効果的な成果報酬型の営業代行戦略とは?成功事例もご紹介

更新日

2024.03.17

近年、数多くの企業が営業活動において、成果の最大化や、コスト削減を目的とし営業代行サービスを利用しています。しかし、成果が上がらなければ、必要以上にコストが掛かるリスクもございます。

成果報酬型で営業代行会社の活用を検討しているご担当者の中には、どのように発注するべきお悩みの方も多いかと存じます。

そこで、本記事では成果に合わせて報酬が発生する成果報酬の営業代行について特徴や相性の良い企業。成果報酬のメリット・デメリットなどをご紹介します。弊社も営業代行サービス(key SALES)を営んでおり、営業代行会社の観点から解説をいたします。

自社のサービスや商材が、成果報酬型で依頼するべきなのかどうか気になる方や、成果報酬型の営業代行サービスの概要を知りたいという方は以下より無料で配布している資料のダウンロードを推奨いたします。

営業代行サービス概要資料ダウンロード(無料)▼

成果報酬型の営業代行とは?

成果報酬型の営業代行とは、具体的な成果が出た場合のみ費用が発生する形式の営業代行サービスのことを指します。

これは、企業が新規営業を行う際に、営業戦略の立案から実際の営業活動、クロージングまで一連の営業プロセスを営業代行業者に委託することで、リスクを最小限に抑えつつ、効率的に営業活動を行うことが可能となるモデルです。成果報酬の型営業代行は、営業体制の構築に手間取っている企業が利用することが多いです。

また、成果報酬型の特性上、営業代行業者も自社のスキルとノウハウを最大限活用し、クライアント企業の成功に直結する結果を出すことが求められます。

成果報酬型の営業代行で解決できることは?

成果報酬型の営業代行はその名の通り、成果に応じて報酬を得る方式の営業代行サービスですが、主に三つの問題解決に効果的です。

一つ目は、リスクの軽減。営業代行を利用し成果が出なかった場合には報酬を支払わなくても良いため、企業にとってはリスクを抑えることが可能です。

二つ目は、質の高い営業活動の確保。報酬が成果に連動するため、営業代行会社は質の高い営業活動を行うことが求められます。

三つ目は、成果を出すための戦略立案や提案力。営業代行会社は成果を出すために、戦略的な営業活動を行い、提案力も鍛えられます。これらが、成果報酬型の営業代行が解決できる主な問題となります。

成果報酬型の営業代行をうまく利用するポイント

成果報酬型営業代行を活用する上で理解すべき要点を以下に解説します。成果報酬型営業代行は、その名の通り、成果を上げたときにのみ報酬が発生する形態の営業代行です。そのため、成功報酬が発生しない場合、つまり成果が上がらない場合は費用を支払う必要がありません。

そのため、成果の定義や算出方法、報酬額などについては、事前に詳細な協議が必要となります。また、成果報酬型の場合、成果が出るまでの時間や労力なども考慮に入れることが重要です。

さらに、成果報酬型営業代行を選ぶ際には、業者の信頼性や実績も重要なポイントとなります。

これらのポイントを理解した上で、成果報酬型の営業代行を選ぶことで、自社の営業力を最大限に引き出すことが可能となります。

営業代行を活用するメリット

ここでは営業代行のメリットについて解説します。営業代行のメリットを理解することで、成果報酬型の強みやポイントをより深く理解できます。

教育、採用コストの削減

営業代行のメリットとして、教育や採用のコスト削減が挙げられます。新たな人材を採用し、その人材を育成するための時間とコストが必要です。また、採用が成功したとしても、新人が一人前になるまでには時間がかかります。

しかし、営業代行を利用することで、これらの手間やコストを大幅に削減することが可能です。そのため、営業代行はコスト削減だけでなく、効率的なビジネス運営にも寄与します。

