【2024年】インサイドセールスの概要とおすすめ代行会社の比較

更新日

2024.04.14

インサイドセールス代行

近年インサイドセールスという職種が注目を集めています。

従来のフィールドセールスとは異なり、インサイドセールスは主に電話やメール、ウェブ会議などを通じて顧客との関係を築く方法です。

特に、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが広がる中、この方法はますます重要性を増しています。インサイドセールス代行会社を選ぶ際に、どの代行会社を選ぶべきか、どのように活用すれば良いのか迷っている方も多いでしょう。

本記事は営業代行サービスkey SALESを運営する担当者が、インサイドセールスの基本的な知識から、インサイドセールス代行会社の特徴や選定時の注意点まで、その全てを詳しく解説します。

営業代行をお願いする場合、「いくらかかるのか相場が気になる」「まずはサービス資料を見てみたい」という方は以下よりサービス資料をダウンロードしてください。

営業代行サービスkey SALES概要説明資料ダウンロード(無料)

インサイドセールスとは?

インサイドセールスは、直訳すると「内部営業」を意味します。近年では、デジタル技術の進化により、より効率的かつスケーラブルな営業手法として注目されています。インサイドセールスの特徴について解説します。

インサイドセールス(IS)とフィールドセールス(FS)の違い

インサイドセールスとは、一般的にオフィス内(インサイド)で行われる営業活動を指します。対面での商談よりも、電話やメール、ビデオ会議等のデジタルツールを用いて顧客と接触することが特徴です。これに対してフィールドセールスとは、文字通り「フィールド」、つまり顧客の元へ足を運び、直接対話を行う従来型の営業スタイルを指します。

両者の最大の違いは、営業活動の場所と接触方法です。インサイドセールスはオフィスベースで、デジタルツールを活用してリモートで営業を行います。一方、フィールドセールスは主に顧客の元へ出向き、対面での商談を主体に営業を展開します。

また、インサイドセールスは一対多のコミュニケーションが可能なため、一度に多くの顧客と接触することが可能です。反対にフィールドセールスは一対一の対話が主なため、一度に接触できる顧客数は限られます。

しかし、これらは一概に優劣をつけられるものではなく、ビジネスの性質や目的、顧客のニーズにより適切な営業スタイルが変わります。例えば、製品の説明が難しい、顧客との深い関係性を築く必要がある場合にはフィールドセールスが適しているかもしれません。一方、製品の説明が容易で、一度に多くの顧客と接触したい場合にはインサイドセールスが有効です。

インサイドセールスのメリット

インサイドセールスの最大のメリットとしては、効率性とコスト削減が挙げられます。物理的な移動を伴わないため、営業担当者はより多くの顧客と対話でき、一日の生産性が大幅に向上します。また、交通費や出張費などの経費を削減することが可能で、これが企業の収益向上に繋がります。

さらに、インサイドセールスは、顧客データを収集しやすく、それを分析して販売戦略を最適化することが可能です。顧客とのやり取りはデジタル化されているため、その全てを記録し、分析することで、よりパーソナライズされた販売戦略を展開することが可能となります。

また、インサイドセールスは、顧客とのリレーションシップを深めるための新しいチャンスを提供します。電話やオンラインミーティングなどを通じて、顧客と頻繁に接触することが可能です。これにより、顧客のニーズを深く理解し、長期的な信頼関係を築くことができます。

これらの理由から、インサイドセールスは、現代の営業戦略において重要な位置を占めています。効率性、コスト削減、データ利活用、顧客とのリレーションシップ強化といったメリットを活かすことで、企業は競争力を保ちつつ成長を続けることが可能になります。

インサイドセールスのデメリット

インサイドセールスにはデメリットも存在します。その一つが、顧客との直接的な対面がないために、顧客の反応や表情を読み取ることが難しい点です。これにより、顧客のニーズを正確に把握することや、効果的な提案を行うことが難しくなる可能性があります。

