効果的なテレアポリストの作成方法とは?営業代行会社が徹底解説

更新日

2024.03.23

営業活動において新規顧客の獲得にテレアポは非常に効果的ですが、その成功率は低く、成功率は1%以下と言われています。

しかし、正しくてれテレアポリストを作成し効果的にアプローチをすることで成功率も確実に上がり、商談設定までのステップをスムーズに行えます。

そこで本記事では営業代行サービスkey SALESを運営する弊社テレアポリストの具体的な作り方を手順やポイント、さらにメリットや注意点を踏まえてご紹介します。

只今営業代行サービスkey SALESでは、ご面談を頂けた方に無料で営業リスト5,000社をプレゼントしております。キャンペーンにご興味をお持ちの方は以下リンクより、お申し込みください。

営業リスト5,000社プレゼントキャンペーンお申し込み(完全無料)

テレアポリストとは

テレアポリストとは、テレマーケティングやアポイントメントの設定など、電話営業において必要不可欠なリストのことを指します。テレアポリストは、企業名や担当者名、連絡先情報など、営業先となる企業や個人の情報がまとめられたもので、テレアポリストの作成は極めて重要なタスクとなります。

テレアポリスト必要性

テレアポリストを理解したところで、なぜテレアポリストが必要なのでしょうか。テレアポリストは、営業の効率化を図るために不可欠なツールです。効果的なテレアポリストがあれば、営業担当者は見込み客の選定からリードを探す時間を大幅に節約できます。

テレアポリストを作るメリット

テレアポリストを作成することには、多くのメリットがあります。メリットを考えると、テレアポリストの作成は、ビジネスを成功に導くために欠かせない要素であるといえるでしょう。

テレアポの効率化

テレアポリストを作成することによる最大のメリットは、テレアポの効率化を遂げることができる点にあります。テレアポとは、電話を用いた営業活動の一つで、その効果は対象となるリストの質に大きく左右されます。

具体的には、リストが高品質であるほど、アポイントメントの取得率は向上し、無駄な時間を削減することが可能となります。テレアポリストを作成することは、営業チームが時間を無駄にするリスクを減らし、より成果を出す機会を増やすことにつながります。

リストの管理がしやすくなる

テレアポリストを作成することで、リストの管理が格段に容易になるのが一つの大きなメリットです。具体的には、個々のリストには見込み客の情報が整理されているため、その人物に関する情報を一目で確認できます。例えば、連絡先、業種、役職、業務内容、会社の規模など、テレアポインタビューに必要な情報が一元管理できるのです。

また、リストの管理がしやすくなることで、営業の成果も向上します。見込み客のニーズや問題点を把握しやすくなるため、その人物に対するアプローチをより的確に行うことができます。さらに、リストをもとにした営業活動は、営業の進捗状況を把握しやすくするため、営業戦略の見直しや改善につながるのです。

テレアポリストの作り方

ここではテレアポリストの作り方について詳しく解説します。以下のようなポイントを考慮することで、ビジネスにとって最適なテレアポリストを作ることができます。

リスト情報の収集

テレアポリストを作成するためには、まずリスト情報の収集が重要です。それぞれの業界、職種、都道府県などの情報が必要となります。高品質なテレアポリストを作成するためには、情報の収集方法が重要なポイントとなります。

エクセルなどで表を作成する

テレアポリストを作成する際には、エクセルなどの表計算ソフトを活用することが一般的です。それはなぜなら、エクセルは情報を整理し、分析し、管理するのに非常に便利なツールだからです。例えば、企業名、担当者名、連絡先、業種、商品やサービスの情報などです。

これらのツールを駆使することで、効率的にテレアポリストを作成し、管理することができます。エクセルの使い方は初めての方には少々複雑に感じるかもしれませんが、大変便利なツールとなるでしょう。

テレアポリストの情報入手方法

テレアポリストの情報入手方法とは、高品質なリストを作成するための重要なステップです。情報の収集は、テレアポリストの成功に直接影響を与えるため、正確で信頼性のある情報を入手することが極めて重要です。

