営業を外注するメリットとは?外注先の選び方や料金相場とおすすめ営業代行会社14社の比較

更新日

2024.03.28

営業を外注するメリットとは

企業の拡販には十分なリソースやノウハウが必要なため、多くの企業が採用と育成に時間とコストをかけています。そこで注目の選択肢が「営業外注」です。

本記事は営業代行サービスkey SALESが、営業を外注するメリット・デメリットや、営業代行会社の失敗しない選び方とおすすめ代行会社をご紹介します。弊社では、営業代行事業にて無料相談を実施しております。営業の外注をご検討の際は無料相談よりお問合せください。

営業代行をお願いする場合、「いくらかかるのか相場が気になる」「まずはサービス資料を見てみたい」という方は以下よりサービス資料をダウンロードしてください。

営業代行サービスkey SALES概要説明資料ダウンロード(無料)

営業の外注とは?

営業の外注とは、企業が自社の営業活動の一部または全てを外部の専門業者に委託することを指します。これは、営業力を強化したい企業が、自社のリソースや能力が不十分な場合や、特定の市場や顧客層に対する専門知識を持つ業者に依頼することで、その目標を達成するための手段となります。

外注は、テレマーケティング、営業訪問、営業戦略の策定、営業トレーニングなど、多岐に渡る営業活動をカバーすることが可能です。また、新規顧客開拓、既存顧客とのリレーションシップの維持、売上向上といったビジネスの成長と成功をサポートする役割を果たします。具体的な外注形態や業者の選び方、料金形態、営業外注のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

営業を外注するメリット

営業活動の外部委託には、数々のメリットが存在しますが、大きく下記の4つがメリットとなります。それぞれ詳しく解説します。

営業を外注する際のメリット

・リソース不足の解消
・プロフェッショナルな即戦力人材が営業活動
・人件費削減
・定期的なアポイントの取得

リソース不足の解消

営業の外注は、特にリソースが不足している企業にとって大きなメリットをもたらします。リソース不足は、企業の成長の妨げになるだけでなく、働くスタッフの過度なストレスを引き起こす可能性もあります。しかし、営業を外注することで、社内の人材をより重要な業務に集中させることができます

また、営業を外注することで、企業は自社のリソースを最大限に活用することができます。例えば、社内の営業チームが一部の業務を外注することで、自分たちの時間とエネルギーをより重要なタスクに集中することができます。これにより、全体的な生産性と効率が向上し、企業の成長を促進することができます。

以上のように、営業の外注は、リソース不足の解消だけでなく、生産性の向上、専門知識の獲得、新たな視点の獲得など、多岐にわたるメリットを提供します。しかし、それには適切な外注先の選定と、外注との良好なコミュニケーションが必要です。

プロフェッショナルな即戦力人材が営業活動

外注先は専門的な知識と経験を持つ人材が揃っているため、自社にはない高度なスキルや戦略を活用して、営業活動を推進することが可能となります。これにより、営業結果の向上だけでなく、自社の営業チームが新たな視点やアイデアを学ぶ機会も得られます。

また、外注先は多様な業種や業界に対する営業経験を持っているため、自社とは異なる視点からの営業戦略やアプローチを提案してくれる可能性もあります。これにより、自社だけでは気づかなかった新たな市場や顧客ニーズを発見することも可能となります。

営業外注のメリットを最大限に活かすためには、自社と外注先との良好なパートナーシップが必要となります。そのため、外注先選びは非常に重要なポイントとなります。これらのメリットを理解し、自社のビジネスに最適な外注先を選定することで、営業力の強化とビジネスの拡大が期待できます。

人件費削減

通常、企業内で営業チームを構成する場合、人員の採用から研修、給与、福利厚生費など、多くのコストが発生します。しかしながら、営業を外部の専門業者に委託することで、これらのコストを大幅に削減することが可能となります。

また、コストを削減するだけでなく、予算配分の柔軟性も増します。外注することで固定費が変動費に変わり、業績に応じて営業費用を調整することが可能になります。これにより、企業はより効率的な資源配分を行うことができ、事業の拡大や新たな投資に余裕が生まれる可能性があります。

