営業コンサル会社の選び方とポイントを徹底解説

更新日

2024.03.28

企業にとって重要なポジションを担う営業活動。しかし、成果が上がらず、その理由も不明でお悩みの方も多いのではないでしょうか。営業コンサルはそんなお悩みを抱える企業にとって非常に効果的なサービスを提供します。

本記事では営業代行サービスkey SALESが、コンサルティングのサービス内容や重要性、また、おすすめの企業やメリットをご紹介します。サービスをご検討の方はぜひご覧ください。

営業コンサルティングサービスの資料をすぐに確認したいという方は以下より、無料で提供している資料をご覧ください。

営業代行・コンサルティングサービス概要説明資料

営業コンサルとは

営業コンサルとは、企業の営業部門が抱える課題を解決するために、外部の専門家がアドバイスや支援を提供するサービスを指します。

彼らの専門分野は営業戦略の立案、営業力の強化、営業組織の改善など多岐に渡り、企業の具体的なニーズに応じて様々な形で支援を行います。営業コンサルタントは、企業のビジネスモデルや業界、市場状況を理解し、その上で最適な営業戦略や手法を提案します。

営業代行とコンサルの違いは?

ここでは営業代行と営業コンサルティングの違いについて詳しく解説します。それぞれのサービスには、適した状況と目的があります。どちらを選ぶべきかは、企業の現状と目指す方向性によって変わります。

報酬制度

営業代行と営業コンサルの違いについての理解を深めるためには、それぞれの報酬制度に注目するべきです。営業代行は、一般的には業績に連動した報酬制度が多いのに対し、営業コンサルは時間単位やプロジェクト単位での報酬が主流となっています。しかし、どちらも業績向上に直結することが求められるため、報酬制度だけではなく、その成果をどのように出すかという視点も重要となります。

営業代行の報酬は、新規顧客の獲得数や売上向上など、具体的な成果に直結します。これは、営業代行が具体的な営業活動を行うため、その成果が直接的に評価されるからです。一方、営業コンサルの報酬は、提供するアドバイスや戦略の質に基づくものが多いです。これは、営業コンサルが企業の営業力向上を目指す戦略やプランを提供するため、そのアドバイスがどれだけ企業にとって有益であるかが評価されるからです。

営業代行と営業コンサルの報酬制度の違いを理解することで、自社に適したサービスを選ぶ際の判断材料になります。各サービスの特性を理解し、適切な報酬制度を選ぶことが重要です。

利用期間

営業代行と営業コンサルティングは、その利用期間によって大きな違いがあります。営業代行は、企業の売り上げ向上や業績改善を直接的に目指すサービスで、その期間は通常長期的です。具体的な営業活動を代行するため、契約期間は数ヶ月から数年となります。

一方、営業コンサルティングは、企業の営業力を向上させるための戦略やスキルを提供するサービスで、その期間は比較的短期的です。営業スタッフの教育や営業戦略の策定を行うため、契約期間は数週間から数ヶ月となります。ですから、企業が直面する課題や目指す目標によって、適切なサービスとその利用期間を選択することが重要です。これらの理解を深めることで、適切な営業支援を選ぶ手助けとなるでしょう。

営業コンサル会社を利用するメリット

ここでは営業コンサルを利用する際のメリットについて迫っていきます。営業コンサルを利用することで、企業は営業成績の向上だけでなく、組織全体の業績向上を目指すことができます。

営業戦略の最適化

営業コンサルティングを利用する主なメリットの一つは、営業戦略の最適化です。営業コンサルタントは、企業の既存の営業プロセスを詳細に分析し、改善点や新たなアプローチを提案します。これにより、営業効率を高め、売上を向上させることが可能になります。また、営業チームのスキルセットを強化するためのトレーニングや研修も提供します。

営業チームの教育

営業コンサルを利用する最大のメリットの一つは、それが営業チームの教育に非常に効果的であることです。営業はビジネスの中心的な部分であり、そのパフォーマンスは会社全体の収益に大きな影響を与えます。

しかし、すべての営業チームが最高のパフォーマンスを発揮しているわけではありません。これは、多くの場合、適切な教育と指導が不足しているためです。コンサルタントは、外部の視点と専門的な知識を持つため、既存の営業プロセスに新たな視点を持ち込むことができます。

彼らは営業チームが直面する課題を理解し、それに対処するための戦略を開発するのに役立ちます。また、営業チームが必要とするスキルを教え、彼らのパフォーマンスを向上させるためのトレーニングを提供します。