即戦力の確保

営業代行の最大のメリットとして、即戦力の確保が挙げられます。営業代行会社はプロの営業マンを抱えており、その専門的なスキルと経験を活かして即戦力として活動します。また、営業代行を利用することで、自社の営業活動を他の専門家に任せることが可能となり、自社のリソースを最大限に活用することができます。

営業代行のデメリット

営業代行のメリットだけでなくデメリットも理解しなければなりません、営業代行のデメリットも理解し成果報酬型をうまく利用しましょう

コストがかかる

営業代行のデメリットとしてまず挙げられるのは、コストの問題です。社内に営業部門がない、または営業力が不足している企業にとって、営業代行は有効な手段となります。しかし、その一方で、営業代行業者に支払う費用は決して安くありません。特に、成果報酬型の場合、売上が上がれば上がるほど報酬も増えるため、予想外の出費に悩まされることもあります。また、月額固定型の場合でも、一定の成果が出ない限りは投資としての回収が難しいというリスクがあります。このように、営業代行を利用するにはそれなりの予算を見込む必要があるのです。そ営業代行を検討する際は、費用対効果をしっかりと見極めることが必要となるでしょう。

営業ノウハウが蓄積されない

営業代行を利用すると、一時的には成果を上げることができますが、その過程で企業自体が営業スキルを身につける機会は減少します。営業代行業者が顧客と直接やりとりを行うため、企業側は具体的なコミュニケーションの中身や、顧客がどのようなニーズを持っているのかを把握することが難しいのです。

また、営業代行サービスは一般的に標準化されており、特定の業界や商品に特化した独自の営業手法を開発する機会が失われます。

これらの理由から、営業代行の利用は一時的な成果を求める場合や、営業体制を整備するための一時的な手段として利用するべきです。

営業代行の料金体系

ここでは、営業代行の料金体系について詳しく解説します。営業代行サービスを利用する際には、料金体系を理解して適切なサービスを選ぶことが重要です。

月額固定型

月額報酬型の営業代行の料金体系について考察します。これは、あらかじめ定められた月額の費用を支払うことで、営業代行業者があなたの会社の営業活動を担当します。

費用は、業者との契約内容や提供サービスの内容、対象となる業界や商品、サービスの種類により異なります。短期間の契約では高額になる可能性がありますが、長期契約の場合は割引が適用されることもあります。

月額固定型は、料金が予測しやすいため、予算管理が容易です。しかし、業績による変動がないため、業者のパフォーマンスが保証されない点に注意が必要です。

また、一定の成果が出るまでに時間がかかる場合、初期投資としてのコストが大きくなる可能性もあります。これらの要素を踏まえて、自社の予算や業績目標、業界特性などに合わせた最適な営業代行業者を選ぶことが重要です。

成果報酬型

成果報酬型の営業代行は、具体的な成果を出した場合のみ報酬を受け取る形態のサービスです。この形式では、会社が販売したい商品やサービスに対して、営業代行会社が新規顧客を開拓したり、既存顧客の更なる販売を促進したりします。

そして、その結果として生じた売上の一部を報酬として受け取ります。この料金体系の最大の特徴は、成果が出なければ報酬を支払わなくても良いという点です。これにより、企業はリスクを最小限に抑えつつ、最大限の成果を追求することが可能となります。

また、営業代行会社側も自身のスキルと直接報酬がリンクするため、より質の高いサービスを提供するインセンティブが生まれます。ただし、成果報酬型の営業代行を活用する際には、具体的な目標やKPIの設定、成果に対する報酬の計算方法など、細かな契約内容に注意を払う必要があります。

複合型

複合型の営業代行とは、成果報酬型と月額固定型の営業代行を組み合わせたサービスを提供することを指します。このタイプの営業代行は、企業がマーケティング戦略を多角的に進行させることを可能にし、更なるビジネスチャンスを広げます。

