまくいかないといったトラブルに見舞われることもあります。これらの問題は、営業活動を停滞させるだけでなく、顧客からの信頼を損なう可能性もあります。

クレームを受ける可能性がある

お問い合わせフォーム営業のデメリットについて考える際、最も大きなリスクとして挙げられるのがクレームを受ける可能性です。なぜなら、お問い合わせフォームからの営業は、顧客からの直接的な要請や同意を得ずに行われるケースが少なくないため、その行為が顧客の不快感を引き起こし、結果的にクレームに繋がる可能性があります。

また、不適切なタイミングや方法での接触は、企業のブランドイメージを損なうリスクも伴います。無分別な営業活動は顧客の信頼を失うだけでなく、それがSNSなどで拡散されるとなると、そのダメージは計り知れません。

このように、お問い合わせフォーム営業は収益増加の手段として有効な一方で、その実施方法によっては大きなデメリットを伴う可能性があるため、慎重な検討と適切な戦略が必要となります。次の章では、これらのデメリットを軽減するための方法として、お問い合わせフォーム営業代行を活用することのメリットについて詳しく説明します。

お問い合わせフォーム営業を行うなら営業代行を活用することがオススメ

お問い合わせフォーム営業は一見簡単に見えますが、実際には手間と時間がかかる作業です。そのため、この営業方法を最大限に活用するためには、営業代行サービスを活用することを強く推奨します。営業代行業者は、あなたの代わりにお問い合わせフォームからのリードを追跡し、それに対応することで、あなたの時間と労力を節約することができます。

また、営業代行業者はプロフェッショナルな営業パーソンが揃っているため、効果的な営業戦略を提案してくれるでしょう。お問い合わせフォーム営業を行うなら、営業代行を活用することで、より効率的な営業活動を実現することができるのです。次のセクションでは、おすすめのお問い合わせフォーム営業代行業者を11社ご紹介します。

おすすめのお問い合わせフォーム営業代行業者11選

ビジネスの拡大と売上向上を目指す企業にとって、お問い合わせフォーム営業は重要な手段となります。しかし、すぐれた営業スキルやリソースが不足している場合、営業代行業者の利用が考えられます。ここでは、信頼性、実績、コストパフォーマンスなどを基準に選び抜かれた、おすすめのお問い合わせフォーム営業代行業者11社をそれぞれポイントや1件あたりの送信単価をご紹介します。

これらの業者は、独自の戦略やツールを駆使して、お問い合わせフォームからのリードを最大限に活用し、ビジネスの成長をサポートします。また、各業者の特徴やサービス内容を詳しく解説し、自社のニーズに最適な業者を見つけるための参考情報を提供します。どの業者も一長一短がありますので、自社のビジネスモデルや目標に最も合致した営業代行業者を選ぶことが重要です。ベストなパートナーを選び、お問い合わせフォーム営業の成功を手に入れましょう。

key SALES|最新ツールによるフォーム営業代行

営業代行 key SALES

最新のツールを使用し、企業のお問い合わせフォーム営業を全面的にサポートします。戦略設計からフォローコール、さらには商談まで、幅広い領域での支援を行うことが可能です。また、オーダーメイド型の営業代行サービスを提供しており、企業のニーズに合わせた最適な営業戦略を設計します。

おすすめポイント

・保有リストの活用費無料
・文面構成費無料
・「営業お断り」文面は機械が検知するためクレームリスクを低減
・ツールを活用するため1件あたりの送信コストが安価・保有リストの活用費無料

運営会社for,Freelance株式会社
TEL03-6455-1135
単価フォーム送付1件:〜3円
料金プラン・カスタマイズ型
フォローコールや最新リスト作成費に応じたプラン設計
 カスタマイズ事例①:100,000円
  ┗初期費用:0円
  ┗送信件数:30,000件
 カスタマイズ事例②:50,000円
  ┗初期費用:20,000円
  ┗送信件数:10,000件
  ┗最新リスト作成:2000件
契約期間3ヶ月〜
最低送付件数なし

SakuSaku|寝てても商談がサクサク獲れる問合せフォーム営業代行

SakuSaku

「SakuSaku」は、厳しい審査を通過したプロの営業アシスタントが、営業リストの作成からチャットサポートまでを一手に担当し、あなたの代わりに迅速かつ効率的に営業活動を進めます。特に、人間が直接送信作業を行うため、送信成功率が非常に高いという大きな特徴があります。
このサービスは、24時間体制で営業活動を行ってくれるため、あなたが寝ている間でも商談のチャンスを逃すことなく、業績向上に貢献します。また、専門スタッフによる丁寧なフォローがあるので、初めて問い合わせフォーム営業を行う方でも安心して利用することができます。
また、「SakuSaku」では、各企業のニーズに合わせたカスタマイズが可能で、より具体的なターゲットに対して効果的なアプローチを行うことができます。