さらに、営業外注会社は一般的に複数のクライアントを持っているため、豊富な経験とノウハウを持っています。そのため、彼らは効率的に営業活動を行うことが可能で、結果的には企業の費用対効果を高める可能性があります。

しかし、すべての企業が営業を外注すべきという訳ではありません。外注が適切な選択であるかどうかは、企業の規模、業種、商品やサービスの特性、そして何よりもその企業が持つ戦略によります。

定期的なアポイントの取得

営業は企業活動の基幹となる部分であり、その中でもアポイント取得は重要なステップとなります。しかし、アポイント取得は訪問や電話、メールなどの繰り返しにより、営業担当者の時間とエネルギーを大きく消費します。そのため、これを外部の専門機関に委託することで、企業内の営業担当者はより戦略的な業務に注力することが可能となり、結果として全体の営業力が向上します。

外注によるアポイント取得は、定期的かつ継続的に行われます。これは、時間を気にせず、また人手を気にせずに、一定のアポイントを確保し続けられるという大きなメリットをもたらします。その結果、企業の営業活動は安定し、収益の増加に繋がる可能性が高まります。

また、外注先はアポイント取得のプロフェッショナルであるため、最適な方法を用いてアポイントを取得します。これにより、アポイントの質が向上し、成功率が高い商談のチャンスが増えることでしょう。営業の外注は、アポイント取得だけでなく、企業全体の業績向上に寄与する重要な戦略と言えます。

営業を外注するデメリット

外注化が進む営業業界ですが、その一方で外注にはデメリットも存在します。デメリットは下記の3つとなり、これらを踏まえた上で、外注を考える際は、リスク管理や緊急時の対応策を十分に検討する必要があります。

営業を外注する際のデメリット

・営業活動の管理工数が発生
・情報流出のリスク
商材によって期待した効果を得られない可能性がある

営業活動の管理工数が発生

営業を外注する際には、外注先とのコミュニケーションや品質管理などの工数が増加することが避けられません。具体的には、外注先が提供するサービスの品質を維持・管理するためのミーティングやレポート確認、さらには進捗管理など、これらの業務には一定の時間と労力が必要となります。また、外注先が営業活動を適切に行っているかを確認するための監視や評価も必要で、これらも含めると想像以上の管理工数が発生します。

さらに、外注先と自社との業務の進め方や考え方のズレからくるコミュニケーションコストも無視できません。これらは、外注先が自社のビジネスや商品に対する理解が深まるにつれて緩和されることもありますが、初期段階では大きなハードルとなり得ます。

このように、営業を外注することで直接的な営業活動を自社の負担から軽減できる一方で、間接的な業務の負担が増加する可能性がある点を理解しておくことが重要です。そのため、外注を検討する際には、外注先とのコミュニケーションや品質管理のための時間やリソースを確保できるかどうかを慎重に評価する必要があります。

情報流出のリスク

営業を外注する際には、情報流出のリスクが伴います。外部の営業代行会社に業務を委ねることで、企業の重要な情報が第三者に開示される可能性が生まれます。具体的には、顧客データや商談内容、販売戦略など、業種によっては競争力を決定づける機密情報が対外的に漏れることで、ビジネスの立場が不利になる恐れがあります。

また、外注先が他のクライアントと情報を共有する場合、それが競合他社である可能性もあります。これは、特に業界が狭く、競争が激しい場合には重大な問題となり得ます。情報の管理体制がしっかりと整っていない外注先を選択すると、信頼関係を損なうだけでなく、法的な問題に発展することもあります。

したがって、営業を外注する際には、外注先の情報管理体制や取り扱う情報の範囲、保証する機密性などを事前に詳細に確認する必要があります。契約時には、情報漏洩に対するペナルティや対応策も明記しておくことが求められます。これらは営業を外注する際に考慮すべき重要なデメリットとなります。

商材によって期待した効果を得られない可能性がある

外注先の営業力が期待以下だった場合、結果が出ないままに費用だけがかさむというリスクも存在します。これは、外注先があなたの商材に対する深い理解を持っていない場合や、その商材の売り方を熟知していない場合に起こり得ます。たとえば、特殊な技術を必要とする製品や、特定の業界に特化したサービスなど、一般的な営業手法では対応しきれない商材を取り扱っている場合、外注先の営業スタッフが十分なパフォーマンスを発揮できないこともあります。