また、インサイドセールスは技術的なスキルや知識を必要とするため、新たな人材育成や教育にコストと時間を投じる必要があります

さらに、オンラインや電話といった間接的なコミュニケーション手段を通じての販売であるため、信頼関係の構築に時間がかかるというデメリットもあります。これらの問題を解決するためには、適切なインサイドセールスの戦略とスキル習得が求められます。

インサイドセールス代行会社を活用するメリット

インサイドセールスとは、直接顧客と対面しないリモートからの営業活動を指します。そして、その業務を専門的に代行する会社が存在します。では、なぜこれを活用するのでしょうか。下記3つの明確な利点にあります。

インサイドセールス代行を活用する3つのメリット

・リソース不足の解消
・営業活動の効率化
・他社での成功事例を元に営業戦略を提案

リソース不足の解消

インサイドセールス営業代行会社の活用により、特に大きなメリットとして挙げられるのが、リソース不足の解消です。多くの企業が直面する問題の一つが、営業に投資すべきリソース(人員・時間・経費)の不足です。特に成長期のスタートアップ企業や、新規事業を立ち上げた大企業では、その状況が顕著です。

インサイドセールスの代行会社は、営業活動を専門的に行うプロフェッショナルなチームを持っており、その力を借りることで企業は自社のリソースを有効に活用できるようになります。具体的には、自社で営業を行うための人員を確保したり、営業トレーニングに時間とお金を投じる必要がなくなります。それにより、企業は自社のコアビジネスに専念し、より高いパフォーマンスを発揮することが可能になります。

これらの理由から、インサイドセールス営業代行会社の活用は、リソース不足の問題を効果的に解消する手段と言えるでしょう。

営業活動の効率化

インサイドセールスのプロフェッショナルが代わりに営業を行うことで、企業自体が新規顧客開拓や既存顧客へのフォローに注力する時間を確保できます。また、専門的なスキルを持つ営業代行会社を利用することで、営業成績の向上が期待できます。

さらに、インサイドセールス営業代行会社は、最新の営業手法やツールを駆使して業務を行っています。これにより、企業自体がこれらの手法やツールを自社で導入・管理する手間やコストを削減できます。これは特に、スタートアップや中小企業にとって有利な点でしょう。

また、インサイドセールス営業代行会社は、自社の製品やサービスを的確にアピールするためのマーケティング戦略を練ることも可能です。これにより、企業のブランドイメージを高めることにも寄与します。

他社での成功事例を元に営業戦略を提案

インサイドセールス営業代行会社を活用すると、その業界での豊富な経験とノウハウを活かした最適な営業戦略を提案してもらえるのが大きなメリットです。具体的には、彼らは他社での成功事例を参考にして、あなたのビジネスに最適な戦略を提案します。これにより、自社だけでは見つけ出せない新たな市場や顧客層を開拓できる可能性があります。

また、インサイドセールス営業代行会社は、営業活動を始める前に、自社の製品やサービス、ターゲットとなる顧客層、競争状況などを深く理解し、それに基づいた戦略を立案します。このようにして提供される戦略は、自社のビジネスを深く理解した上で提案されるため、実施すれば成果が出やすいと言えます。

以上のように、インサイドセールス営業代行会社を活用することで、他社の成功事例に基づいた適切な戦略提案、効率的な営業活動、ビジネス全体の生産性向上といったメリットを享受することが可能です。

インサイドセールス代行会社の料金形態と相場

インサイドセールス営業代行会社の料金形態は、一般的には以下の4つが主流となっています。これらの料金形態を理解し、自社のビジネスモデルに最も適したものを選ぶことで、最大のROIを達成することが可能となります。

インサイドセールス代行会社の料金形態

・固定報酬型
・成果報酬型
・複合型
・時間単価型

固定報酬型

固定報酬型の料金形態は、一定の期間や業務内容に対して固定の報酬を支払う方式です。この方式の最大の利点は、支払い額が予め明確であるため、予算管理がしやすいという点です。会社側としては、営業活動の結果に左右されることなく、安定した費用で営業代行を利用できます。

一方で、成果が上がらなかった場合でも固定費が発生するため、そのリスクを理解した上で契約する必要があります。相場は業務内容や期間、会社の規模等によりますが、一般的に数十万円から数百万円程度となっています。ただし、安易に低価格の会社を選ぶのではなく、品質とコストのバランスを見極めることが重要です。