おすすめポイント

・平均商談獲得単価10,000円
・役員以上とのアポイント率50%
・送信成功率98%以上

運営会社合同会社ドリームアップ
TEL090-8108-0472
単価フォーム送付1件:〜40円
料金プラン1件あたりのフォーム送信単価
40円
料金プラン
初期費用:50,000円
・ライトプラン:40円/件
 ┗お問い合わせフォーム送付のみ
・スタンダードプラン:90円/件
 ┗リスト作成とお問い合わせフォーム送付
・プレミアムプラン:110円~/件
 ┗戦略設計・文面作成・リスト作成・お問い合わせフォーム営業
契約期間なし
最低送付件数2,000件〜

アイランドブレイン|送信成功件数のみ料金発生

アイランドブレイン

アイランドブレインは、成果に基づく料金体系を導入している営業代行業者です。特に注目すべきは、その成果報酬型の料金形態です。具体的には、フォームからの送信が成功した件数のみを対象に料金が発生します。不成功な送信に対しては料金が発生せず、企業側のリスクを大幅に軽減することが可能です。
アイランドブレインでは、1日に200~300件の送信が可能で、これが平均送信数となっています。この数値は、一般的な営業代行業者と比較しても高水準であり、大量のリード獲得が見込めます。
さらに、オプションとしてメール受信や受電の代行サービスも提供しています。これにより、企業側が営業活動に専念できるだけでなく、顧客からの問い合わせに対する対応力も強化できます。

これらの特徴から、アイランドブレインは成果報酬型の営業代行業者として強くおすすめできます。料金体系の明確さと、そして豊富なオプションサービスが魅力的なポイントとなっています。

おすすめポイント

・プロが原稿を無料で作成
・500以上の媒体から最新のリストを作成
・送信に成功した件数のみカウントして費用発生

運営会社株式会社アイランド・ブレイン
TEL0120-252-764
単価フォーム送付1件:〜20円
料金プラン1件あたりのフォーム送信単価
20円
料金プラン
初期費用:0円
リスト作成費:0円
文章作成費:0円
契約期間なし
最低送付件数なし

KAITAK|1万円で100社に営業代行

KAITAK カイタク

1万円から気軽に発注が可能で、100社への営業代行を行っています。ここでの営業とは、潜在的な顧客に対するお問い合わせフォームからのアプローチを指します。KAITAKは、業界やターゲットとなる企業の規模など、クライアントのニーズに合わせて最適なアプローチを考え、それを実行します。もちろん、その結果として得られるリード(見込み客)の情報もクライアントに提供されます。
KAITAKの特長はそのコストパフォーマンスの高さにあります。1社あたりのコストを考えると100円と非常にリーズナブルです。また、営業代行サービスを利用することで、自社の営業リソースを別の有益な活動に集中させることができます。また、KAITAKは営業経験豊富な専門家が運営しているため、質の高い営業アプローチが期待できます。
しかし、一方で注意すべき点もあります。KAITAKを利用したからといって、必ずしも100社全てから反応があるわけではありません。また、得られるリードの質もそのまま売上につながるとは限りません。これらは営業活動の本質的な問題であり、どの営業代行サービスを利用しても同様です。
また、リスト作成や文面作成から、コールフォローまで含めた営業代行を行っているため丸ごと依頼することができます。

おすすめポイント

・リストや文面など送信前作業から送信後のフォローまで丸ごと依頼が可能
・専任スタッフがリスト作成と文面作成をAIを駆使して行う
・月に1回定例会が実施

運営会社株式会社イメジン
TEL050-3187-6440
単価フォーム送付1件:〜33円
料金プラン1件あたりのフォーム送信単価
33円
料金プラン
・トライアル:10,000円
 ┗送信件数:100社
・ライト:150,000円
 ┗送信件数:600社
・ベーシック:180,000円
 ┗送信件数:600社
・スタンダード:240,000円
 ┗送信件数:800社
契約期間
12ヶ月〜
最低送信件数
100件
運営会社|株式会社イメジン
契約期間12ヶ月〜
最低送付100件

テイクウェーブ|企業名のみで行うフォーム営業代行

テイクウェーブ

テイクウェーブは、お問い合わせフォーム営業代行以外にも、FAX・メール・DM発送・リスト作成のサービスを展開する営業代行会社です。様々な業種、業界に対応しているため、自社の業界に特化した営業を行いたい企業に最適です。また、企業名のみで行うことにより、具体的なサービスや商品を押し付けることなく、企業とのコミュニケーションを重視した営業が可能になります。

この方法は、受け手側が押し売りを感じず、自社に興味を持ってもらえる可能性が高まります。さらに、企業名のみで行うことで、広範囲の業界から興味を引くことができ、新たなビジネスチャンスを得られるかもしれません。