このような場合、自社の商材を理解し、適切に売り込むことができる営業スタッフを自社で育成する方が効果的な場合もあります。また、外注先が複数のクライアントを抱えている場合、あなたの商材に対する専念度が低下する可能性もあります。そのため、外注する際はそのパートナーの実績や評価をしっかりと確認し、自社のニーズに合った選択をすることが重要です。

また、外部の営業代行会社に依存することで、自社の顧客との直接的な関係が希薄になり、顧客のニーズやフィードバックを直接収集する機会を失う可能性もあります。これは、顧客満足度の低下や、競争力の喪失につながる可能性があるため、営業の外部委託を検討する際には十分に考慮すべき点です。

以上のような理由から、営業を外部に委託する際には、自社のサービスや製品の競争優位性を十分に理解し、それを顧客に対して適切に伝えることができる代行会社を選ぶことが重要となります。

営業を外注する際の料金形態と特徴・相場

営業を外注する際には、その費用がどのように計算されるのかを理解しておくことが重要です。一般的には、営業を外注する際の料金形態には、月額固定報酬型、成果報酬型、時間単価型などがあります

月額固定報酬型は、毎月一定の料金を支払う形態で、予算管理がしやすいというメリットがあります。一方、成果報酬型は、営業が成功した場合のみ料金が発生する形態で、リスクを最小限に抑えることが可能です。時間単価型は、営業員の作業時間に応じて料金が発生する形態で、細かな作業内容に対する料金を把握することができます。

一方、営業外注の相場は、業界や業種、外注先のスキルレベルなどにより大きく変動します。しかし、一般的な相場としては、月額固定報酬型では20万円~50万円、成果報酬型では成功した案件の5%~20%、時間単価型では1時間あたり1,000円~5,000円程度とされています。ただし、これらの価格はあくまで一般的な相場であり、具体的な価格は外注先との交渉によります。また、料金だけでなく、営業の品質や信頼性なども考慮に入れることが重要です。

成果報酬型

成果報酬型では、外注先が実際に成果を上げた場合のみ報酬を支払うという方式を取ります。具体的には、新規顧客の獲得数や契約総額など、あらかじめ設定した目標達成度に応じて報酬が決まることが一般的です。

この形態の最大のメリットは、成果が出ない限りコストが発生しない点にあります。これにより、予算を抑えつつ外部の専門的な営業力を活用することが可能となります。また、外注先も報酬を得るためには成果を出さなければならないため、営業活動に対するモチベーションが高まるという利点もあります。

一方で、成果報酬型のデメリットとして考えられるのは、成果が出ない場合には報酬が発生しないため、外注先がリスクを負う形となり、その結果、一定の品質を確保することが難しくなる可能性がある点です。また、高い成果を求めるあまり、顧客との長期的な関係性よりも短期的な成果を優先する傾向になる可能性もあります。

成果報酬型の相場は、業界や具体的な成果目標により大きく異なりますが、一般的には1件のアポイントに対して2万円~3万円が目安とされています。ただし、高額な商品やサービスを扱う場合などは、報酬料金が高く設定されることもあります。

月額固定報酬型

月額固定報酬型では、契約期間中に発生する営業活動全てを一定の料金で請け負います。具体的な相場としては、一般的に月額10万円から数十万円程度となっており、企業の規模や業務内容により変動します。

この形態の最大のメリットは、予算管理がしやすい点です。月額固定なので、予想外の追加費用が発生することなく、予算をコントロールすることが可能です。また、長期的な視点から営業活動を計画することが可能なため、戦略的な営業体制を構築するのに適しています。

一方、デメリットとしては、結果に対する報酬形態ではないため、期待する成果が出ない場合でも料金が発生する点が挙げられます。そのため、外注先の営業力を十分に評価した上で、契約することが求められます。

