営業アウトソーシングは代行や派遣と何が違う?メリットや委託先の選定ポイントを徹底解説

更新日

2024.07.07

営業アウトソーシングとは、企業が自社の営業活動の一部または全てを外部の専門業者に委託することを指します。

企業が自社リソースに限界を感じる中、営業アウトソーシングは効率的な営業活動を実現し、コスト削減や業績向上に繋がる手段として注目されています。しかし、その導入にあたってはメリットだけでなく、委託先の選定ポイントにも十分な注意が必要です。

本記事では、営業アウトソーシングの具体的なメリットや導入にあたっての委託先選定のポイントについて詳しく紹介します。

営業代行サービスをご検討中の方へキャンペーン実施中

完全無料で、貴社専用の営業戦略と営業リストをプレゼントしております。

まずは無料相談する

営業アウトソーシングとは

営業アウトソーシングは、企業が自社の営業活動を外部の専門業者に委託することを指します。この手法は、特に自社の営業リソースが不足している場合や、営業活動を専門家に任せて効率化したいと考える企業にとって魅力的です。

営業アウトソーシングにより、企業は内部リソースをコア業務に集中させることができ、専門的な知識やスキルを持つプロフェッショナルによる営業活動を享受できます。さらに、迅速な市場対応や最新の営業手法の導入が可能となり、競争力の向上にも寄与します。

営業代行との違いは?

営業アウトソーシングの利用には、いくつかの主要なサービス形態があります。まず「営業代行」との違いについて説明します。営業代行は、特定のプロジェクトやキャンペーンに対して一時的に営業活動を代行するサービスです。

一方、営業アウトソーシングは、より包括的かつ長期的な視点で、企業の営業活動全般を委託します。このため、営業アウトソーシングでは、戦略立案から実行、結果の分析まで一貫したサポートが受けられるのが特徴です。

営業派遣との違いは?

次に、「営業派遣」との違いについても触れておきます。営業派遣は、企業が必要とする営業人材を一時的に派遣するサービスであり、派遣された営業人材は企業の指示の下で業務を行います。これに対し、営業アウトソーシングでは、外部の専門業者が自らのノウハウやリソースを活用して、独立して営業活動を行います。

つまり、営業アウトソーシングは、外部業者の専門性をフルに活用できる点が大きなメリットとなります。

SPOとの違いは?

最後に、最近注目されている「SPO(Sales Process Outsourcing)」との違いについても説明します。SPOは、営業プロセスの一部、例えばリードジェネレーションや顧客管理などを専門業者に委託する形態です。一方、営業アウトソーシングは、営業プロセス全体を委託するため、より包括的なサポートが受けられます。

このように、営業アウトソーシングは様々な営業支援サービスとは異なる特性を持ち、企業のニーズに応じて柔軟に活用できる手法です。次章では、営業アウトソーシングが注目を集める背景について詳しく見ていきましょう。

営業アウトソーシングが注目を集めている背景

営業アウトソーシングが注目を集める背景には、いくつかの重要な要素が挙げられます。

営業人材が定着しない

営業人材が定着しない問題は、多くの企業が抱える共通の課題です。営業職は高いコミュニケーション能力やストレス耐性が求められるため、離職率が高いことが特徴です。

特に、新入社員が短期間で辞めてしまうケースや、経験豊富な営業マンが他社に転職してしまうケースが頻発します。これに対して、営業アウトソーシングを利用することで、定着しない人材に代わり、専門のプロフェッショナルが業務を担うため、業務の安定性が向上します。

これにより、企業は人材の採用や育成にかかる手間とコストを削減することができます。

営業領域の見直しが進んでいる

近年、多くの企業が自社の営業領域の見直しを進めています。その背景には、デジタル化や市場の変化が大きく影響しています。例えば、従来の営業手法ではカバーできなかった領域や、新たな市場ニーズに対応するために、新しい営業戦略が求められています。しかし、これを自社内で全て対応するには、時間とリソースが限られているため、効率的な解決策が必要です。

営業アウトソーシングは、このような課題に対して柔軟に対応できる手段として注目されています。専門のアウトソーシング業者は、最新の市場トレンドやデジタルツールを駆使し、効果的な営業戦略を提供することが可能です。これにより、企業は迅速に市場の変化に対応し、新たなビジネスチャンスを逃すことなく捉えることができます。