また、テイクウェーブは、マーケティングのプロが多数在籍しており、企業のブランド力向上や、良質なリードの獲得をサポートします。企業名のみで行う営業では、企業の価値や魅力を十分に伝えることが重要ですが、その点でもテイクウェーブの経験豊富なスタッフのサポートは大きな強みと言えるでしょう。

おすすめポイント

・社内オペレーターによる手作業送信
・リスト作成サービス「ラクリス」を併用することで50サイトから鮮度の高いリストを作成することができる
・配信数に問わず1ヶ月で送信完了

運営会社株式会社テイクウェーブ
TEL03-5843-8604
単価フォーム送付1件:〜32円
料金プラン初期費用:0円キャンペーン実施(2024年時点)
・制限なしプラン:36円/件
・2,000件プラン:34円/件
・5,000件プラン:32円/件
契約期間3ヶ月〜
最低送付件数なし

コンタクトDM|フォームDMを安全配信

コンタクトDM Contact DM

お問い合わせフォーム営業を行う上で、信頼できる営業代行業者の選択は必須です。その中でも、エコノス株式会社はその一つとして挙げられます。同社は、コンタクトDMサービスを提供しており、フォームDMの安全配信を実現します。これにより、お問い合わせフォームからのリード獲得を効率化し、営業の質と速度を向上させることが可能になります。また、同社は一貫したサービス提供により、顧客のビジネスに対する深い理解を基に、最適な営業戦略を提案します。また、ツールと目検によるチェックを行った上でフォーム送信を行う、クレームリスクを最小限に抑えることができる営業代行サービスです。

おすすめポイント

・成果報酬型にも対応
・リスト作成費無料
・文面アドバイス無料

運営会社エコノス株式会社
TEL06-6265-5111
単価フォーム送付1件:〜33円
料金プラン初期費用:0円
月額基本料金:33,000円
送信件数:33円
契約期間3ヶ月〜
最低送付件数1,000件〜

HIROGARU|月額5,800円で無制限送信

HIROGARU

一般的な営業代行業者とは少し異なり、自動化されたシステムを通じて、ユーザー自身が送信作業を行うことができる、新たな形の営業代行サービスを提供しています。その最大の特徴は何といっても、月額5,800円の定額制で無制限に送信が可能な点です。これにより、予算に応じて柔軟にスケールアップすることが可能となります。
また、24時間無料で有料プランを試すことができるため、初めてのお問い合わせフォーム営業に不安を感じている方でも、安心してサービスを利用開始することができます。さらに、送信作業が難しいと感じた場合、送信代行を依頼することも可能です。これにより、初心者でもスムーズに営業活動を行うことができます。
このように、HIROGARUは自分で行う営業も、代行に任せる営業も自由自在に選べる、新しい形の営業代行サービスを提供しています。自分で営業を行いたいけれども、時間や手間がかかると感じている方、また、初めての営業で不安を感じている方におすすめのサービスです。

おすすめポイント

・24時間無料トライアルが利用可能
・ご自身で好きなだけ送信ができる
・営業リスト活用無料

運営会社有限会社イッセイネット
TEL
単価フォーム送付1件:10円
料金プラン初期費用:5,000円
月額利用料:5,800円
契約期間1ヶ月〜
最低送付件数なし

WEBAPO|1送信から利用可能

WEBAPO

WEBAPOは1件送信からの利用が可能なので、大量発注が不要な中小企業でも気軽に利用できます。また、一般的な自動送信ツールと異なり、WEBAPOでは人の手による手動送信を行っています。そのため、送信成功率が高く、確実に相手にメッセージを届けることが可能です。

おすすめポイント

・送信成功率60~70%
・1ヶ月単位の契約なためいつでも解約ができる
・1件から送信可能

運営会社株式会社エージェント
TEL03-3780-3911
単価フォーム送付1件:〜33円
料金プラン1件あたりのフォーム送信単価
33円
料金プラン
初期費用:55,000円
サービス利用料:11,000円
送信件数(リストなし):33/件
送信件数(リストあり):55円/件
文面添削・作成:33,000円/件
契約期間1ヶ月〜
最低送付件数なし

StockSun|マーケティング領域に精通

StockSun

StockSunは、マーケティング領域に深い洞察力と経験を活かし、WEBコンサルティングサービスの一部として、お問い合わせフォーム営業の代行を提供しています。各プロジェクトの進行状況に応じて、300から500通の送信毎に文面やリストを見直し、細かな調整を行う営業代行会社です。

おすすめポイント

・300~500通ごとに文面・リストのブラッシュアップ
・フリーランスの活用により低価格の営業代行
・他サービスの組み合わせでインバウンド強化が可能

運営会社StockSun株式会社
TEL
単価フォーム送付1件:〜40円
料金プラン初期費用:50,000円
送信件数(送信のみ):40/件
送信件数(分析・フォロー):70円/件
契約期間
最低送付4,000件〜