おすすめの営業コンサルティング会社

ここでは皆様のビジネスに最適な営業コンサルティング会社をご紹介します。市場で注目を集めている複数の企業をピックアップし、それぞれの特徴や提供するサービスを詳しく解説します。

keySALES(PR)

key SALES(キーセールス) は、テレアポやフォーム営業を実施するだけでなく、LP制作、リスティング広告等マーケティング領域における支援も可能です。自社開発のマッチングプラットフォームがあるため、採用力が高く、厳選されたトップセールスが実行支援を致します。また、経験豊富なプロジェクトマネージャーが戦略立案から実行マネジメントを行うため、成果の出る施策だけを提案させて頂きます。

key SALES|イチ押しPOINT

※弊社のご紹介で恐縮ですが
・完全オーダメイドな営業支援サービス(営業コンサルティングも対応可能)
・自社開発の副業プラットフォームを活用した採用力で、厳選されたトップセールスが支援
・プロジェクトマネージャー制度による、高い営業戦略立案力

企業URLhttps://key-sales.jp
運営会社for,Freelance株式会社
TEL03-6682-7687
実績詳細な実績はサイト上で確認
相場具体的な費用は営業担当にご確認ください

株式会社プルセルトラクション

プルセルトラクションはBtoB新規事業に特化したセールスアンドマーケティングスリューションカンパニー。独自のノウハウとデータを活用し新規事業の立ち上げからスケール、各ステージごとに最適なソリューションを提供

株式会社プロセルトラクション|イチ押しPOINT

・BtoBの新規事業に特化している
・プロフェッショナルチームによる最適なサポート
・提供生産性向上や新規顧客獲得を実現
・VOCを活かしたプロダクト改善

企業URLhttps://www.prosell-traction.com/
運営会社株式会社プロセルトラクション
TEL03-6455-1135
実績詳細な実績はサイト上でご確認ください
相場具体的な費用は営業担当にご確認ください

株式会社リブ・コンサルティング

株式会社リブ・コンサルティングは、営業成果の向上を目指す企業に対し、専門的な営業コンサルティングを提供する企業の一つです。同社のサービスは、営業戦略立案から営業プロセスの最適化、営業スキル向上のための研修まで、幅広くカバーしています。また、企業の成長段階や課題に応じたオーダーメイドのコンサルティングを行っています。

株式会社リブ・コンサルティング|イチ押しPOINT

・支援実績が豊富
・効果的な営業組織の構築
・アジア各国で新規事業をしたい方

企業URLhttps://www.libcon.co.jp/
運営会社株式会社リブ・コンサルティング
TEL03-5220-2688
実績詳細な実績はサイト上でご確認ください
相場具体的な費用は営業担当にご確認ください

株式会社セレブリックス 

セレブリックスは創業25年、1200社にも及ぶ豊富な支援実績を誇る会社です。その実績から得た体系化された成功パターンを元に最適な支援を提供。

株式会社セレブリックス|イチ押しPOINT

・実践型セールスコンサル
・営業ガイドライン策定
・セールストレーニング

企業URLhttps://www.cerebrix.jp/
運営会社株式会社セレブリックス
TEL03-6675-8251
実績詳細な実績はサイト上でご確認ください
相場具体的な費用は営業担当にご確認ください

営業コンサル会社を選ぶポイント

ここでは、営業コンサルティング会社を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。費用と効果のバランスを見て、自社にとって最適なパートナーを選びましょう。これらのポイントを踏まえて、自社に最適な営業コンサルティング会社を選ぶことが、結果的には業績向上につながります。

支援実績

営業コンサルタントを選ぶ際の一つの重要なポイントはそのコンサルタントの実績です。営業成績の向上や営業戦略の見直しを成功させるためには、経験豊富で信頼性の高いコンサルタントの選択が不可欠です。コンサルタントの実績を評価する際のポイントは、過去のクライアント企業での成果、専門知識、業界経験、コンサルティングスキル、そしてそのコンサルタントが提供する具体的な戦略やソリューションです。

まず、過去のクライアント企業での実績はコンサルタントの能力を示す重要な指標です。成功したプロジェクトの数やその成果、クライアントからの評価などを確認しましょう。次に、コンサルタントが持つ専門知識や業界経験も重要です。あなたの業界や市場に精通しているコンサルタントは、より的確なアドバイスや戦略を提供することができます。