営業代行の料金体系は、サービス内容や期間、会社の規模などにより異なりますが、基本的には契約期間や業務内容に応じた固定費と、成果に応じた変動費の組み合わせになることが多いです。固定費は初期費用や管理費として、変動費は成功報酬やインセンティブとして発生します。

このような複合型の営業代行は、企業がリスクを抑えつつも高い成果を目指すことを可能にします。また、成果報酬型と月額固定型の営業代行が一体となった形態なので、企業のニーズに合わせて最適なプランを提案することも可能です。

営業代行の成果報酬型における費用の相場

成果報酬型はどの業務を担当してもらうかで企業の支払う費用の相場は変わります。ここでは以下業務の費用の相場を解説します。

成果報酬のテレアポの相場

成果報酬型の営業代行における料金相場について考える際、一つの指標となるテレアポの相場は、成功した場合に15000円から20000円が一般的です。この価格は、営業代行会社が顧客のために商品やサービスのアポイントメントを取得するための労力と時間を反映したものであり、その成功に応じて報酬が支払われます。テレアポの相場を理解することで、成果報酬型の営業代行サービスが自社のビジネスにとってコストパフォーマンスが高いかどうかを判断する一助となります。

成果報酬の商談の相場

成果報酬型の営業代行における報酬の相場は、一般的には商談一回あたり10000円から30000円の範囲に設定されています。これは、成果報酬型という特性上、営業代行会社が成功報酬を得るためには、顧客企業に対する適切な営業戦略を立案し、それを実行して結果を出す必要があるからです。

この報酬相場は、顧客企業のビジネスモデルやターゲットとなる市場、そして営業代行会社のスキルや経験などによって変動します。例えば、特定の業界に精通した営業代行会社は、その専門知識を活かして高い成果を上げることが可能であれば、相場以上の報酬を設定することもあります。

成果報酬の受注の相場

成果報酬型の営業代行の料金体系の一つに受注型の報酬があります。これは、代行会社が受注した成果に対して一定の割合を支払う形式の報酬です。その相場は、一般的には受注額の30%〜50%が常識とされています。つまり、100万円の受注を代行会社が成功させた場合、その報酬として30万円から50万円が払われることになります。

なぜこのような比率になるのかというと、それは受注成功のリスクを代行会社が全うするためです。成果報酬型の営業代行は、リスクを背負いつつも高いパフォーマンスを発揮することが求められます。その見返りとして、成功した場合の報酬は高く設定されるのです。

ただし、この相場はあくまで一般的なものであり、企業のニーズや代行会社の能力、業界の状況などによって変動することもあります。そのため、営業代行を検討する際は、複数の代行会社と相談し、適切な報酬体系を見つけることが重要です。

成果報酬型の営業代行のメリット

成果報酬型の営業代行は、その名の通り成果が出た時に初めて報酬が発生する、リスクを最小限に抑えた営業支援サービスです。その特性から、スタートアップや中小企業にとっては負担を感じにくい営業支援手段として注目されています。ここではそんな成果報酬型のメリットをご紹介

コストの削減

成果報酬型営業代行の大きなメリットの一つは、間違いなくコストの削減です。通常の営業活動では、人件費や設備費など、様々な固定費がかさみます。

しかし、成果報酬型の営業代行ならば、これらのコストを大幅に抑えることが可能です。さらに、専門的なスキルを持つ営業代行に業務を委ねることで、営業活動の品質向上と効率化が図られます。これにより、企業の負担を軽減しつつ、高品質な営業活動を継続することが可能になります。

したがって、成果報酬型の営業代行は、特に予算管理が厳しい中小企業にとって、非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

人件費の変動費化

成果報酬型営業代行の一つの大きなメリットとして、人件費の変動費化が挙げられます。これは、企業が直接営業人員を雇用する場合に固定的に発生する人件費を、成果に応じた報酬という形で変動費化することができるという意味です。リスクを最小限に抑えつつ、効率的な営業活動を行うことが可能になります。また、営業成果が直接報酬に反映されるため、営業代行会社も最大限の努力をすることが期待できます。