また、営業アウトソーシングは、企業のリソースを最適化する手段としても有効です。内部リソースを営業活動以外の戦略的な業務に集中させることで、全体の業務効率を向上させることができます。特に、営業活動が多岐にわたる企業や、新規事業の立ち上げを検討している企業にとっては、アウトソーシングは大きな助けとなります。

さらに、営業アウトソーシングの利用は、企業の成長戦略にも直結します。外部の専門家を活用することで、より高い成果を短期間で実現できる可能性が高まり、企業の競争力を大幅に強化することができます。このように、営業アウトソーシングは、コスト効率だけでなく、企業全体の成長と発展を支える重要な要素として、ますます注目されています。

次章では、具体的に営業アウトソーシングを利用するメリットについて詳しく解説していきます。

営業をアウトソーシングするメリット

営業をアウトソーシングすることには多くのメリットがあります。以下に、その具体的なメリットを詳しく解説します。

営業アウトソーシングの利用メリット

・営業のプロフェッショナルに委託できる
・営業課題の解決につながる
・社内の営業コストを削減できる
・新規のリード獲得が期待できる

営業のプロフェッショナルに委託できる

営業のプロフェッショナルに委託できる営業アウトソーシングの最大のメリットは、営業のプロフェッショナルに業務を委託できる点です。専門知識や経験を持つプロフェッショナルが担当することで、効果的な営業戦略の実施が可能となります。

これにより、営業活動の質が向上し、成果が出やすくなります。

営業課題の解決につながる

自社の営業課題の解決につながる営業アウトソーシングを活用することで、自社の営業課題を解決する糸口が見つかります。例えば、新規顧客の開拓が課題であれば、アウトソーシング先のノウハウを活用して効率的に新規リードを獲得することができます。

また、既存顧客のフォローアップやクロスセルの強化も期待できます。

社内の営業コストを削減できる

営業にかかる社内コストを削減できる自社で営業チームを運営するには、人件費や教育コスト、ツールの導入費用など多くのコストが発生します。

しかし、営業をアウトソーシングすることで、これらのコストを大幅に削減することが可能です。固定費を変動費に変えることで、経費の最適化が図れます。

新規のリード獲得が期待できる

新規リードの獲得が期待できる営業アウトソーシングを利用することで、新規リードの獲得が期待できます。アウトソーシング先は既に確立されたネットワークやデータベースを持っているため、効率的にターゲット顧客にアプローチすることができます。これにより、リードジェネレーションのスピードと質が向上します。

これらのメリットを活用することで、自社の営業活動を強化し、より高い成果を上げることが可能です。しかしながら、アウトソーシングにはデメリットも存在するため、次節でその点についても詳しく解説します。

営業をアウトソーシングするデメリット

営業をアウトソーシングするデメリットは、以下の通りです。

営業アウトソーシングの利用デメリット

・商品単価が低いと赤字になる可能性がある
・進捗状況が見えにくい
・自社の営業スキルが伸びない

商品単価が低いと赤字になる可能性がある

アウトソーシング先への支払いが一定額以上発生する場合、商品の単価が低いと、利益を確保するのが難しくなります。特に成果報酬型の場合、商談や受注が少ないとコストが重くのしかかることがあります。

進捗状況が見えにくい

アウトソーシング先がどのように営業活動を進めているか、リアルタイムで把握するのは容易ではありません。頻繁なコミュニケーションや定期的なレポートの受け取りなどを通じて進捗状況を確認する必要がありますが、それでも情報が完全に把握できないこともあります。

自社の営業スキルが伸びない

営業活動を外部に委託することで、自社の営業チームが直接的な経験を積む機会が減少します。これにより、将来的な営業力の強化が難しくなる可能性があります。自社でのノウハウ蓄積や若手営業員の育成が困難になることは、長期的な視点で見た際に大きな問題となり得ます。

これらのデメリットを理解し、営業アウトソーシングを効果的に活用するためには、事前にしっかりとした計画と対策を講じることが重要です。例えば、アウトソーシング先との定期的なミーティングを設定し、進捗状況を細かくチェックする仕組みを作ることが必要です。また、自社の営業チームにも適切な研修やトレーニングを行うことで、両者のバランスを取ることが求められます。