GeAlne|確度の高いアポを効率的に獲得

GeAlne(ジーン)

WEBAPOは1件送信からの利用が可能なので、大量発注が不要な中小企業でも気軽に利用できます。また、一般的な自動送信ツールと異なり、WEBAPOでは人の手による手動送信を行っています。そのため、送信成功率が高く、確実に相手にメッセージを届けることが可能です。

おすすめポイント

・AIが確度の高いリストや文面を自動作成
・1ヶ月単位の契約なためいつでも解約ができる
・1件から送信可能

運営会社エッジテクノロジー株式会社
TEL
単価フォーム送付1件:〜33円
料金プラン初期費用:別途発生
・トライアルプラン:0円(3日間)
 ┗送信件数:200社
 ┗リスト作成:300社
・ビジネスプラン(リスト付):70,000円
 ┗送信件数:2,000社
 ┗リスト作成:3,000社
・スタンダートプラン(リスト付):121,500円
 ┗送信件数:5,000社
 ┗リスト作成:6,000社
・ハイエンドプラン(リスト付):160,000円
 ┗送信件数:9,000社
 ┗リスト作成:10,000社
契約期間3ヶ月〜
最低送付200件〜

内職市場|初期費用・契約期間の縛りなし

内職市場

株式会社内職市場は、初期費用や契約期間の縛りがないお問い合わせフォーム営業代行業者です。AIやボットに依存せず、人間の手による手動送信作業によって行われます。これにより、個々の企業のニーズと顧客の関心に合わせたカスタマイズされたアプローチを提供します。、初期費用や契約期間の縛りがないことから初めてのフォーム営業代行をお試しで利用されたい場合におすすめです。

おすすめポイント

・送信成功率は平均90%以上
・国内最大級のワーカーネットワークを活用
・契約期間の縛りなし

運営会社株式会社内職市場
TEL
単価フォーム送付1件:30円
料金プラン初期費用:0円
・BASIC(リスト作成なし):30円/件
・FORM plus(リスト作成なし):50円/件
・LIST plus(リスト作成あり):70円/件
・CHOISE(リスト作成あり):40円/件
契約期間なし
最低送付500件〜

営業代行を選ぶ際に注意するポイント

お問い合わせフォーム営業の成功には、信頼できる営業代行の選択が欠かせません。しかし、その選び方は一概には決まりません。業者の選択に際しては、いくつかのポイントを把握しつつ、自社のニーズに最も合った業者を探すことが重要です。以下のポイントを踏まえ、自社に最適な営業代行業者選びを行いましょう。

総合的なコストと対応される領域で判断する

前述でフォーム営業代行会社の送信方法やコストについてご紹介しましたが、フォーム営業を行う根源は“受注する確率が高いアポイントを獲得すること”です。
最初に見積もりを出す段階で明確になる費用だけでなく、その後も発生する可能性のある追加費用や、結果が出るまでの期間、そしてその結果に対する投資対効果を含む全体的なコストを検討する必要があります。

営業代行を選ぶ際には、初期費用、追加費用、期間、投資対効果など、多角的な視点から総合的なコストを判断することが重要です。これにより、最適な営業代行会社を選ぶことが可能となります。

クレーム対策が搭載されているか確認する

営業代行を選ぶ際には、その業者がクレーム対策をどのように備えているかを確認することが重要です。営業活動は、常に顧客からのクレームを引き起こす可能性があります。提供する商品やサービスが顧客の期待に合わなかったり、営業のアプローチが不快に感じられたりした場合、クレームが生じることもあります。このような状況に対応できるように、営業代行業者が適切なクレーム対策を持っているか確認することは、その業者を選ぶ上での重要なポイントとなります。

おすすめ11選のご紹介をした通り、フォーム営業代行はツールか手動の2パターンに分かれます。手動送信の場合は人が行うことから見落としが発生するリスクがあり、ツールの場合は検知システムが搭載されているかがフォーム営業代行会社を選ぶ際に確認すべき項目となります。

まとめ|フォーム営業はプロの営業代行を活用することがおすすめ

本記事では、お問い合わせフォーム営業とおすすめ営業代行業者について詳しく解説しました。

お問い合わせフォーム営業のメリットとデメリットを解説しましたが、一番のポイントは、専門知識を持った営業代行の活用であると言えるでしょう。特に、営業代行業者を選ぶ際には、その業者の実績や評価を総合的に確認することが重要です。

営業代行サービスkey SALESでは、クレーム対策を行なった上で低コストにて、効率的かつ効果的にお問い合わせフォーム営業を行っています。お問合せフォーム営業にご興味をお持ちでしたら、まずは無料相談よりお問合せください。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る