成果報酬型の方営業代行のデメリット

成果報酬型の営業代行は、その名の通り、成果が出た際に報酬を支払う方式を採用しています。この方式は、成果が出るまでのリスクを軽減できる一方で、デメリットも存在します。

人材の管理が難しい

成果報酬型営業代行の一つの大きなデメリットとして、人材の管理の難しさが挙げられます。営業代行を委託する企業側からすると、代行会社の営業スタッフの動向を把握しにくいという問題があります。また、成果報酬型の特性上、報酬が成果に直結しているため、短期的な成果を追求しやすく、長期的な顧客関係を築くための戦略が疎かになる可能性もあります。

また、代行会社の営業スタッフの質やスキルによっては、企業のブランドイメージに悪影響を及ぼす場合もあります。そのため、成果報酬型の営業代行を選択する際には、営業代行会社の選定や、その営業スタッフの育成・管理体制について十分な検討が必要となります。

成果が全くでない可能性もある

成果報酬型営業代行のデメリットとして最も大きなものは、成果が全く出ない可能性があることです。その理由は、営業代行会社が自社のリソースを最適に配置するため、全てのクライアントに対して均一なサービスを提供できないからです。

特に、新規事業や小規模企業では、市場や商品の認知度が低いため、初期の成果が出にくい傾向にあります。また、成果報酬型の場合、営業代行が提携先との関係性や市場の動向など、外部環境の変化に左右されやすいのもデメリットです。

さらに、成果報酬型では、クライアントが直接コントロールできる部分が少なく、営業活動の具体的なプロセスや進捗状況の把握が難しいこともあります。これらの点から、成果報酬型営業代行は確実な成果を求める企業には向かない可能性もあると言えます。

相性の良い企業とは

成果報酬型の営業代行は、その名の通り、成果が出た際にのみ報酬を受け取るタイプの営業代行サービスです。しかし、このタイプの営業代行は全ての企業にフィットするわけではありません。一体どのような企業が成果報酬型の営業代行と相性が良いのでしょうか。

アプローチ課金型と相性の良い企業

アプローチ課金型とは、営業代行会社が企業のために商談の機会を設けることに対する報酬を指します。

アプローチ課金型の営業代行は、特定の営業活動が多く行われる企業にとっては非常に有効な方法となります。例えば、新規顧客獲得を重視している企業や、大量のアプローチが必要なB2Bの企業などは、アプローチ課金型の営業代行と相性が良いと言えます。

また、アプローチ課金型の営業代行は、企業の営業活動を一定の範囲で保証するため、リスクを抑えつつ営業活動を行いたい企業にも適しています。予算を固定し、その範囲内での営業活動を委託することで、予算オーバーを防ぐことが可能です。

さらに、営業組織が未発達で自社での営業活動に自信がない企業や、専門的な知識を必要とする商品を扱っている企業も、アプローチ課金型の営業代行と相性が良いと言えるでしょう。営業代行会社は専門的な知識を持ったスタッフを抱えており、その知識を活かして効果的な営業活動を行うことが可能です。

アポ課金型と相性の良い企業

アポ課金型の営業代行は、一定のアポイントメントを獲得するごとに料金が発生するタイプのサービスです。これに対し、成果報酬型は契約や販売が成立した時にのみ料金が発生します。では、アポ課金型と相性の良い企業とはどのようなものでしょうか。

まず、アポ課金型の営業代行が適しているのは、自社での営業力強化を目指す企業です。アポイントメントを通じて、自社の営業スキルや商品知識を磨きつつ、新規顧客獲得につなげることができます。また、自社商品の特性や市場の反応を直接見ることができるため、マーケティング戦略の見直しにも役立ちます。