また、コンサルタントのコンサルティングスキルは、その人がどの程度効果的にアドバイスを提供し、問題を解決できるかを示すものです。コンサルタントが提供する具体的な戦略やソリューションを確認することで、そのコンサルタントがあなたのビジネスにどのような価値を提供できるかを具体的に理解することができます。

コンサルタントの専門性

営業コンサルタントを選ぶ際の重要なポイントの一つとして、コンサルタントの専門性が挙げられます。専門性とは、特定の業界や営業手法に精通していることを指します。これは、営業コンサルタントが提供するアドバイスや戦略が、あなたのビジネスに特化したものであることを保証します。例えば、BtoB営業に特化したコンサルタントは、その分野に関する深い知識と経験を持っています。

また、特定の業界に精通しているコンサルタントは、その業界のトレンドや競争環境を理解しているため、業界特有の問題に対する解決策を提案できます。以上のように自社のビジネスモデルや業界に合った専門性を持つ営業コンサルタントを選ぶことが重要となります。

コンサルティング費用

営業コンサルティングの選択時には、料金体系も重要なポイントの一つとなります。各企業の予算や目標に合わせて、適切なコンサルティングサービスを選びましょう。営業コンサルティングの料金は、一般的に時間単位で計算されることが多いです。しかし、具体的なプロジェクトごと、または結果に基づいて提供される場合もあります。

また、初期設定費用や月額費用、成功報酬型など、さまざまな料金設定が存在します。料金以外にも、契約期間やサービス内容、サポート体制なども詳しく確認することが重要です。また、企業のビジネス状況や目指す結果によっては、高額なコンサルティング料金が発生する場合もありますが、それが企業の成長に対する投資と考え、長期的な視点で判断することが求められます。

営業コンサルティングを選ぶ際は、自社のニーズとコンサルタントの提供するサービスが最適にマッチすることを確認し、その上で料金を比較検討することが重要となります。

営業コンサル会社が行う業務内容

営業コンサル会社が実際に行う業務とは何か?その内容は多岐にわたりますが、主なものとして以下のような業務があります。

営業戦略アドバイス

営業コンサルタントは、企業の営業部門が抱える課題を解決するための重要なパートナーとなります。その具体的な業務内容のひとつが、営業戦略のアドバイスです。営業戦略は企業の成長や利益を左右する重要な要素であり、その策定や改善は専門的な知識と経験を必要とします。営業コンサルタントは、マーケットリサーチや競合分析、顧客分析などを通じて企業の営業状況を深く理解し、最適な営業戦略を提案します。

また、営業コンサルタントは企業の既存の営業戦略を評価し、その効果を分析する役割も担っています。営業コンサルタントが提供する専門的な視点とアドバイスは、企業の営業活動をより効果的にするための重要な手段となります。

新規開拓

営業コンサルタントの主要な業務のひとつが新規開拓です。これは、ビジネスの成長と発展にとって不可欠なプロセスであり、営業コンサルタントがそのノウハウと経験を活かして実行します。
新規開拓のプロセスは、市場調査、ターゲット顧客の特定、営業戦略の策定、そして実際の営業行動に分けられます。そして最も重要な営業行動では、具体的な商談やプレゼンテーションを行い、新規顧客を獲得します。

これらのプロセスは、営業コンサルタントが持つ市場知識、営業スキル、交渉力などを駆使して行われます。しかし、新規開拓は単に新しい顧客を探し出すだけではありません。企業の将来の成長を支える重要な活動です。営業コンサルタントはその専門的な視点と経験を活かし、企業の新規開拓を成功に導きます。

営業プロセスの最適化

営業コンサルタントが企業に提供するもう一つの重要なサービスは、営業プロセスの最適化です。これは、企業の営業活動全体を見直し、最も効率的で効果的な方法で行うためのステップを提案することを意味します。

営業プロセスの最適化は、顧客との関係を深め、より多くの取引を獲得するための戦略を策定したり、営業チームのパフォーマンスを向上させるためのトレーニングを提供したりします。
営業コンサルタントは、企業が営業目標を達成するのを助けます。それは、企業が競争力を持続し、長期的な成功を達成するための重要なステップです。

営業コンサルタントと共に働くことで、企業は自身の営業プロセスを効果的に改善し、結果として業績を向上させることができます。

ツール導入支援

営業コンサルタントが行う業務内容は多岐にわたりますが、その中でも特に重要な領域が営業ツールの導入支援です。営業ツールとは、営業活動を効率化し、成果を最大化するためのツールのことを指します。これにはCRM(顧客管理システム)、SFA(営業支援ツール)、MA(マーケティングオートメーションツール)などが含まれます。営業コンサルタントは、企業の営業活動や戦略に最適なツールを選定し、その導入を支援します。