このように、営業アウトソーシングにはメリットだけでなくデメリットも存在します。これらを充分に理解した上で、自社にとって最適な営業戦略を構築することが重要です。

営業アウトソーシングの料金形態

営業アウトソーシングの料金形態には、主に「固定報酬型」と「成果報酬型」の2つのタイプがあります。以下、それぞれについて詳しく説明します。

固定報酬型|事前に決められた料金形態

固定報酬型料金形態の料金プランは、月額や年間で予め決められた一定の金額を支払う方式です。このプランのメリットは、コストが予測しやすく、予算管理がしやすい点にあります。例えば、月額50万円で契約を結ぶ場合、その月にどれだけ営業活動が行われても50万円の費用で済みます。固定報酬型料金形態は、長期的な視点で安定した営業活動を求める企業に適しています。

成果報酬型|成果に応じて発生する料金形態

商談や受注の件数で支払う成果報酬型の料金プランは、商談の設定件数や実際の受注件数に応じて支払いが発生する形態です。このプランのメリットは、実際の成果に基づいて支払いが行われるため、企業としては投資に対するリターンが明確になる点です。

例えば、1件の商談設定に対して1万円、受注1件に対して10万円といった形態で支払いが発生します。成果報酬型は、短期間で具体的な成果を求める企業や、初めて営業アウトソーシングを利用する企業に向いています。

両者にはそれぞれのメリットとデメリットがあり、企業のニーズや目指す成果によって選択が異なります。固定報酬型は予算管理がしやすく安定した営業活動を期待できますが、成果が上がらなくても一定のコストがかかります。一方、成果報酬型は成果に応じた支払いとなるため無駄なコストを抑えられますが、予測が難しくなる場合もあります。

営業アウトソーシングを検討する際は、自社の営業課題や目標を明確にし、それに最も適した料金プランを選ぶことがポイントです。信頼できるアウトソーシング先との契約を結び、効果的な営業戦略を実現するために、料金プランの違いを理解し、最適な選択をすることが成功への第一歩となります。

営業のアウトソーシング時に失敗しないポイント

営業アウトソーシング先を選ぶ際には、以下のポイントに従うことが重要です。

営業のアウトソーシング時に失敗しないポイント

イント1|課題の整理
ポイント2|委託先の比較
ポイント3|費用対効果の確認
ポイント4|パートナーシップが構築できる委託先か検討

ポイント1|課題の整理

課題を整理するまず、自社の営業活動における課題を明確にすることが重要です。営業のどの部分がアウトソーシングによって改善されるべきか、具体的な問題点や目標を整理します。例えば、新規顧客の獲得が難しいのか、既存顧客との関係強化が必要なのかなど、具体的なニーズを洗い出します。

ポイント2|委託先の比較

委託先を比較する次に、複数の営業アウトソーシング業者を比較検討します。各業者の提供するサービス内容、実績、専門分野をしっかりと調査し、自社のニーズに最も適した業者を見つけることが重要です。業者の評判やクライアントのフィードバックも参考にすると良いでしょう。

ポイント3|費用対効果の確認

費用対効果を考える営業アウトソーシングには一定のコストがかかりますが、その費用が投資に見合う効果を生むかどうかを慎重に検討します。

固定報酬型や成果報酬型など、料金プランもさまざまであるため、自社の予算と目標に合ったプランを選びます。費用対効果をシミュレーションし、リスクとメリットを天秤にかけて判断します。

ポイント4|パートナーシップが構築できる委託先か検討

パートナーシップが構築できる委託先か検討する最後に、長期的なパートナーシップを築けるかどうかを考慮します。営業アウトソーシングは一時的な対策ではなく、持続的な成長を目指すための戦略的な選択です。信頼関係を築けるか、コミュニケーションが円滑かどうか、双方が共通の目標に向かって協力できるかを確認します。

これらのポイントを抑えることで、自社に最適な営業アウトソーシング先を選び、効果的な営業活動を実現することが可能になります。

おすすめの営業アウトソーシング会社8選

営業アウトソーシングで評判の良い企業をご紹介します。

key SALES

key SALESは、幅広い業界に対して高品質な営業サービスを提供しています。経験豊富な営業プロフェッショナルが揃っており、クライアントのニーズに合わせたカスタマイズされた営業戦略を展開します。また、データ分析を活用した営業プロセスの最適化も得意としており、成果を最大化します。

企業名for,Freelance株式会社
サービスサイトhttps://key-sales.jp/

ウィルオブ・ワーク

ウィルオブ・ワークウィルオブ・ワークは、多岐にわたる業種に対応できる営業アウトソーシングサービスを提供しています。営業プロセスの設計から実行、改善まで一貫してサポートしてくれるため、クライアントのニーズにしっかりと応えることができます。特に中小企業向けのサービスに強みがあります。