また、契約内容によりますが、一部の業務が含まれていない場合があります。例えば、新規の顧客開拓や特定の営業ツールの利用など、追加で発生する業務については別途料金が発生する可能性があります。それらを考慮に入れた上で、料金形態を選択することが重要です。

時間単価型

時間単価型とは、文字通り営業代行会社の提供するサービスを利用する時間に応じて料金が発生する形態を指します。具体的には、営業マン1人あたりの時間単価を設定し、その営業マンが何時間働いたかによって料金が決まるシステムです。

この方式の最大の特徴は、必要な時間だけ外注を利用できる柔軟性があることです。例えば、特定のプロジェクトのみ、または特定の期間だけ外注を利用したいという企業にとっては、時間単価型は非常に有益な選択肢となります。しかしながら、時間単価型は長期間利用すると費用が高くなる可能性があるため、使用時間の管理と予算のコントロールが求められます。

時間単価型の相場は、業界や営業マンのスキルレベルにより大きく異なりますが、一般的には1時間あたり2,000円から5,000円程度とされています。しかし、特殊なスキルを持った営業マンや業界特有の知識を必要とする場合は、これ以上の価格になることもあります。そのため、外注するサービスの内容や求めるスキルにより、料金が大きく変動することを理解しておくことが重要です。

成果報酬と固定報酬の複合型

一般的な料金形態は、成果報酬型と固定報酬型がありますが、最近ではこれらを組み合わせた複合型のものも増えてきています。成果報酬型は、成果が出た場合のみ報酬を支払う形態で、リスクは低いですが、成功報酬が高めに設定される傾向があります。

一方、固定報酬型はあらかじめ料金を決めておく形態で、安定した費用が見込めますが、結果が出なかった場合でも料金を支払う必要があります。複合型はこれらを組み合わせ、一部を固定報酬、残りを成果報酬とすることで、リスクとコストをバランス良く抑えることが可能です。相場は業界や業種、提供するサービスの内容により大きく異なるため、複数の代行会社から見積もりを取り、比較検討することがおすすめです。

営業外注先を選定する際のポイント

営業を外注する際には、信頼性や業績、専門性などを考慮して適切な外注先を選定することが重要です。その中でも、具体的な選定のポイントとしては以下のようなものが挙げられます。この後に解説するそれぞれのポイントを踏まえながら、自社のニーズに合った失敗しない営業外注先を選定しましょう。

営業外注先を選定する際のポイント

・営業課題の明確化
・外注業務範囲の明確化
・複数社から見積もりを取る
・費用対効果の比較

営業課題の明確化

営業外注先を選ぶ際には、まず自社の営業課題を明確にすることが重要です。営業課題とは具体的には、顧客獲得数の増加が困難であったり、新規市場への進出が難しいといった問題点を指します。

これらの課題を浮き彫りにすることで、どのような営業力を外注先に求めるべきかが見えてきます。営業外注先を選ぶにあたっては、外注先の営業実績やスキルだけでなく、自社のビジネスモデルや商品に対する理解度も重視すべきです。

外注業務範囲の明確化

どのような業務を外注するのか、具体的にどの範囲までを求めるのかを明確に設定することで、外注先が効率的に業務を進めることが可能となります。

まずは、自社の営業活動全体を見直し、どの部分を外注するべきかを検討しましょう。例えば、リードジェネレーション(見込み客のリスト作成)だけを外注するのか、それとも営業交渉までを含めるのか。また、クロージング(契約締結)の部分も外注するのかどうかを決めることも重要です。

次に、外注する業務範囲が決まったら、その具体的な内容を明確にします。たとえば、リードジェネレーションを外注する場合、どのような情報を収集するのか、どの程度の量を求めるのか、納期はいつまでにするのかなどを具体的に伝える必要があります。

また、外注業務の評価基準も設定しましょう。業務達成度をどのように評価するのか、また、定期的なフィードバックはどの程度行うのかなど、明確な評価基準を設けることで、外注先とのコミュニケーションがスムーズになります。

最後に、外注先との契約時には、これらの業務範囲や評価基準をしっかりと文書化しておくことをおすすめします。これにより、後々のトラブルを防ぐことができます。

複数社から見積もりを取る

単一の会社に依存するのではなく、複数のオプションを比較することで、費用対効果の最良の結果を得ることができます。また、各社のサービス内容や対応力、実績などを確認することで、自社のニーズに最も適したパートナーを見つけることが可能になります。