そのため、営業コンサルタントは、企業の現状を詳細に把握し、最適なツールを選び、導入プロセスを設計します。これにより、営業ツールは単なるツールではなく、企業の営業力強化の一環となります。また、営業ツールの導入は、導入後の適切な運用や改善が必要になります。営業コンサルタントは、その全過程を支援し、企業の営業力向上を実現します。

営業コンサルが必要な企業

営業力を向上させるために営業コンサルを必要とする企業は、具体的にはどのような状況にあるのでしょうか。ここでは、営業コンサルが必要な企業の特徴について詳しく説明します。

営業力が低下している企業

営業コンサルが必要とされる状況は多々ありますが、特に求められるのは、企業の営業力が低下しているケースです。売上が伸び悩んでいる、新規顧客の獲得が難しい、営業員のモチベーションが低下しているなど、営業現場での様々な課題が見つかった際には、営業コンサルの導入を検討することで、その問題点を具体的に解決へと導くことが可能となります。

営業コンサルは、企業の営業戦略を見直すだけでなく、営業員一人ひとりのスキルアップにも寄与します。組織全体の営業力を底上げするために、営業コンサルの導入は有効な手段と言えるでしょう。営業コンサルは企業の営業力を回復させ、さらには向上させる役割を果たすのです。

新規事業を始める企業

営業コンサルの支援は、新規事業を始める企業にとって非常に有益であると言えるでしょう。新規事業は、市場へのエントリーが初めてであるため、市場のニーズを正確に把握し、それに対応した営業戦略を立てることが求められます。営業コンサルタントは、そのような状況で企業の営業活動を戦略的にサポートします。

具体的には、市場調査から始まり、ターゲット顧客の特定、営業戦略の策定、営業スタッフのトレーニングなど、新規事業の成功に向けた様々な業務を行います。また、新規事業の立ち上げには多くのリスクが伴いますが、営業コンサルタントはそのリスクを最小限に抑えるためのアドバイスも提供します。新規事業を始める際には、営業コンサルタントの専門的な知識と経験を活用することで、成功に繋がる可能性を大いに高めることが可能です。

営業コンサルティングを成功させるポイント

ここでは、営業コンサルティングを成功に導くための重要なポイントを紐解いていきます。以下のポイントを押さえ、営業コンサルティングを最大限活用しましょう。

自社でゴールを設定する

営業コンサルティングを成功に導くためには、まず自社のゴールを明確に設定することが重要です。コンサルティングは、あくまで指導や助言を提供するものであり、最終的な目標は自社が持つべきです。そのゴールが曖昧であれば、コンサルティングの方向性もブレる可能性があるため、具体的な目標設定が求められます。

目標設定には、具体的な数値目標、期間、戦略、行動計画等の要素が必要となります。数値目標は、営業成績の向上や、新規顧客の獲得数の増加等、量的に測定できる目標を設定します。期間は、その目標を達成するための期限を明示します。戦略は、目標達成のための大まかな方針を示し、行動計画はその戦略を具体的な行動に落とし込んだものとなります。

自社でゴールを設定することは、営業コンサルティングを方向付け、結果を明確にするための基盤となります。また、ゴール設定はスタッフ全員が目標に向かって一丸となるための共通認識の形成にも寄与します。自社の現状を正確に把握し、適切なゴールを設定することで、営業コンサルティングを最大限活用し、営業成果を向上させることが可能となります。

課題を明確にする

営業コンサルティングを成功させるためには、まず課題を明確にすることが重要です。その企業がどのような問題を抱えているのか、それが何に起因しているのかを深掘りし、その上で解決策を考えることが求められます。課題の明確化は、その後の戦略立案やアクションプランの策定にも直結するため、非常に重要なステップと言えます。

また、課題を明確にすることで、営業コンサルティングの目標設定もしやすくなります。具体的な課題が明らかになれば、それを解決するための具体的な目標を設定することが可能となり、その達成度を測ることも容易になります。このように課題の明確化は、営業コンサルティングの全体的なフローをスムーズに進めるために不可欠です。