成果報酬型

成果報酬型は、会社が生み出す成果に基づいて報酬が決定される方式を指します。具体的には、新規リードの発掘数や契約締結数など、事前に設定した目標達成度によって報酬が変動します

このタイプの料金形態の最大の特徴は、リスクを最小化しながら最大の成果を追求できる点にあります。つまり、成果が出るまでは高額な料金を支払う必要がなく、また成果が出た場合にはその分だけ投資が回収できるというメリットがあります。そのため、初めてインサイドセールスを導入する企業や、予算に制限がある企業にとっては非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

一方で、成果報酬型の料金形態には注意点も存在します。成果報酬型は、一見すると費用対効果が高そうに見えますが、報酬が成果にリンクしているため、代行会社が短期的な成果を追いすぎる傾向がある点が挙げられます。また、成果が出なかった場合、稼働率が比例して下がる、または早期契約解除になる可能性があります。それにより、長期的なビジネスの成長を見失う可能性もあります。

相場については、業界や業績、目標の規模等により大きく変動しますが、一般的にはアポイント獲得1件あたり数万円となります。初期費用が発生する営業代行会社もあるため、総合的な価格で検討することが推奨されています。

複合型

複合型は、固定費と成功報酬を組み合わせた形態です。これらの料金形態は、それぞれ企業のニーズや予算により選択が可能です。

次に相場についてですが、これは代行会社やサービス内容により大きく異なります。一般的には固定費型は月額数十万円から、成功報酬型は成果1件あたり数万円から、複合型は固定費と成功報酬の合計で数十万円から百万円程度が相場とされています。ただし、これらはあくまで一般的な相場であり、詳細な料金は各代行会社に直接問い合わせることを推奨します。

また、料金だけでなくサービス内容や品質も重要であり、料金が高いからといって必ずしも品質が高いとは限りません。したがって、料金を比較する際には、サービス内容や品質、実績なども考慮に入れることが重要です。

時間単価型

時間単価型は、作業時間に対して発生する費用を基準に料金が設定される形態です。具体的には、営業代行会社のスタッフが1時間あたりにどれだけの営業活動を行うかによって料金が決まります。これは、特定のプロジェクトやタスクに集中することが可能で、短期間で結果を出すことを重視する案件に特に適しています。

時間単価型の注意点は作業時間が長くなればなるほど料金が増えるため、コスト管理が難しくなる可能性があります。また、作業の品質や結果は保証されないため、目標達成のための戦略やKPI設定が不可欠となります。

相場については、一般的には1時間あたり数千円から数万円と幅広い範囲になります。これは、提供するサービスの内容や品質、また使用するツールやソフトウェアによって大きく変わります。そのため、自社のニーズに合ったサービスを提供してくれる会社を見つけ、詳細な見積もりを取ることが重要となります。

選定の際は各社の料金体系をしっかりと理解し、自社の予算や目標に合った最適なパートナーを見つけることが求められます。

インサイドセールス代行会社の選定方法|失敗しないためのポイント

代行会社選びで失敗しないためには、判断軸となる項目が複数あります。ここでは、代行会社選びで失敗しない為の具体的なポイントを詳しく解説します。

これらのポイントを押さえながら、慎重に選定作業を進めることで、インサイドセールスの成功につながるパートナーを見つけることができるでしょう。

インサイドセールス代行会社の選定時に失敗しないコツ

・料金形態の把握と実績を確認
・求める業務に対応しているか
・アフターフォロー体制は充実しているか
・相見積もりを行う

料金形態の把握と実績を確認

インサイドセールス代行会社を選定する際の重要なポイントとして、まず考慮すべきは料金形態の把握です。
前章でも解説した通り、料金形態にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、検討するインサイドセールス代行はどの料金形態に該当するのか、初期費用は発生するのかを確認してください。