また、アポ課金型は、商品やサービスの購入決定に時間がかかる業界にも適しています。例えば、建設業やIT業界など、契約までに時間がかかる業界では、成果報酬型よりもアポ課金型の方が営業活動の効果を早期に確認することができます。

これらの特性から、アポ課金型の営業代行は、自社の営業力を強化したい企業、新規事業や市場に参入する企業、購入決定までに時間がかかる業界の企業と相性が良いと言えます。

成約課金型と相性の良い企業

成約課金型の営業代行と相性の良い企業について詳しく見ていきましょう。成約課金型は、成果が出た際にのみ報酬を支払う形態なので、リスクを抑えつつ営業活動を行いたい企業に向いています。特に、新規事業や新製品の市場浸透が目的の企業、予算を大きくかけずに効果的な営業活動を行いたいスタートアップ企業、また、営業部門を持たず、専門的な営業活動を外部に委託したい企業などに適しています。

また、成約課金型は、具体的な成果を求める企業に最適です。営業の結果が明確に数値化され、成果に応じて報酬を払うため、目標達成に向けた明確なフィードバックが得られます。そのため、成果主義の強い企業、特定のターゲットに対する高い成約率を求める企業にも適しています。

ただし、成約課金型には、成果が出るまで時間がかかる可能性や、成果が出ない場合には報酬が発生しないというリスクもあります。そのため、長期的な視点で営業活動を行い、結果を待つことができる企業、また、自社の製品やサービスに自信がある企業が、成約課金型との相性が良いと言えるでしょう。

月額固定型の営業代行と相性の良い企業

成果報酬型の営業代行とは異なり、月額固定型の営業代行は業績に左右されず安定した費用を支払うモデルです。特にこのモデルに適しているのは、一定の品質とサービスが必要な企業で、不確定要素を排除したい企業です。例えば、新製品のローンチや市場拡大などのプロジェクトを控えた企業は、プロジェクトの進行に伴うリスクを抑制しつつ、予算内で確実に結果を出すために月額固定型を選択することが多いです。

また、長期的な視点で営業活動を見ている企業も月額固定型と相性が良いです。成果報酬型は短期的な成果を追求する傾向がありますが、月額固定型では、企業のビジョンや長期的な戦略に沿った営業活動を計画し、継続的に実行することが可能です。

さらに、営業体制の強化や営業力の向上を目指す企業も、月額固定型の営業代行を選択することで、一貫した営業支援を受けることができます。これにより、企業は営業プロセスの最適化やスキルアップを図ることができ、結果的には自社の営業力を強化することが可能となります。

これらの企業は、営業活動に一定の予算を投入し、その結果を見極めることで、継続的な成長を目指すという共通点を持っています。したがって、月額固定型の営業代行との相性が良いと言えるでしょう。

成果報酬型の営業代行会社おすすめ11選

成果報酬型でのご発注を検討している方に向けて、おすすめの営業代行会社を厳選して11社ご紹介いたします。

keySALES(PR)

key SALES(キーセールス) は、テレアポやフォーム営業を実施するだけでなく、LP制作、リスティング広告等マーケティング領域における支援も可能です。自社開発のマッチングプラットフォームがあるため、採用力が高く、厳選されたトップセールスが実行支援を致します。また、経験豊富なプロジェクトマネージャーが戦略立案から実行マネジメントを行うため、成果の出る施策だけを提案させて頂きます。

key SALES|イチ押しPOINT

※弊社のご紹介で恐縮ですが
・完全オーダメイドな営業支援サービス(成果報酬型も対応可能)
・自社開発の副業プラットフォームを活用した採用力で、厳選されたトップセールスが支援
・プロジェクトマネージャー制度による、高い営業戦略立案力

企業URLhttps://key-sales.jp
運営会社for,Freelance株式会社
TEL03-6682-7687
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場成果報酬1件:15,000円〜(具体的な費用は営業担当にご確認ください)