企業HP

テレアポリストの情報を入手する方法の一つとして、企業の公式ホームページ(HP)が有用です。企業HPから得られる情報は最新であり、かつ正確性が高いと言えます。ただし、情報が更新されていない場合や、一部情報が非公開である場合もありますので注意が必要です。

四季報

四季報は、テレアポリストの情報を入手するための重要なツールです。四季報は、証券会社が発行する企業情報ガイドで、全上場企業の財務情報や業績予想、経営陣のコメントなどが掲載されています。これらの情報を活用することで、各企業の財務状況や事業展開、成長戦略などを詳しく知ることができます。

公的な統計データ

その一つ目として挙げられるのが公的な統計データを活用する方法です。国や地方自治体が提供している公的な統計データは、業種別や地域別の企業数、売上高、従業員数などの情報を詳細に提供しています。これらの情報を基に、ターゲットとする企業の規模や業界、地域などを絞り込むことが可能です。

業界特化型のデータベース

テレアポリストの情報を入手する際には、業界特化型のデータベースが非常に役立ちます。これらのデータベースは、特定の業界に特化した情報を提供しており、それぞれの業界のトレンド、企業情報、担当者の情報などを取り揃えています。

業界特化型のデータベースを利用することで、自社の商品やサービスを必要としている可能性のある企業や担当者を見つけることが可能になります。また、これらのデータベースは、情報の更新頻度が高いという特徴もあります。これにより、最新の情報を常に手に入れることができ、より効果的なテレアポリストを作成することが可能です。

販売会社からリストを購入する

テレアポリストの情報を手に入れるためには、直接販売会社から購入する方法もあります。販売会社は自社で収集したデータベースを提供しており、それらは業種、地域、企業規模など、さまざまな属性で分類されています。そのため、自社のビジネスニーズに合わせて細かくリストをカスタマイズすることが可能です。

リスト作成ツールを活用する

テレアポリストの情報を手に入れるためには、ツールの活用が非常に有効です。ツールを使用することで、個々の情報を手動で収集する手間を大幅に削減することができるだけでなく、より正確で詳細なデータを取得することが可能になります。

例えば、企業の最新の業績情報や担当者の連絡先など、営業活動に必要な情報を一元的に管理し、更新することができます。また、インターネット上には様々なテレアポリスト作成ツールがあり、それらを活用することで、自社のニーズに合ったリストを効率的に作成することが可能です。

テレアポリストの作り方とポイント

ここではテレアポリストの作り方とそのポイントについて深く掘り下げていきます。テレアポリストの作成は、適切な情報を集め、それを適切な形にまとめることが必要です。
以下のポイントを押さえつつ、テレアポリストを作成することで、効果的なテレアポを実現することができます。

見込み客をセグメント化

見込み客をセグメント化することは、テレアポリストを作成する上で重要なステップです。セグメント化とは、見込み客を特定の属性や行動に基づいてグループ分けすることを指します。例えば、業種や役職、購入履歴やウェブサイトの閲覧履歴などに基づいて見込み客を分けることができます。

これにより、各見込み客が持つニーズや関心を理解し、それに応じたアプローチを計画することが可能になります。そのため、見込み客のセグメント化は、テレアポリストの作成における重要なプロセスであり、適切な方法で行うことが求められます。

ターゲット絞ってリストを作成する

テレアポリストを作る際には、まず最初にターゲットを絞り込むことが重要なポイントとなります。具体的には、あなたのビジネスや製品に最も関心を持ち、購入可能性が高いと考えられる顧客層を特定することが求められます。

このターゲット設定は、後のテレアポリスト作成の効率性や成功率に直結します。リスト作成時に必要な情報を明確にすることができ、テレアポの効果を最大限に引き出すことが可能になります。この工程を丁寧に行うことで、より効果的なテレアポリストを作成し、ビジネスの成功に寄与することができます。

必要な情報のみ記載する

テレアポリストを作る際のポイントとして、必要な情報のみを記載することが大切です。リストの内容は、あなたの業績に直接影響を与えます。情報の適量化は、業務効率と結果の質の両方を向上させます。過剰な情報は、リストを見づらくし、必要な情報を見つけにくくします。