見積もりを取る際には、具体的な業務内容や期間、目標などを明確に伝えることが必要です。これにより、各社が提供できるサービスの範囲と料金を精確に把握することができます。また、可能であれば過去の実績や評判を調査し、信頼できる営業代行会社を選ぶ基準にすることも推奨されます。

さらに、見積もりを取る際には、コミュニケーションのスムーズさや、自社のビジネスモデルや業界に対する理解度も重要なポイントです。営業はビジネスの顔とも言えるため、自社の価値を適切に伝えられるパートナー選びは極めて重要です。

最後に、見積もりだけでなく、具体的な業務遂行計画や戦略も合わせて提案してもらうことで、各社の営業力やプロフェッショナリズムを見極めることも可能です。これらを踏まえた上で、最適な営業外注先を選定することが求められます。

費用対効果の比較

営業を外注する際には、選定する外注先のポイントとして、コストパフォーマンスが重要となります。単純に安いからといって選ぶのではなく、その費用に見合った成果が期待できるかどうかを判断する必要があります。具体的には、外注先の営業力、経験、専門知識、営業スタイルなどが、自社のビジネスモデルや目標に合致しているかを確認しましょう。

また、外注先が提供するサービスの種類や範囲も考慮に入れるべきです。例えば、新規開拓営業だけでなく、既存顧客へのフォローアップも含まれているかどうかを確認することは重要です。さらに、外注先とのコミュニケーション方法や頻度、報告の形式なども明確にすることで、予期せぬ誤解を避けることができます。結果的に、これらの要素を総合的に評価し、費用対効果の高い外注先を選ぶことが、長期的な成功につながるのです。

営業を外注できる代行会社14選

営業の外注化が一般的になる中、その選択肢も多様化しています。しかし、どの代行会社を選べば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。ここでは、営業を外注できる代行会社14社を選び、その特徴やサービス内容を詳しく紹介します。

選ぶべき代行会社は、貴社のニーズや目標によって変わるため、各社の特性を理解し、適切な選択を行うための一助にしてください。各社のサービス内容を比較し、自社のビジネスモデルや営業戦略に最適なパートナーを見つけることで、効果的な営業戦略を展開し、ビジネス成長を実現することが可能です。

また、営業代行会社選びの際には、その評判や実績を確認することも重要です。外部の専門家に営業を任せることで、自社のリソースを最大限に活用し、ビジネスの効率化を図ることができます。これから紹介する14社の中から、あなたのビジネスに最適な代行会社を見つけてください。

key SALES|幅広い領域をワンストップで営業代行

営業代行ならkey SALES

幅広い領域をカバーしており、ワンストップで営業代行が可能という大きな特徴を持っています。業界や分野を得意とする営業経験値の高いフリーランスによる支援を行うことで、高品質なテレアポサービスだけでなく、クライアントのビジネス全般を支援するための各種ソリューションを提供しています。その他にも、大手から中小企業まで様々な規模の企業に対応したサービス展開や、専門知識を持ったスタッフによる丁寧な対応が評価されています。打合せや連携など、1社完結にしたい際に特におすすめの会社です。

特徴

・マーケティングや商談までテレアポ代行以外の領域まで課題に沿った支援
・厳選されたプロのフリーランスによるテレアポ代行
・スタートアップから大手まで、商材の特徴に合わせた戦略設計やBDR提案

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型対応
時間単価型対応
運営会社for,Freelance株式会社
参考ページhttps://key-sales.jp/

soraプロジェクト|売上直結のアポ獲得

テレアポ業界の実績は16年の業績と、これまでに集めた324万件のコールデータによって裏付けられています。この膨大なデータを活用することで、soraプロジェクトはそのクライアントに対して、確度の高いアポイントを提供することが可能となっています。インサイドセールス領域全般を外注したい際におすすめです。

特徴

・800万社のリスト保持
・平均アポ率4.6%
・インサイドセールス領域を代行

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社soraプロジェクト
参考ページhttps://sora1.jp/