企業名株式会社ウィルオブ・ワーク
サービスサイトhttps://willof-work.co.jp/

セールスジャパン

セールスジャパンセールスジャパンは、B2B営業に特化したアウトソーシング企業です。高度な営業スキルと深い業界知識を持つ営業スタッフが揃っており、新規顧客の獲得から既存顧客のフォローまで、幅広いニーズに対応します。特にIT業界や製造業に強みがあります。

企業名株式会社セールスジャパン
サービスサイトhttp://www.salesjapan.co.jp/

エグゼクティブ

エグゼクティブエグゼクティブは、経験豊富な営業プロフェッショナルが集まる企業です。特に大型案件や高額商品の営業に強みがあり、クライアントのビジネスを大きく成長させるサポートを提供します。カスタマイズされた営業戦略の立案と実行が特徴です。

企業名株式会社エグゼクティブ
サービスサイトhttps://www.executive.jp/

セレブリックス

セレブリックスセレブリックスは、営業力強化を目的としたトータルソリューションを提供する企業です。営業研修から営業代行、さらには営業コンサルティングまで幅広く対応します。特に営業の効率化と成果最大化を目指したサービスが評価されています。

企業名株式会社セレブリックス
サービスサイトhttps://www.cerebrix.jp/

コミットメントホールディングス

コミットメントホールディングスコミットメントホールディングスは、成果報酬型の営業アウトソーシングサービスを提供しています。営業活動の進捗状況を細かく報告し、透明性の高いサービスを提供することで、クライアントの信頼を得ています。特にスタートアップ企業に人気があります。

企業名コミットメント株式会社
サービスサイトhttps://www.commitmentholdings.com/

コンフィデンス

コンフィデンスコンフィデンスは、営業支援サービスを通じてクライアントの売上拡大を支援する企業です。専門知識を持つ営業スタッフが、ターゲット市場を徹底的に分析し、最適な営業戦略を立案します。特に金融業界や保険業界に強みがあります。

企業名株式会社コンフィデンス
サービスサイトhttps://confidence.co.jp/

ビーモーション

ビーモーションビーモーションは、フィールドセールスに特化した営業アウトソーシング企業です。リアルな現場での営業活動をサポートし、実際の販売現場での成果を追求します。リテール業界やサービス業界に特化したサービスが特徴です。

企業名ビーモーション株式会社
サービスサイトhttps://www.bemotion.co.jp/

以上が、おすすめの営業アウトソーシング会社7選です。それぞれの企業には独自の強みと特徴があり、クライアントのニーズに応じた最適なサービスを提供しています。営業アウトソーシングを検討する際は、これらの企業を参考にしてみてください。

まとめ

営業アウトソーシングは、企業の営業活動を外部の専門業者に委託することで、効率的に営業成果を上げる手法です。この記事では、営業アウトソーシングの基本的な概念から、そのメリットやデメリット、料金形態、そして成功するためのポイントまでを詳しく解説しました。

営業アウトソーシングが注目を集めている背景には、営業人材の不足や営業プロセスの見直しが進んでいることが挙げられます。

営業アウトソーシングのメリットとしては、営業のプロフェッショナルによる高品質な営業活動が期待できる点や、自社の営業課題の解決、営業コストの削減、新規リードの獲得などが挙げられます。一方で、商品単価が低い場合の赤字リスクや進捗状況の見えにくさ、自社の営業スキルが向上しないといったデメリットも存在します。

料金形態には、固定報酬型と成果報酬型があり、それぞれの特徴を理解して選ぶことが重要です。営業アウトソーシングを成功させるためには、課題の整理、委託先の比較、費用対効果の確認、そしてパートナーシップを構築できる委託先の選定が重要です。

最後に、おすすめの営業アウトソーシング会社を紹介しました。それぞれの特徴を理解し、自社に最適なパートナーを選ぶ参考にしてください。

営業アウトソーシングは、効果的に活用すれば企業の成長を加速させる強力な手段となります。自社の状況や課題に応じて適切なサービスを選び、営業活動の効率化と成果向上を目指しましょう。

営業代行サービスをご検討中の方へキャンペーン実施中

完全無料で、貴社専用の営業戦略と営業リストをプレゼントしております。

まずは無料相談する

営業戦略でお悩みの方

無料でシミュレーション・戦略の概要が手に入る