コンサルティング会社に頼りすぎない

営業コンサルティングを導入する際の一つの注意点として、「営業コンサル会社に頼りすぎない」ことが挙げられます。これは、営業コンサル会社が提供するサービスや策略が全ての企業や業界に適合するわけではないからです。営業コンサル会社の専門知識や経験を活用しつつも、自社のビジネスモデルや市場状況を理解し、自社の強みを活かした営業戦略を練ることが重要です。また、コンサルタントが提案する戦略をそのまま鵜呑みにせず、自社の現状や目標に照らして検証し、必要に応じて修正や改善を加えることも大切です。さらに、営業コンサル会社への依存を防ぐためには、自社内での営業力強化も同時に行うべきです。社員教育やトレーニングを通じて、社内の営業力を高め、コンサル会社に依存しない営業体制を構築することで、長期的な営業戦略を実現できます。

営業コンサルの料金体系

最後に営業コンサルの料金体系について詳しく解説しましょう。コンサル会社との契約時には、明確な成果目標を設定し、それに対する報酬体系をしっかりと理解した上で契約することが求められます。

定額制

営業コンサルの料金体系の一つに定額制があります。定額制とは、その名の通り、一定の額を支払うことで営業コンサルティングのサービスを受ける方式のことを指します。営業コンサルティング企業との契約期間中、月額または年額の固定費用により、必要なアドバイスや指導を受けることができます。サービスの内容は企業によって異なりますが、一般的には、営業戦略の策定や見直し、営業スキルの向上、営業組織の改善などが含まれます。

定額制の最大のメリットは、予算管理が容易であることです。あらかじめ料金が決まっているため、予期せぬ追加費用が発生する心配がありません。しかし、定額制にはデメリットもあります。一定の額を支払っても、必ずしも期待通りの結果が得られるわけではないからです。そのため、営業コンサルティング企業を選ぶ際には、その評価や実績をしっかりと調査することが必要です。。

時間制

時間制の料金体系は、その名の通り、提供されるサービスの時間に応じて料金が発生します。これは、特定のプロジェクトや課題に取り組む場合、または特定の期間コンサルタントの専門知識やスキルを必要とする場合に適しています。時間制の料金体系の一つの利点は、企業が必要な時間だけコンサルタントを利用できるため、予算管理がしやすいということです。

しかし、一方でこの料金体系のデメリットとして、作業が長引くと予想以上のコストが発生する可能性があります。また、コンサルタントのスキルレベルや経験によっては、時間単位の料金が高くなる場合もあります。したがって、時間制の料金体系を選ぶ際は、予め必要な作業時間とその費用を明確に把握し、予算内で最大限の効果を得られるよう計画することが重要です。

成果報酬制

営業コンサルタントの料金体系にはさまざまな形がありますが、その中でも特に成果報酬制は注目されています。成果報酬制とは、文字通りコンサルタントが提供したサービスの結果、クライアントが一定の成果を上げた場合にのみ料金が発生するというシステムです。具体的には、新規顧客の獲得数や売上高の増加など、事前に定められた目標を達成したときにコンサルタントに報酬が支払われます。

この成果報酬制の最大の特長は、クライアント企業がリスクを最小限に抑えられる点にあります。初期投資を抑えつつ、目標達成に向けたコンサルタントの意欲を引き出すことができるという利点があります。また、コンサルタント側にとっては、自身のスキルと経験を活かして高い成果を上げることができれば、それに応じた適正な報酬を得ることができます。

しかし、一方で注意点もあります。成果報酬制は高い動機付けを生む一方で、短期的な結果を追い求めるあまり、長期的な視点を欠く可能性もあります。また、目標設定が不適切だと逆にコンサルタントの意欲を削ぐ結果となりかねません。したがって、成果報酬制を選択する場合は、目標設定や評価基準、報酬額など、細部にわたる契約内容をしっかりと確認し、双方が納得の上で進めることが重要です。

まとめ

本記事では、営業コンサルの役割や選び方、利用メリット、業務内容、料金体系などを詳しく解説しました。代行会社とは異なり、戦略立案やスキルの向上などを手掛けます。営業コンサルティング会社を利用すると、社内の営業力が全体的に向上し、売り上げアップにつながる可能性があります。

また、利用する際のポイントや、成功させるための手法も紹介しました。選ぶべき会社は、自社の目指す目標や課題解決に対する理解が深いこと、また具体的な業務内容や料金体系が明確であることなどが重要です。売り上げ向上だけでなく、社内の文化改善や人材のスキルアップにも寄与する重要なサービスです。

最後に、営業コンサルが必要な企業の特徴についても触れました。売り上げが伸び悩んでいる企業や、新規事業を立ち上げたい企業、営業スキルの向上を図りたい企業などにとって有効な手段と言えるでしょう。以上の情報をぜひ参考にして、自社の営業強化に活用してみてください。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る