ウィルオブ・ワーク|BPOサービス・コールセンター代行

ウィルオブ・ワークのテレアポ代行サービスは、テレアポ代行以外にも既存顧客に対するヘルプデスクやチャット業務のCS支援も行っているサービスです。研修体制が整っていることから、既存顧客と接点を持つことも企業ブランドを損なうことがないおすすめのサービスです。

特徴

・直雇用率100%
・CS領域まで社内研修体制があり、領域の幅が広い
・コストを抑えた拠点にしていることから費用を抑えることが可能

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社ウィルオブ・ワーク
参考ページhttps://willof-work.co.jp/

デマンドセンターアウトソーシング|博報堂グループのデータ・ノウハウを活用

株式会社セレブリックスの提供するデマンドセンターアウトソーシングは、新規顧客開拓のためのリスト作成から、アポイントメント取得、さらには営業成約までを一手に引き受けている網羅型のおすすめ会社です。また、セレブリックスではコンサルタントが各クライアントのビジネスに合わせた最適な戦略を提案することにより、テレアポの成功率を大幅に向上させることが可能です。

特徴

・戦略設計から代行までを支援
・営業メソッド×実施策で有効商談を安定供給
・日々10万件更新される豊富なセールスデータをベースに営業の最適解を提案

報酬形態対応可否
成果報酬型原則非対応
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社セレブリックス
参考ページhttps://www.eigyoh.com/service/demand-center

BALES|SaaS企業に強いテレアポ代行

一般的なテレアポ代行会社が広範な業界を対象としているのに対し、BALESはSaaS業界特有の課題を理解し、それに対応したテレアポサービスを展開しています。テレアポは、相手の業界や商品を理解した上で、適切なアプローチをすることが求められます。BALESは、SaaS商品の特性や、SaaS企業が抱える課題について深い知識を持つプロフェッショナルチームが揃っており、SaaS商材ではこちらの会社がおすすめです。

特徴

・体制構築サポート
・SaaSとの相性が良い
・週次定例会議によるPDCAサイクル

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社スマートキャンプ株式会社
参考ページhttps://smartcamp.co.jp/

ambient|女性オペレーターによるテレアポ

ambientのテレアポ代行サービスは、女性オペレーターの特性を最大限に活かした、ユニークかつ効果的なものです。テレアポ業務を全て女性オペレーターが担当することにより、電話越しのコミュニケーションが、より丁寧で温かみのあるものになります。また、女性特有の優れた聞き取り能力と洞察力を活かし、顧客のニーズを的確に把握することが可能です。その結果、高品質なアポイントメントを実現することができます。美容関連など、女性のイメージが強い商材には特におすすめです。

特徴

・メガバンクでも使用されるCTIの導入
・契約期間の縛りなし
・トークマニュアルを案件ごとに作成

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社ambient
参考ページhttps://ambient-co.jp/

スタジアム|BtoB×IT商材特化

株式会社スタジアムは、BtoBビジネスとIT商材に特化したテレアポ代行を主導しています。一般的なテレアポ代行サービスだけでなく、IT商材の販売促進に必要な各種サポートも提供しており、オフライン対応を求められる場合にも対応しているためおすすめです。

特徴

・BtoB×IT商材特化型
・戦略策定~内省化まで支援
・主要都市に拠点がありオフライン対応が可能

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社スタジアム
参考ページhttps://stadium.co.jp/

ジャパンプ|社員が成果報酬でテレアポ代行

この会社の特徴は、実務であるテレアポを社員が対応していることです。他社では業務委託やパートタイムスタッフが対応していることが多い中、株式会社ジャパンプでは全ての業務が社員が対応。そのため、一貫した品質と高い専門性が保たれています。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・1,000時間以上の実務経験者による支援
・内省化できるようにフローの構築
・訪問営業にも対応

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型
時間単価型
運営会社株式会社ジャパンプ
参考ページhttps://japump.com/

ビズコール|1コール99円

ビズコールは業界最安価格を目指したテレアポ代行サービスです。1コール99円の格安な料金設計で、架電内訳が全件リアルタイムで確認することができます。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・格安コール単価
・2年以上のスタッフによるテレアポ代行
・アポ取得率2~10%