次に、その代行会社の実績や事例を確認することも大切です。どのような業界や企業規模のクライアントと取引してきたのか、どのような戦略を用いて成功を収めてきたのかなど、詳細な情報を収集することが求められます。さらに、各業界や顧客セグメントに対する理解度や知識も重要な判断基準となります。

求める業務に対応しているか

インサイドセールス代行会社を選定する際の重要なポイントの一つが、自社が必要とする業務に対応できるかどうかです。具体的には、リードジェネレーション、アポイントメント設定、データクレンジング、営業支援など、あらゆる段階のインサイドセールス業務をカバーしている会社を選ぶと良いでしょう。

また、自社の業界特有のニーズに対応できるよう、業界知識を持つスタッフが在籍しているかも確認することが重要です。例えば、IT業界であれば、製品やサービスの特性を理解し、それに基づいた効果的なアプローチが可能な代行会社を選ぶべきです。

さらに、マーケティングオートメーションツールの導入支援やCRMとの連携など、テクノロジーを活用したサービスを提供できる会社も優れたパートナーと言えます。これらの要素を確認することで、自社に最適なインサイドセールス代行会社を見つけ、成果を最大化することが可能となります。

アフターフォロー体制は充実しているか

インサイドセールス代行会社を選定する際には、単に初期のプロジェクト進行だけではなく、アフターフォロー体制の充実度も重要な評価ポイントです。アフターフォロー体制が整っているかどうかは、その会社が長期的なパートナーシップを意識しているか、クライアントの成功を本当に願っているかを見極めるための鍵となります。

具体的には、契約後の問い合わせ対応は迅速か、定期的なレポート提出や進捗確認のミーティングはあるのか、万が一のトラブル時にはどのような対応をとるのかなど、細部にまで目を向けて吟味するべきです。

また、自社のビジネスニーズに応じたカスタマイズ対応や、新たな市場動向に合わせた提案力などもアフターフォローの一環として評価に入れたいポイントです。アフターフォローが充実している会社を選ぶことで、単なる「代行」ではなく、「パートナー」として共にビジネスを成長させることが可能となります。

相見積もりを行う

複数の会社から見積もりを取ることで、サービス内容や価格を比較検討でき、最適なパートナー選びに役立ちます。一社だけに依頼をすると、評価の基準がなくなり、適正な価格やサービスの良し悪しが判断しにくくなります。

世の中には数多くのインサイドセールス代行会社が存在しています。各社はそれぞれ異なる特徴や強みを持っていますので、自社のビジネスに最もマッチした会社を見つけるためには、複数の候補から選ぶことが肝心です。また、相見積もりを取るときには、具体的なサービス内容や、どのような結果を期待しているのかを明確に伝えることが大切です。それにより、より精度の高い見積もりを得られるでしょう。

ただし、単純に最安値を選ぶのではなく、予算内で最も費用対効果の高い会社を選ぶことが重要です。

おすすめのインサイドセールス代行会社10社一覧

インサイドセールスの専門知識と経験を持つ代行会社を活用することで、より効果的な営業戦略を実行できます。しかし、数多くの代行会社が存在する中で、自社に最適なパートナーを見つけるのは容易なことではありません。そこで、今回はその選定をサポートするために、業界で高い評価を得ている10社のインサイドセールス代行会社を紹介します。

key SALES|幅広い領域をワンストップで営業代行

営業代行ならkey SALES

幅広い領域をカバーしており、ワンストップで営業代行が可能という大きな特徴を持っています。業界や分野を得意とする営業経験値の高いフリーランスによる支援を行うことで、高品質なテレアポサービスだけでなく、クライアントのビジネス全般を支援するための各種ソリューションを提供しています。その他にも、大手から中小企業まで様々な規模の企業に対応したサービス展開や、専門知識を持ったスタッフによる丁寧な対応が評価されています。打合せや連携など、1社完結にしたい際に特におすすめの会社です。

特徴

・マーケティングや商談までインサイドセールス以外の領域まで課題に沿った支援
・厳選されたプロのフリーランスによる営業代行
・スタートアップから大手まで、商材の特徴に合わせた戦略設計やBDR提案