コミットメント

BtoB領域に特化しているコミットメント株式会社のサービスは、アルファ・シグマ・データに分かれており、マーケティング・テレアポ代行・商談対応までそれぞれのサービスを完全成果報酬型で行っています。このモデルの最大の特徴は、成果が出なければ料金を支払う必要がないという点です。コミットメントαのプロフェッショナルなオペレーターは、高いスキルと経験を活かし、顧客のビジネスに最適なアプローチを提案します。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

コミットメンド|イチ押しPOINT

・他サービスと組み合わせることでマーケティングや商談まで対応
・成果報酬のため気軽に試すことができる
・アポイント獲得率平均3%

企業URLhttps://www.commitmentholdings.com/ 
運営会社コミットメント株式会社
TEL03-4500-2248
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

アソウ・ヒューマニーセンター

テレアポ代行会社の品質を示す重要な指標の一つであるアポイントの獲得は2~3%が平均的な値とされています。株式会社アソウ・ヒューマニーセンターは平均アポ獲得率が4.8%と高い実績があり、成果+架電件数に応じた従量課金モデルです。予算を極力抑えたい際におすすめです。

アソウ・ヒューマニティーセンター|イチ押しPOINT

・1社100円+成果報酬の料金モデル(初期・月額費用別途発生)
・オフラインでの週次ミーティング
・アポ獲得平均4.8%

企業URLhttps://www.ahc-net.co.jp/
運営会社株式会社アソウ・ヒューマニーセンター
TEL092-711-1922
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

トップコール

トップコールは一回のアポイントメントが確定するごとに8,800円~という料金体系になっています。成果報酬の費用相場に比べて安い料金であることが特徴です。

成果報酬型という特性上、アポイントメントの確定数によっては他社よりも費用が高くなる可能性もあるため、自社の営業フローと照らし合わせて検討することが重要です。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

トップコール|イチ押しPOINT

・架電件数とアポイント件数に分けた成果報酬モデル
・1件アポイント8,800円~
・10件単位の代行が可能

企業URLhttp://www.kooki.co.jp/
運営会社コーキ株式会社
TEL03-6462-1212
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ディグロス

株式会社ディグロスは、成果報酬型のテレアポ代行サービスを提供しています。初期費用や固定費が一切発生せず、1ヶ月単位での契約が可能なため、初めてテレアポ代行を利用する企業や、コストを抑えてサービスを利用したい企業におすすめの会社です。

ディグロス|イチ押しPOINT

・1ヶ月単位の成果報酬型
・初期費用、月額料金がないシンプルモデル
・受注確度の高いアポイントの獲得

企業URLhttps://dgloss.co.jp/
運営会社株式会社ディグロス
TEL03-6869-8063
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

ジャパンプ

この会社の特徴は、実務であるテレアポを社員が対応していることです。他社では業務委託やパートタイムスタッフが対応していることが多い中、株式会社ジャパンプでは全ての業務が社員が対応。そのため、一貫した品質と高い専門性が保たれています。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

ジャパンプ|イチ押しPOINT

・1,000時間以上の実務経験者による支援
・内省化できるようにフローの構築
・訪問営業にも対応

企業URLhttps://japump.com/
運営会社株式会社ジャパンプ
TEL03-6384-1059
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

WillWind

ポイント成果報酬プランと件数架電従量課金プランという、異なる二つのプランを提供しており、顧客の要望や予算に応じて選択することが可能です。アポイント成果報酬プランでは、成功したアポイントのみに対して報酬を支払う形となります。つまり成果が出なかった場合は費用がかからないので、初めてテレアポ代行を利用する企業や、予算が限られている企業にとっては非常に魅力的なプランと言えるでしょう。

一方、件数架電従量課金プランでは、アポイントに至るまでの電話件数に応じて費用が発生します。これにより、アポイントが取れなかった場合でも、その過程で得られる市場の反応や顧客のニーズなどの情報を収集することが可能です。柔軟にプランを選べるため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