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社イクイップ
参考ページhttps://www.equipm.co/

アポハンター|完全成果報酬型

アズ株式会社のサービスであるアポハンターは完全成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。また、アズ株式会社は、テレアポだけでなく商談も成果報酬で行うことができるサービスを提供しています。

特徴

・月に1度、訪問による活動報告
・経験値の高いフリーランスによるメンバー構成
・リストアップのみの作成も可能

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型対応
時間単価型非対応
運営会社アズ株式会社
参考ページhttps://asz-park.com/

WillWind|従量課金と成果報酬のプラン

アポイント成果報酬プランと件数架電従量課金プランという、異なる二つのプランを提供しており、顧客の要望や予算に応じて選択することが可能です。アポイント成果報酬プランでは、成功したアポイントのみに対して報酬を支払う形となります。つまり成果が出なかった場合は費用がかからないので、初めてテレアポ代行を利用する企業や、予算が限られている企業にとっては非常に魅力的なプランと言えるでしょう。

一方、件数架電従量課金プランでは、アポイントに至るまでの電話件数に応じて費用が発生します。これにより、アポイントが取れなかった場合でも、その過程で得られる市場の反応や顧客のニーズなどの情報を収集することが可能です。柔軟にプランを選べるため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・アポイント成果報酬プランと件数架電従量課金プランあり
・商談同行によるアポイントの質改善
・ターゲットリストの絞り込み作成に対応

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社WillWind
参考ページhttps://www.teleap-daiko.com/

トップコール|成果報酬型8,800円~

トップコールは一回のアポイントメントが確定するごとに8,800円~という料金体系になっています。成果報酬の費用相場に比べて安い料金であることが特徴です。
成果報酬型という特性上、アポイントメントの確定数によっては他社よりも費用が高くなる可能性もあるため、自社の営業フローと照らし合わせて検討することが重要です。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

特徴

・架電件数とアポイント件数に分けた成果報酬モデル
・1件アポイント8,800円~
・10件単位の代行が可能

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社コーキ株式会社
参考ページhttp://www.kooki.co.jp/

ディグロス|初期費用・固定費なしの成果報酬テレアポ代行

株式会社ディグロスは、成果報酬型のテレアポ代行サービスを提供しています。初期費用や固定費が一切発生せず、1ヶ月単位での契約が可能なため、初めてテレアポ代行を利用する企業や、コストを抑えてサービスを利用したい企業におすすめの会社です。

特徴

・1ヶ月単位の成果報酬型
・初期費用、月額料金がないシンプルモデル
・受注確度の高いアポイントの獲得

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社ディグロス
参考ページhttps://dgloss.co.jp/

NetReal+|ネットで申込完結

ネットリアル株式会社のテレアポ代行サービスは、料金形態は一般とは異なります。この会社ではリスト販売やFAX営業なども対応していますが、ポイント購入をしてそのポイントをどう振り分けるか設定する流れとなります。

特徴

・1コール200円
・明白なプラン設計
・アプローチ領域の幅が広い

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
人月稼働型非対応
時間単価型非対応
運営会社ネットリアル株式会社
参考ページhttps://www.netreal.jp/

まとめ|営業代行会社へまずは無料で相談してみる

本記事では、営業の外注について詳細に解説してきました。外注のメリットとデメリット、料金形態と相場、選定する際のポイント、おすすめの代行会社14社の比較など、営業を外注する際に必要な知識を一通り学べる内容となっています。

営業の外注は企業の業績向上に大きく寄与する可能性を秘めていますが、それを最大限に活かすためには正しい知識と理解が不可欠です。本記事を参考に、あなたの会社にとって最善の営業戦略を練る一助となれば幸いです。

営業代行サービスkey SALESでは、具体的な営業課題の解決策を無料で相談できます。営業力を強化してビジネスを加速させたい、そんなあなたの思いを、営業戦略の立案から実行・結果の分析まで、一貫したサポートを提供しています。まずは無料相談よりお気軽にお問い合わせください。あなたの会社が抱える営業課題を一緒に解決していきましょう。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る