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
固定報酬型対応
時間単価型対応
運営会社for,Freelance株式会社
参考ページhttps://key-sales.jp/

ウィルオブ・ワーク|直雇用人員によるインサイドセールス代行

ウィルオブ・ワークの営業代行サービスは、インサイドセールス代行や既存顧客に対するヘルプデスクやチャット業務のCS支援も行っているサービスです。研修体制が整っていることから、既存顧客と接点を持つことも企業ブランドを損なうことがないおすすめのサービスです。

特徴

・直雇用率100%
・CS領域まで社内研修体制があり、領域の幅が広い
・コストを抑えた拠点にしていることから費用を抑えることが可能

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社ウィルオブ・ワーク
参考ページhttps://willof-work.co.jp/

soraプロジェクト|インサイドセールス領域全般

株式会社SORAプロジェクトは、インサイドセールス領域全般をカバーしています。テレアポ業界の実績は16年の業績と、これまでに集めた324万件のコールデータによって裏付けられています。この膨大なデータを活用することで、soraプロジェクトはそのクライアントに対して、確度の高いアポイントを提供することが可能となっています。

特徴

・法人向け営業代行16年の実績
企業リストのプロが適切なリストをご提案
・経験豊富な営業のプロが高品質なリード獲得

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社soraプロジェクト
参考ページhttps://sora1.jp/

BALES|SaaS企業に強いインサイドセールス代行

BALESは特にSaaS企業に強いインサイドセールス代行サービスを提供しています。SaaS商品の特性や、SaaS企業が抱える課題について深い知識を持つプロフェッショナルチームが揃っており、SaaS商材ではこちらの会社がおすすめです。

特徴

・体制構築サポート
・SaaSとの相性が良い
・週次定例会議によるPDCAサイクル

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社スマートキャンプ株式会社
参考ページhttps://smartcamp.co.jp/

デマンドセンターアウトソーシング|博報堂グループのデータ・ノウハウを活用

株式会社セレブリックスの提供するデマンドセンターアウトソーシングは、新規顧客開拓のためのリスト作成から、アポイントメント取得、さらには営業成約までを一手に引き受けている網羅型のおすすめ会社です。また、セレブリックスではコンサルタントが各クライアントのビジネスに合わせた最適な戦略を提案することにより、成約率を大幅に向上させることが可能です。

特徴

・戦略設計から代行までを支援
・営業メソッド×実施策で有効商談を安定供給
・日々10万件更新される豊富なセールスデータをベースに営業の最適解を提案

報酬形態対応可否
成果報酬型原則非対応
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社セレブリックス
参考ページhttps://www.eigyoh.com/service/demand-center

ネオキャリア|インサイドセールス特化の営業代行

ネオキャリアのサービスは、企業の営業力強化を目指すもので、豊富な経験と独自のノウハウを活かし、クライアント企業の成長を支援します。具体的には、顧客のニーズ把握から提案、契約締結までを一貫してサポート。さらに、営業戦略の策定や、営業スキルのトレーニングも行っています。これにより、クライアント企業は営業活動に必要な人材やリソースを自社で確保する必要がなく、営業組織の効率化と売上向上を実現できます。

特徴

・1リスト25円からテレアポ代行が可能
・アイミツアワード受賞
・10,000社以上の支援実績あり

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社ネオキャリア
参考ページhttps://www.neo-career.co.jp/

コンフィデンス|対面・非対面商談お双方に対応

商談の代行を依頼する際に、非対面での対応が必要な場合は、コンフィデンスがおすすめです。また、ZOOMなどのオンラインツールを使用して、遠隔地からでも効果的な商談を実現します。営業のプロフェッショナルが、お客様のニーズに合わせた説明を行い、適切な提案を行うことで、購買意欲を高めます。また、非対面での商談においては、相手の反応を読むことが難しいため、その点についても十分なトレーニングを行っています。その結果、対面での商談と同等、あるいはそれ以上の成果を上げることが可能です。