その反対に、情報が不足していると、貴重な時間を無駄にすることになります。必要な情報とは、企業名、業界、連絡先、決定者の名前、企業の規模など、テレアポの対象者に関連する基本的な情報です。


最新の情報に更新しておく

テレアポリストを作成する際のポイントは多岐にわたりますが、その中でも特に重要なのが情報の最新性を保つことです。業界や市場の動向は日々変化しており、その変化に対応した最新の情報を元にリストを作成することが必要となります。

例えば、企業の最新の業績情報や新製品のリリース情報、または企業が抱える課題などを把握し、それを基にアプローチする内容を考えることで、より具体的で効果的なテレアポが可能となります。情報の更新は一度きりではなく、定期的に行うことが求められます。

企業や市場の状況は常に変動しているため、定期的に情報を見直し、更新することで最新の状況に合わせたテレアポリストを維持できます。
これらのポイントを押さえ、最新の情報を元にしたテレアポリストの作成に取り組むことで、効果的なテレアポを実現することが可能となります。

社内で共有できるようにする

テレアポリストを作る際に重要なポイントの一つは、社内での共有性です。効果的なテレアポリストは、その情報を活用する全てのメンバーにとって有用であることが求められます。まず、作成したリストが各スタッフ間で容易に共有できる形式であることが必要です。

例えば、クラウドストレージ上に保管し、アクセスリンクを共有するなどの方法が考えられます。次に、リストの情報が一貫性を持つことも重要です。同じ企業名でも表記揺れがあると混乱を招くため、正確な情報を一貫した形式で記録することが必要です。

また、リストの更新も重要です。市場は日々変化しますので、定期的に情報を更新し、最新の状況を反映させることが重要です。これらのポイントを押さえ、全員が利用しやすいテレアポリストを作成しましょう。

テレアポリストを作る際の注意点

テレアポリストを作る際には、一見単純に思えるかもしれませんが、実はいくつかの重要な注意点が存在します。以下の点を念頭に置き、テレアポリスト作成に取り組むことで、より効果的にアポイント取得が可能となります。

リストは1つにまとめる

テレアポリストを作成する際の注意点は、情報を一元化し、リストを1つにまとめることです。一元化されたリストを作成することで、データの視覚的表現が可能になり、分析や見直しが容易になります。リストを一つにまとめることで、全体像を把握しやすくなり、どのリードが最も有望で、どのリードに焦点を当てるべきかを判断しやすくなります。また、リスト内のリードの優先順位付けもスムーズに行えます。

テレアポリストの質

テレアポリストの質は、ビジネスの成功に直結します。質の高いテレアポリストは、適切なターゲットに到達し、有益な情報を提供し、最終的には新規顧客やリピート顧客を獲得するための強力なツールとなります。反対に、質の低いテレアポリストは、企業の評判を傷つけ、顧客獲得のチャンスを逃す可能性があります。

テレアポリストの質を高めるためには、まず始めにリストの精度を確保することが重要です。これは、リストに含まれる情報が最新で正確なものであることを意味します。古い情報や誤った情報を持つリストは、時間とリソースの無駄につながります。

目的に合ったリストを作成する

テレアポリストの作成に際しては、その用途や目的に適した情報を収集し、リスト化することが重要となります。具体的には、どの業界や企業、どのような役職の人物を対象とするのか、その人物の連絡先はどのくらいの精度で必要なのか、といった点を明確にします。

また、テレアポリストの作成では、情報の正確性を保つために、情報源の信頼性も重要な要素となります。したがって、情報を収集する際には、公的な情報源や正確性が確認できる情報源を使用することが推奨されます。

テレアポリストを日々更新する

テレアポリストを作成したからといって、一度作れば終わりではありません。市場の動向や顧客のニーズは日々変わるため、テレアポリストもそれに合わせて日々更新する必要があります。特に、顧客情報の変化や新たな見込み顧客の発見などには敏感に対応し、その都度リストを更新することが求められます。