WillWind|イチ押しPOINT

・アポイント成果報酬プランと件数架電従量課金プランあり
・商談同行によるアポイントの質改善
・ターゲットリストの絞り込み作成に対応

企業URLhttps://www.teleap-daiko.com/
運営会社株式会社WillWind
TEL03-6384-1059
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

エッジコネクション

株式会社エッジコネクションは、テレアポ代行業界で一線を画す存在であり、その特徴として全て正社員が対応するという点が挙げられます。これにより、一貫した品質とサービスを提供し、お客様に信頼されるパートナーとなっています。また、コール状況をリアルタイムで可視化するシステムを導入しており、お客様はいつでも現在の進捗状況を把握することが可能です。成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。

エッジコネクション|イチ押しPOINT

・全て正社員が対応
・コール状況をリアルタイムで可視化
・明確な料金形態

企業URLhttps://edge-connection.co.jp/
運営会社株式会社エッジコネクション
TEL050-6825-5900
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

NetReal+

ネットリアル株式会社のテレアポ代行サービスは、料金形態は一般とは異なります。この会社ではリスト販売やFAX営業なども対応していますが、ポイント購入をしてそのポイントをどう振り分けるか設定する流れとなります。

Netreal|イチ押しPOINT

・成果報酬型に対応
・明白なプラン設計
・アプローチ領域の幅が広い

企業URLhttps://www.netreal.jp/
運営会社ネットリアル株式会社
TEL
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

リンクアップスタッフ

有限会社リンクアップスタッフは、中小企業を対象にしたテレアポ代行サービスを提供しています。主に従業員10名以下の企業からの依頼が多く、その特長的なサービス内容と結果に対する信頼感から、多数の実績を誇っています。その確かな信頼性の証として、こちらの会社平均アポ率を企業ページに掲載しています。1.9%という数字は、業界平均を上回る高いアポイントメント率を示しており、その効果の高さを裏付けています。

リンクアップスタッフ|イチ押しPOINT

・平均アポ率1.9%
・従業員10名以下からの依頼が多い
・結果が出なかったら返金対応を行うこともある

企業URLhttps://www.telapo.com/
運営会社有限会社リンクアップスタッフ
TEL050-3635-5887
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

アポハンター

アズ株式会社のサービスであるアポハンターは完全成果報酬型のため、予算を極力抑えたい際におすすめです。また、アズ株式会社は、テレアポだけでなく商談も成果報酬で行うことができるサービスを提供しています。

アポハンター|イチ押しPOINT

・月に1度、訪問による活動報告(ケース次第)
・経験値の高いフリーランスによるメンバー構成
・リストアップのみの作成も可能

企業URLhttps://asz-park.com/
運営会社アズ株式会社
TEL03-5227-6211
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な料金については、ウェブサイトや営業担当への確認が必要です。

まとめ

本記事では、成果報酬型営業代行について詳しく解説しました。成果報酬型営業代行とは、成果が出た時だけ報酬を支払うという新しい形の営業代行です。これにより、営業活動におけるリスクを最小限に抑えつつ、自社の売上向上を目指すことが可能となります。さらに、成果報酬型営業代行は、企業の課題を解決する上で効果的な手段であるだけでなく、その運用方法や相場、種類についても詳しく説明しました。

また、成果報酬型営業代行のメリットとデメリットも明確にしました。メリットとしては、成果が出るまで費用がかからない点や、専門的な営業力を手に入れられる点があります。一方で、デメリットとしては成果が出なければ報酬が発生しないため、信頼できる営業代行会社を選ぶことが重要となります。

さらに、成果報酬型の営業代行と相性の良い企業、成果報酬型より月額固定型の営業代行と相性の良い企業についても触れました。それぞれの企業の特性や状況により、どちらを選択するかが変わるため、自社に合った営業代行を選ぶことが大切です。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る