特徴

・非対面商談にも対応
・プロジェクト専任体制
事業戦略の策定から売上構築、売る仕組みづくりまでを一気通貫

報酬形態対応可否
成果報酬型
固定報酬型対応
時間単価型
運営会社株式会社コンフィデンス
参考ページhttps://confidence.co.jp/

スタジアム|BtoB×IT商材特化

株式会社スタジアムは、BtoBビジネスとIT商材に特化したインサイドセールス代行を主導しています。一般的な代行サービスだけでなく、IT商材の販売促進に必要な各種サポートも提供しており、オフライン対応を求められる場合にも対応しているためおすすめです。

特徴

・BtoB×IT商材特化型
・戦略策定~内省化まで支援
・主要都市に拠点がありオフライン対応も可能

報酬形態対応可否
成果報酬型
人月稼働型対応
時間単価型
運営会社株式会社スタジアム
参考ページhttps://stadium.co.jp/

コミットメント|インサイドセールス領域を成約までコミット

BtoB領域に特化しているコミットメント株式会社のサービスは、アルファ・シグマ・データに分かれており、インサイドセールス代行・商談対応までそれぞれのサービスを完全成果報酬型で行っています。このモデルの最大の特徴は、成果が出なければ料金を支払う必要がないという点です。

特徴

・成果報酬のため気軽に試すことができる
・他サービスと組み合わせることでマーケティングや商談まで対応
・テレアポ代行
も成果報酬

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
固定報酬型
時間単価型
運営会社コミットメント株式会社
参考ページhttps://www.commitmentholdings.com/

g-wic|女性スタッフならではの視点で営業支援

g-wicは、女性スタッフによるユニークな視点を活かしたインサイドセールス代行サービスを提供しており、細やかな視点と独自のコミュニケーションスキルを活用し、クライアントのビジネスを次のレベルへと引き上げます。インサイドセールスのフィールドでは男性主導が一般的ですが、g-wicではその常識を覆し、女性ならではの視点を活かした新たな営業スタイルを提案しています。

特徴

・女性で構成された営業チーム
・女性視点での営業戦略
女性の持つ傾聴力・共感力によるクライアントニーズの引き出し

報酬形態対応可否
成果報酬型非対応
固定報酬型対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社g-wic
参考ページhttps://g-wic.jp/

LEAGLE|ターゲティングから顧客接点構築、ナーチャリングまで支援

LEAGLEは、ターゲティングから顧客接点の構築、ナーチャリングまで、幅広い支援を提供する代行会社です。クライアントのビジネスの特性やニーズに合わせた、最適なインサイドセールス戦略を策定し、その実行を全面的にサポートします。

特徴

成果報酬にも対応
・ナーチャリングまで支援
・IT・テクノロジー分野に強い

報酬形態対応可否
成果報酬型対応
固定報酬型対応
時間単価型非対応
運営会社リーグル株式会社
参考ページhttps://leagle.co.jp/

earth Link|IT業界メインのインサイドセールス代行

IT業界に特化したインサイドセールス代行を手掛けるのが「earth Link」です。IT業界の特性を深く理解した上で、高品質なインサイドセールスを提供します。earth Linkの強みは、IT業界に精通した専門スタッフによる、コンサルティング型のアプローチ。お客様のビジネスモデルや製品、ターゲット顧客を深く理解し、その上で最適なセールスストラテジーを提案します。

特徴

・状況に合わせた柔軟な対応
・コールに関する様々なデータを蓄積
・1,000件までリスト無償提供

報酬形態対応可否
成果報酬型非対応
固定報酬型対応
時間単価型非対応
運営会社株式会社アースリンク
参考ページhttps://www.earthlink.co.jp/

まとめ|インサイドセールス代行ならkey SALES

本記事では、インサイドセールスとその代行会社について詳しく解説しました。選定時には、費用対効果を考えながら、自社のニーズに最も適した会社を選ぶことが重要となります。具体的な選定方法については、本記事で解説した失敗しないためのポイントを参考にしてください。

営業代行サービスkey SALESでは、料金形態やご支援領域はカスタマイズ型にて営業代行を行います。抱えている課題にマッチした営業戦術のご提案を無料にて行っておりますので、まずはお気軽に無料相談よりお問合せください。

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る