また、一度リストに入れた企業が競合他社との取引を開始した場合や、業績が悪化して取引が困難になった場合なども、リストから外すなどの対応が必要となります。これらの更新作業は、テレアポリストを有効に活用するための重要なステップであり、リストの精度を高め、無駄な労力を削減するための手段といえます。

それぞれの企業や業界の動向を見極めながら、適切な更新を行うことで、テレアポの効率を大いに向上させることができるのです。このようにテレアポリストの日々の更新は、営業効率を上げるためには欠かせない作業となります。

テレアポリストを購入際のポイント

ここでは、テレアポリストを購入する際の重要なポイントについて詳しく説明します。以下のポイントを押さえてテレアポリストを選ぶことで、効果的なテレアポの実施が可能となります。

リストの質や制度

テレアポリストを購入する際には、その業者選びが非常に重要となります。特に、リストの質や制度を鑑みることは必須です。リストの質とは、リストに含まれる企業や個人の情報が最新であり、正確であることを指します。古い情報や誤った情報を含むリストは効果的なテレアポを行うことができず、業績向上につながりません。

また、制度とは業者の提供するサービス内容やアフターサポートのことを指します。例えば、不正確な情報を指摘した際の対応や、リストの更新頻度、その他のサポート内容などが含まれます。良質なテレアポリストを提供する業者は、こうした制度を充実させています。制度が整っている業者を選ぶことで、テレアポリストの利用がスムーズに行え、問題が発生した際も迅速に対応してもらえます。

これらを考慮した上で業者を選ぶことで、テレアポが効率的に行え、最終的には業績向上につながるでしょう。

違法性がないか

テレアポリストを購入する業者選びは、業績向上の鍵となるだけでなく、企業の信頼性を保つためにも重要です。選択を誤れば、違法な情報を扱うことになりかねません。まず、業者が提供するテレアポリストの情報源が法令に適合しているかを確認しましょう。具体的には、個人情報保護法や特定商取引法など、情報取得や取引に関連する法律を遵守しているかどうかを見極めます。

次に、業者がテレアポリストの取り扱いについて適切な許可を得ているかを検証します。例えば、個人情報の取り扱いに関する許可や、マーケティングに関連する資格などが該当します。これにより、業者が適法に業務を運営しているかを確認できます。

以上の点を押さえて業者選びを行うことで、信頼性の高いテレアポリストを安全に利用することが可能となります。適切な業者選びは、企業の成長を支えるだけでなく、法的リスクを回避するためにも必須です。

価格は適正か

テレアポリストを購入する際には、業者選びが重要なポイントとなります。しかし、単に購入するだけでなく、その価格が適正かどうかも重要な判断基準となります。業者によって価格設定は大きく異なるため、自社の予算内で最適なリストが購入できるかどうかを把握することが必要です。

まずは、業者の評価やレビューを調査し、信頼性があるかどうかを確認しましょう。その後、提供されるテレアポリストの詳細を確認します。リストに含まれる情報の量や質、更新頻度、対象となる業界や地域等、自社のニーズに合ったリストが提供されているかどうかが重要です。それらの要素を考慮に入れた上で、価格が適正かどうかを判断します。

また、価格だけでなく、サポート体制も確認することが重要です。リストを活用する上で問題が生じた場合、迅速に対応してくれる業者であることは大きな強みとなります。具体的なサポート内容や対応速度を確認し、それが価格に見合ったものであるかを評価しましょう。

まとめ

本記事では、テレアポリストとは何か、その作成のメリット、作り方、情報入手方法、作成時のポイントと注意点、そしてテレアポを購入する業者選びのポイントについて詳しく解説しました。

テレアポリストは、効率的な営業活動には欠かせないツールであり、その作成と活用は業績向上に直結します。しかし、適切な情報の収集と選定、そしてリスト作成には一定のスキルと知識が求められます。また、テレアポを外部の業者に委託する場合も、その選定には慎重さが必要です。

本記事を参考に、テレアポリストの作成と活用、そして適切な業者選びの方法を理解し、効果的なテレアポリストを作成し、最適な業者を選定して、成功に繋げる営業活動を展開してください。この情報が皆様のビジネスに役立つことを願っています。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る